2018年6月24日(日)

11R

2018年6月24日(日) | 3回阪神8日 | 15:40発走

第59回宝塚記念(GI)

芝・右 2200m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 | レコードが出たレース

ステファノス

4年前のG3富士S以来勝ち星が遠ざかっているが、G1では2着が3度、3着が2度あり、力はG1でも足りる。
昨年もG1大阪杯でキタサンブラックの2着に入線。初G1を目指した昨秋はG2オールカマーで2着に入り順調な滑り出しだったが、G1天皇賞・秋は極度の道悪に苦しみ10着。香港Cも展開に恵まれず、直線伸びるも4着に終わった。その後は目の外傷で休養し、G3新潟大賞典で復帰も11着と崩れた。
G3での大敗に少々不安は残るものの、元々休養明けは走らず、叩いた後のG1が勝負の馬。例年よりメンバーが手薄なので、久々の重賞勝ちがG1の可能性も出てきた。

サトノダイヤモンド

早くから大器と評され、デビューから3連勝。G1皐月賞3着、G1ダービー2着と春のクラシックは惜敗したが、秋になってG1菊花賞を快勝。G1有馬記念ではキタサンブラックを破り、日本競馬界のエースとして期待された。
しかし昨年以降は苦戦の連続。G1天皇賞・春は、キタサンブラックにリベンジされ、2着も確保できず。大きな期待を背負ったフランス遠征も失敗に終わった。今年はG2金鯱賞で始動したが、エンジンのかかりが遅く3着。G1大阪杯も見せ場なく7着と、3歳時の走りが全く見られない。
1週前調教から徐々に良くなって来てはいるものの、G1連勝時のデキには至っておらず、レースへ行ってどこまで変わるか。

パフォーマプロミス

ソエの影響でデビューは遅く、その後もなかなか順調に使えなかったが、このような状況でもデビューから3連勝と、高い素質は早くから評価されていた。
頭打ちになった時期もあったが、昨年末の1600万グレイトフルSを勝って待望のオープンクラス入りを果たすと、初重賞挑戦となったG2日経新春杯でも全く格負けせず、差し切りを決めている。
その後はG1宝塚記念を目標に掲げ、叩き台にG2目黒記念を選択。1番人気には応えられなかったが3着入線と、休養明けとしては悪くない走りだった。目標のレースに向け、前走以上のデキにあることは間違いなく、初のG1出走でも舐めてはいけない存在だ。

サトノクラウン

昨年のG1宝塚記念勝ち馬。その昨年は、断然人気のキタサンブラックら先行勢が壊滅。差し馬勢の出番となり、ゴールドアクター、ミッキークイーンらG1馬を抑えて快勝。香港ヴァーズ以来2つ目のG1勝ちとなった。
G1天皇賞・秋では、キタサンブラックと一騎打ちを展開。2着に敗れるも内容は濃く、3つ目のG1も望める位置にいたのだが、その後は失速。G1ジャパンC、G1有馬記念は二桁着順が続き、G1ドバイシーマCも7着に終わっている。
不調続きだが、昨年もG2大阪杯6着後に同レースを勝ったように、突然の激走が多い馬。大敗後でも見限れず、一雨あれば2連覇の可能性は更に高くなる。

ヴィブロス

3歳時にG1秋華賞で優勝。古馬になると海外の競馬にも挑戦し、G1ドバイターフに出走。名手モレイラ騎手を背に見事勝利し、その名を世界に広めた。
国内外のG1を制し、更なる活躍が見込まれたが、昨秋のG1エリザベス女王杯は珍しく折り合いを欠き5着と人気を裏切った。今年は、昨年勝ったドバイターフの連覇を目指しG2中山記念から始動も8着。惨敗に暗雲も立ち込めたが、本番で一変。連覇こそ逃したが、5頭出走した日本馬では再先着の2着に入線し、健在をアピールした。
海外帰りだが、レースへ向けて調整は順調に進んでおり、全姉のヴィルシーナ(2014年宝塚記念3着)以上の結果も期待できる。

スマートレイアー

ここまでG1勝ちこそ無いものの、重賞を4勝している実力馬。牝馬だが、牡馬混合の重賞を2つ勝っており、昨秋のG2京都大賞典では最内から強襲し、次戦でG1ジャパンCを勝つことになるシュヴァルグラン(3着)も下している。
今年は2戦して掲示板に載っていないが、使ったレースはどちらも牡馬混合のG1戦。特に前走の天皇賞・春は最後方で脚を溜め、直線で脚を伸ばし7着。見せ場をつくるまでには至らなかったが、メンバー2位の上がり時計をマークし、8歳となった今でも末脚に衰えは感じられない。
阪神コースは10戦6勝2着2回と適性は高い。前走から5Fの距離短縮で、馬券圏内も見えてきた。

キセキ

昨夏の1000万信濃川特別で、芝2000mを1分56秒9の好時計で快勝。勝ちっぷりも良く、一躍菊花賞候補に挙げられる存在となった。G2神戸新聞杯は、ダービー馬レイデオロに敗れるも2着を確保し、G1菊花賞へ。レイデオロがG1ジャパンCに矛先を向けたこともあり、1番人気に支持された。記録的な極悪馬場でレースは行われ、序盤は後方でスタミナを温存。3コーナー過ぎから徐々に番手を上げると、力強く抜け出してクリンチャー以下を抑え、クラシック最後の冠を戴いた。この重い馬場で激走した反動なのか、続くG1香港ヴァーズは大敗している。
休養を入れ、リフレッシュして出走したG2日経賞だが、今度は道中引っかかって失速し、9着と大きく崩れている。
今回も折り合いは重要となろう。菊花賞の結果から、梅雨時期に不安が無いことは大きい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。