IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年12月9日(日)

11R

2018年12月9日(日) | 5回阪神4日 | 15:40発走

第70回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 |

ウインゼノビア

2歳戦開幕週の新馬戦で2着も、スローペースで逃げ切ったジョディー(後に赤松賞勝ち)に展開が向いただけで、この馬も勝ちに等しい内容だった。続く未勝利戦は3馬身差で快勝。オープン・クローバー賞は道中で先頭に立つと、直線で後続を引き離し、最後は手綱を引っ張るほどの余裕で大楽勝を決めている。
G3アルテミスSは、不運にも外枠。好位でレースを進め、残り2Fあたりでビーチサンバとともに先頭を争う形だったが、ゴール前でシェーングランツら差し馬勢に捕まり4着。終わってみれば先行勢は壊滅しており、この馬には不向きな競馬になってしまった。
今回のメンバーは先行馬こそ存在するものの、飛ばす馬は不在でペースが上がる可能性は低い。好枠を引き、好位で競馬ができれば前走同様見せ場をつくることは可能で、馬券圏内も見えてくる。

クロノジェネシス

夏の小倉芝1800m戦でデビュー。最後の2Fが11秒5-11秒1の加速ラップを好位から差し切り。2着に2馬身、3着に6馬身、4着に9馬身と、芝のレースには珍しく後続に差がついたことからも、この馬のパフォーマンスが高かったことが分かる。
続くオープン・アイビーSは牡馬の素質馬も出走し一気に相手は強化されたが、新馬戦で見せた切れ味は更に磨きがかかり、他馬を圧倒。好位から突き抜けると、2着以下に2馬身差をつける快勝。上り3Fは32秒5と凄まじいものだった。この後、同レースの2、4着馬が500万特別を勝ち、アイビーSの評価も更に高まっている。
現状でも能力は高いが、半姉にG3紫苑S勝ちのノームコアがおり、血統的にもまだまだ伸びしろもある。マイルへの距離短縮は少々不安も、瞬発力勝負になれば、この馬の出番だ。

グレイシア

新潟芝1400mの新馬戦は、先手を奪うと2F目から10秒台が2F続くハイペースを刻む。普通の馬なら最後に止まってしまうが、ゴールまで脚色乱れず、後続に6馬身差をつける圧勝と派手なデビューを飾った。
続く500万アスター賞は出遅れてしまい、新馬戦とは真逆の最後方からの競馬。しかし鞍上は焦ることなく後方で脚を溜めると、直線大外から猛襲。一頭だけ次元の違う脚を繰り出し、他馬をあっさり差し切ってのゴール。最後の2Fは11秒3-11秒1の加速ラップで、決して展開に恵まれたわけではなく、この馬の能力の高さを改めて認識させた。
逃げて良し差して良しとなれば、G3アルテミスSで1番人気に推されたのも不思議ではない。ただレース当日はテンションが高く、ハイペースを先行したことも響き大敗に終わった。能力は通用するが、テンションの高さが問題。レース前のパドックや返し馬では、気配をよくチェックしておきたい。

シェーングランツ

半姉に阪神JF、オークスとG1を2勝したソウルスターリングがおり、デビュー前から評判となっていたが、1番人気に推された新馬戦は5着。それでも一叩きで大きな変わり身を見せ、未勝利戦では2着に5馬身差をつける楽勝で、デビュー前の期待感を取り戻した。
格上げ初戦に選択したのはG3アルテミスS。粒揃いのメンバー構成で、前走大勝でも単勝は13.6倍と穴人気に過ぎない存在だった。レースは後方から進み、コーナーで内目を回って距離ロスを防ぎ、直線は外へ。前とはまだまだ差があったが、エンジンがかかると猛然と差を詰め、上位に接近。先に抜け出したビーチサンバをゴール寸前に捉え、重賞タイトルを手にした。
良血馬らしく、一戦毎の成長力も目覚ましいものがある。姉のソウルスターリングに続く阪神JF姉妹制覇も難しくはない。

ダノンファンタジー

6月3日の東京芝1600m戦でデビュー。直前調教の動きから有力だったが、レースではグランアレグリアに完敗の2着。ただ勝ち時計が新馬戦として出色の1分33秒6で、自身も1分33秒9の好タイムをマーク。その勝ち馬は、G3サウジアラビアRCも楽勝し、来週のG1朝日杯FSの最有力と見られている存在だけに、仕方ない2着でもあった。
この一戦の後は間隔を開け、3か月ぶりの2戦目はほぼ馬なりの大楽勝。この勝ちっぷりから、G3ファンタジーSは単勝1.5倍の断然人気に支持された。道中は中団につけ直線外に持ち出されると、堂々と抜け出して快勝し、楽々重賞勝ちを収めた。
負けたとはいえ、デビューのマイル戦を1分33秒台で走った能力はG1でも上位のもの。初戦で敗れたグランアレグリアとの再戦までは、負けたくないところだ。

ビーチサンバ

母が重賞を4勝し、G1でも3度の2着があるフサイチエアデール。全兄にG1朝日杯FSなど重賞3勝のフサイチリシャール、半姉にG3クイーンC勝ち馬ライラプスがいる良血で、デビュー前から評判の高かった一頭。新馬戦は、G1を2勝したミッキークイーンの半妹オーロトラジェと人気を分けたが、この良血馬対決を制しデビュー勝ちしている。
G3アルテミスSは、キャリア一戦で一気の相手強化に、初の長距離輸送と厳しい条件が並んだレース。道中は中団に位置し、直線に入ると先行勢を交わし先頭。勝利態勢に入っていたのだが、あと少しというところでシェーングランツの強襲に遭い、半馬身差2着と悔しい結果となった。敗れはしたものの展開を考えれば、勝った馬と内容に大きな差ははい。
輸送距離が短くなる今回は逆転も見込める。兄も2歳G1を勝っており、早熟性の高さも大きな武器だ。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。