sportsnavi

2018年9月16日(日)

11R

2018年9月16日(日) | 4回阪神4日 | 15:35発走

第36回関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)

芝・右・外 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

オールフォーラヴ

評判馬が集まった新馬戦を快勝。2戦目も牡馬の素質馬が並ぶ500万アルメニア賞に出走。直線で抜け出す態勢にあったが、逃げたパンコミードが大きく寄れると、この影響をモロに受けブレーキがかかる不利。これが祟り2着と、不運な結果となった。
オープン忘れな草賞は、アルメリア賞に比べると物足りない内容だったが、底力でハナ差勝ち。G1オークスへ向かったが、後方で見せ場なく終えている。
オークスこそプラス体重だったが、デビューから4戦で馬体重は14キロ減らしており、休養中にどれだけ成長しているかが鍵になる。ハイレベルな2戦目の内容から能力が高いことは疑いなく、この秋こそは真価を発揮する時だ。

カンタービレ

デビューから2戦はハナ、クビ差と惜敗続きも、レース自体は内容の濃いものだった。3戦目の未勝利戦を3馬身差で快勝し、G3フラワーCへ。未勝利戦を勝ったばかりでも、重賞ウイナーのロックディスタウンに続く2番人気の支持は、この馬への高い評価を証明するもの。レースは、中団から抜け出したところへ、トーセンブレスが後方から強襲。交わされそうな勢いだったが、迫られてから踏ん張りを見せ、クビ差粘って重賞勝ちをおさめた。
G1オークスは13着と崩れたが、本来の力はこんなものではない。体がもう一回り成長すれば、秋の楽しみは増す。

サトノワルキューレ

芝1800mの新馬戦を勝ち上がったが、2戦目は芝2400mの500万梅花賞を選択。一気の距離延長も問題なく、直線でジワジワ脚を伸ばし勝てる脚色だったが、寄れたエタリオウに前をカットされたことが響き3着。次走の500万ゆきやなぎ賞では、そのエタリオウをゴール前で捕まえ、前走の鬱憤を晴らした。
G1オークス出走権獲得を目指したG2フローラSは最後方から。直線入口でも後方だったが、ここからエンジン全開し、桁外れの末脚で他馬をごぼう抜きと強烈な勝ち方を見せた。2400m戦の実績からオークスも期待されたが6着敗退。さすがに2連勝の反動があったのだろう。
リフレッシュされ2連勝時のデキに戻れば、当然上位争いできる存在だ。

サラキア

2歳時から高い評判を受けていた期待馬だが、ゲート試験がなかなか受からず、デビューは年明け1月にまで延びてしまった。その新馬戦も出遅れたが、力差で挽回し楽々勝利。能力を買って2戦目は強気にG2チューリップ賞に挑戦すると4着に入線。上位がラッキーライラック、マウレア、リリーノーブルのG1常連組だけに、この4着は褒められる。
相手が楽になったG2フローラSは大きなチャンスだったが、内枠がアダになり直線で前が壁になって4着と、G1オークス出走権利を得ることができなかった。その後はオープン白百合Sで2着し、自己条件の500万青島特別は、力の違いを見せつけレコード勝ちしている。
相変わらずゲートに難はあるが、それをカバーするだけの高い能力はある。

センテリュオ

デビューは遅かったが、2月後半の新馬戦を快勝。500万君子蘭賞は、後方から最速上りで迫ったが、勝ち馬に半馬身差及ばず2着。500万矢車賞はスローペースに幻惑され、2番手から抜け出した馬を捉えきれず脚を余しての2着。どちらも強い競馬を見せているだけに勿体ないレースだった。
間隔を開けて迎えた500万都井岬特別は、重賞やオープン特別で好戦した経験を持つ馬もおり厳しい相手だったが、これらを問題にせず快勝。能力を考えると、遅すぎる2勝目だ。
全兄に重賞ウイナーのトーセンスターダムがおり、血統的にもまだまだ成長が見込める馬。その兄は1800mで重賞2勝しており、ローズSの舞台はピッタリ合いそうである。

トーセンブレス

新馬戦は、後に重賞を2勝することになるプリモシーンが単勝1倍台の人気で、こちらは2番人気。レースは離れた後方から進み、先に抜け出したプリモシーンで勝利は堅いかに見えたが、こちらも猛然と追い込みを開始。するとプリモシーンを並ぶ間もなく交わし1着ゴールと、派手なデビューを飾った。
折り合いを欠いたG3アルテミスSは6着も、新馬同様後方で脚を溜めたG1阪神JFは、直線でしっかり脚を伸ばし4着に入線。以降も同じ戦法でG3フラワーC2着、G1桜花賞4着とハイレベルな相手に上位入線を果たしている。
結果を残したG1の2戦に比べ、今回は相手が楽。本番前に、約1年ぶりの勝利を掴んでおきたい。

フィニフティ

全兄に天皇賞・秋などG1で2着が3度のステファノスがおり、デビュー前から注目されていた一頭。新馬戦も断然人気に応え、勝利をモノにしている。
2戦目はG3クイーンCを選択。小柄な馬の長距離輸送で馬体重が心配されたが、マイナス2キロで問題なし。中団からじっくりレースを進め、直線で馬群から抜け出し勝ち馬に接近。テトラドラクマに少差及ばなかったが、東京マイル1分33秒8の時計は速く、キャリア2戦目としては優秀な内容だった。このレースが評価され、G1桜花賞は5番人気。だが大一番でキャリアの浅さが響いたか12着に敗れている。
休養を挟んで馬体の成長を望みたいが、中間はカイバ食いがもう一つで、予定していた紫苑Sは回避。当日は馬体をよくチェックしたい。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。