sportsnavi

2018年4月1日(日)

11R

2018年4月1日(日) | 2回阪神4日 | 15:40発走

第62回大阪杯(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:12000、4800、3000、1800、1200万円 |

アルアイン

昨年のG1皐月賞馬。その皐月賞は、G3毎日杯を勝っての臨戦ながら9番人気と支持は低かった。レースは好位を追走し、勝負どころでもたつく場面もあったが、直線で再度しぶとく伸び、ペルシアンナイトを抑えて優勝した。G1日本ダービーで2冠を狙ったが、5着に敗れている。
秋はG2セントライト記念で2着と前哨戦としては順調な滑り出しで、G1菊花賞は2番人気に推されたが、記録的な極悪馬場に苦しみ7着に終わった。今年はG2京都記念から始動。クリンチャーに敗れ2着も、ダービー馬レイデオロに先着している。
距離適性から、春の最大目標はG1大阪杯と考えて良く、ここは勝負の一戦だ。

サトノダイヤモンド

ハイレベル世代と評された一昨年のクラシック戦線でも、特に評価の高かった馬。無敗で臨んだG1皐月賞は3着、G1日本ダービーはハナ差の2着と悔しい結果が続いたが、3冠目のG1菊花賞を勝ち、最後にクラシックホースの栄誉を手に入れた。
これで勢いに乗り、G1有馬記念では最強馬キタサンブラックを破り、G1を2連勝。大器が覚醒し、昨年はG1凱旋門賞制覇を目指した。しかしフランス遠征は4、15着と奮わず傷心の帰国。そのまま昨年は休養に入っている。
G2金鯱賞で待望の復帰も、調教で遅れるなど不安を抱えての出走。それでも、最後の1Fでエンジンがかかり3着入線している。
復活の兆しも見え、今年は主役の座を取り戻したい。

シュヴァルグラン

もともと晩成型と見られていたが、見立て通りにキャリアを積むにつれ成長。4歳になって重賞を勝ち、G1の天皇賞春、ジャパンCで3着。そして5歳となった昨年に本格化を迎える。
G1天皇賞春は、キタサンブラックに続き2着に入り、サトノダイヤモンドに先着。秋になりG1ジャパンCでは、好枠を生かして好位追走し、人気のキタサンブラックをマーク。直線で馬場の中程に持ち出されると豪快に抜け出し、キタサンブラックを捕え、ダービー馬レイデオロも抑えて待望のG1ウイナーの座を勝ち取った。続くG1有馬記念も、不利を被りながら3着と地力を見せている。
今回は休養明けで内回りの中距離戦と、適性では他馬より分が悪いが、底力で対抗したい。

スワーヴリチャード

G3共同通信杯を楽勝し、クラシック候補に伸し上がったが、G1皐月賞は6着。右回りでは寄れる癖があり、勝負どころで遅れたことが敗因だった。しかし左回りのG1日本ダービーでは一変。先に抜け出したレイデオロに迫り、2着入線と真価を発揮した。
ダービーの疲れが取れず秋のスタートは遅れたが、いきなりG2アルゼンチン共和国杯で2着以下を子供扱いの楽勝。G1有馬記念も有力視されたが、直線で寄れてしまい4着は、やはり右回りの影響か。得意の左回りで行われたG2金鯱賞は、折り合いに苦しむ厳しい競馬になりながら、力でねじ伏せている。
能力はG1級だが、今回は右回り。これがどこまで影響するか。

ダンビュライト

3冠レースで3、6、5着と安定した結果を残したように力はあるのだが、決め手がないうえ、折り合いに難しいところもあり、なかなか勝ち星を挙げることができなかった。
暮れの1600万サンタクロースSは、一気に相手が弱化し落とせないレースだったが、後続を何とか抑えて勝利。デビューから約1年半ぶりの勝ち星だった。この一戦で勝ち方を思い出したか、続くG2アメリカJCCは、スローペースを2番手追走と絶好の形でレースを進め、ミッキースワローの差し脚も難なく封じ、初重賞勝ちを収めている。
切れる脚は無いものの、好位で競馬ができるのは強み。2連勝の勢いで、惜敗したクラシックの無念を晴らしたい。

ペルシアンナイト

昨春はG3アーリントンCを快勝し、マイル路線を歩むかに思われたが、G1皐月賞に出走。内から鋭く脚を伸ばし、アルアインにクビ差及ばなかったものの2着に入線した。
G1日本ダービーで7着に敗退すると、秋はマイル路線へ。叩き2戦目のG1マイルCSでは、先に抜け出したエアスピネルを目がけてゴール寸前に襲い掛かり、ハナ差交わしてG1タイトルを掴んだ。
今年はG2中山記念からスタート。出遅れて後方から進めると、先行した3頭が全て上位に残る展開に泣かされ5着。最後はしっかり伸びており、叩き台としては悪くない内容だった。
マイラーのイメージが強いが、2000mは皐月賞で結果を出しており、この距離でも侮れない。

ミッキースワロー

早仕掛けで捕まったり仕掛けが遅くて脚を余すなど、チグハグな競馬が多く出世は遅れたが、そんな流れもG2セントライト記念で一変。中団を追走し直線へ向くと、自慢の末脚でG1皐月賞馬アルアインを並ぶ間もなく差し切り。この一戦でG1菊花賞の有力候補に伸し上がり、3番人気の支持を受けたが、極悪馬場に末脚を殺され6着に終わっている。
次走は間隔を開けてG2アメリカJCCへ。スローペースに泣かされダンビュライトに及ばず2着も、展開を考えれば上々の結果だ。
G1上位の経験が無く実績は他の有力馬に劣るが、末脚の破壊力は負けていない。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。