IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年12月22日(土)

11R

2018年12月22日(土) | 5回阪神7日 | 15:45発走

第13回阪神カップ(GII)

芝・右 1400m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 定量 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 |

ケイアイノーテック

2歳戦開幕週の新馬戦を勝つと、将来を意識し夏競馬は全休。5か月ぶりのG2デイリー杯2歳Sでいきなり3着に入り、続くG1朝日杯FSでも4着と好走した。
3歳となった今年はG2ニュージーランドTで一瞬勝利も見えたが、カツジに競り負け2着。重賞では好走続きもなかなか勝てないまま、目標のG1NHKマイルCを迎える。この大一番で出遅れてしまい、道中は後方で待機。直線で大外へ持ち出されると、猛然と追撃開始。あっという間に馬群を飲み込み、ゴール寸前でギベオンを差し切り、大逆転でG1タイトルを勝ち取った。
秋はG2毎日王冠を叩き、G1マイルCSへ。珍しく好位で競馬を進めたのが合わなかったのか、いつもの末脚が発揮できず11着と崩れた。
G2では能力的に上位。3歳勢のレベルを考えれば、ここも上位候補だ。

サトノアレス

2年前のG1朝日杯FS覇者。3歳春はクラシックに挑戦したが、G1皐月賞は大敗。昨夏はオープン巴賞を勝ったが、全体的に3歳時は期待ほどの結果を残せなかった。
古馬となった今年は勝ち星こそないが、レースの質は向上。G3東京新聞杯では、メンバー1位の上がり時計で追い込みリスグラシューの2着。G2京王杯SCでも上がり32秒台の強烈な脚で上位に接近し、1分19秒5のレコードで勝利したムーンクエイクに時計差無しの3着。続くG1安田記念も全てを飲み込む勢いで追い込んだが、ゴール前で脚色が落ち4着まで。周りを見ると、上位3頭はモズアスコット、アエロリット、スワーヴリチャード、すぐ後ろはサングレーザー、ペルシアンナイトと猛者ばかり。このバトルに加わったのだから大健闘だ。
来年はG1を狙う年。G2阪神Cは、その足掛かりにしたい。

ジュールポレール

3歳秋から4歳春にかけ3連勝して本格化。2戦後にはヴィクトリアマイルで3着と、G1で好勝負できるまでに急成長を遂げた。
5歳となった今年も、前年好走したヴィクトリアマイルを目標に始動。G2阪神牝馬Sを叩いて迎えた本番は、中団の外目を進出し直線へ。先頭集団に並びかけ、ゴール寸前にレッドアヴァンセを捉えると、強襲してきたリスグラシューも僅かに抑え、G1ウイナーの座を射止めた。
この秋はG2府中牝馬Sを叩き、マイルCSで2つ目のG1を目指す。いつものように中団追走から直線へ向き、ここからというところで前が狭くなりブレーキをかける不利。態勢を立て直して脚を伸ばしたが、6着まで。勝ったステルヴィオとは0.3秒の差しかなく悔やまれる一戦となった。
1400mは初めてだが、兄のサダムパテックは1400mの京王杯SCを勝っており、1Fの距離短縮が大きな不利とはなるまい。最近のG1での好走ぶりから、G2では力は上だ。

ムーンクエイク

3歳秋のレースを最後に去勢し、古馬になってからはセン馬に。これが良かったか成績が右肩上がりとなり、セン馬になった初戦から1600万長岡京Sまで5戦4勝の成績を残した。
初めてオープンクラスの競馬となった洛陽Sでは5着に崩れたが、距離短縮し、初めての1400m戦となった京王杯SCで一変。好位でレースを進めていたこれまでとは違い、中団で脚を溜める競馬。抜群の手応えで直線へ向き、外へ持ち出されると鮮やかな伸びを見せ、キャンベルジュニア、サトノサレスとの接戦を制し、G2タイトルを手に入れた。
その後2戦は更に距離短縮し1200m戦に出走も、G3キーンランドC、G1スプリンターズSはともに末脚は不発だった。今回は、勝った京王杯SC以来の1400m戦。1200mの近2走を度外視して考えたい。

ラインスピリット

ここまで47戦。年が明けると8歳になるベテランである。その間、重賞勝ちは無いが、オープン特別は3勝、重賞3着は2度。その3着の一つが、7歳の秋を迎えてキャリアハイとなった今年のG1スプリンターズSである。1番枠を生かし、道中はラチ沿いの好位を追走。直線に入っても手応えは十分に残っていたが、なかなか前が開かず追えないまま。ようやくゴール寸前になってスペースができ追い出されたが、既に遅し。鞍上の武豊騎手も悔しがっていたほどで、悔しい3着だった。
前走だけ走れば、G2なら好走は見込めるはず。それでなくても近走は、1000m戦以外の重賞は全て勝ち馬から少差に来ている。1400mは春のG2京王杯SCでも勝ち馬から0.2秒差の5着。50戦近いキャリアを積み、いよいよ初の重賞勝ちが見えてきた。

レッドファルクス

昨年、一昨年と2年連続G1スプリンターズSを勝っており、このメンバーでは格上的存在である。
今年もG3阪急杯で58キロを背負いながら時計差無しの3着に入り視界良好だったが、G1高松宮記念は見せ場もないまま8着。G1安田記念も9着と崩れた。3連覇を目指したG1スプリンターズSはコース適性も高く、今度こそ好走の期待は高まった。しかし行き脚がつかず後方からの競馬になると、3〜4コーナーでは故障した馬の煽りを喰ってリズムを狂わされ10着と不本意な競馬で終わった。
この馬らしい末脚が見られない近走だが、年齢からか行き脚がつかなくなってきており、今では1200mも短いのかもしれない。1400mは阪急杯で3着、昨年の京王杯SCで勝っており、もともと適性はある。G2、1400mの条件で結果を残せないと、年齢的に先の展望が厳しくなる。

ワントゥワン

重賞4勝ワンカラットの初仔で期待された馬。長く条件クラスに甘んじたが、今年2月に1600万雲雀Sを勝ち、5歳を迎えて待望のオープン入り。当初はクラスの壁にぶち当たったが、G3関屋記念で15番手最後方から、メンバー唯一の32秒台の末脚で追い込み、プリモシーンのクビ差2着に入線。母譲りの素質がついに開花宣言だ。
続くG3京成杯AHは、追い込みタイプの同馬には厳しい中山コース。そんな不利を覆し、ミッキーグローリーを追い詰める2着。そして前走のG3富士Sでも、ロジクライの2着に食い込んでいる。
3戦連続重賞2着と勝ち切れていないが、上り3Fは全てメンバー最速と、終いの切れ味はどの馬にも負けていない。1400mへ距離短縮となるが、母は重賞4勝をすべて1400m以下で勝っておりマイナスにはなるまい。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。