sportsnavi

2018年3月11日(日)

11R

2018年3月11日(日) | 1回阪神6日 | 15:35発走

第52回報知杯フィリーズレビュー(GII)

芝・右 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

アマルフィコースト

夏の阪神芝1400m戦でデビュー。先手を取ると、最後まで脚色は鈍らず、1分22秒1の好タイムで逃げ切り。2着のスカーレットカラーは後のG3フェアリーS2着だから、内容も濃いものだった。続くオープン中京2歳Sでは、当時未勝利馬のアドマイヤアルバの抵抗にあったが、クビ差抑えて2連勝。賞金を積んだことで夏は無理せず、秋競馬を待った。
復帰戦のG3ファンタジーSは1番人気。後方から進めて直線で脚を伸ばしたが、ベルーガの末脚に屈し、逃げたコーディエライトにも僅かにハナ差届かず3着。その後は阪神JFを目指したが、精神面に問題があり回避して休養。今回は久々となる。
休養中に心身共にどれだけ成長したかが鍵になる。

アルモニカ

秋の阪神芝1400m戦でデビュー。好位から抜け出すと、2着に3馬身、3着に5馬身、4着には10馬身の差をつける楽勝。終い2F11秒4-11秒5と大きく減速していないラップで締めたところに、高い資質を感じさせた。この内容からG2ファンタジーSも楽しみだったが、2番手から失速し7着と、ガッカリな結果に終わった。
ここで休養を入れたのが良かったか、3か月ぶりの500万春菜賞では本領発揮。いつものように逃げ馬を見る形で直線へ向くと、前走とは違いゴールまでしっかり粘り切り見事に1着。ミュージアムヒル、レッドイリーゼら期待馬を破ったことは価値がある。
走り慣れた1400mなら、G2でも十分勝負になる。

アンコールプリュ

半兄にG1NHKマイルC2着、G1日本ダービー3着のブラックシェル、半姉にG2ローズS、G3チューリップ賞ともに2着のシェルズレイがいる良血馬。そんな背景もあって、新馬戦は単勝1.5倍と圧倒的人気の支持を受けた。レースは勝利を収めたものの、この一戦で評価が大きく上がるような内容では無かった。
ただ2戦目の500万つわぶき賞は、期待の良血馬らしい素晴らしいレースだった。道中は中団やや後方でじっくり脚を溜め、直線へ向くとエンジン全開。終い2F11秒2-11秒2の高速ラップを差し切る凄まじい競馬で2連勝を決めた。
直線の短い阪神内回りコースは少々気になるが、前が速くなる傾向の強いレースだけに、前走同様直線の大逆転が見られそうだ。

アンヴァル

母のアルーリングボイス、祖母のアルーリングアクトがともにG3小倉2歳Sを勝っており、この馬も夏の小倉でデビューしたのだが、新馬戦を勝てず、G3小倉2歳S当日の未勝利戦で初勝利を飾っている。
母、祖母と同じ道を歩むことはできなかったが、アンヴァルはここから進撃を開始。続く500万は、直線で馬場の半ばに出し逃げた馬を交わすと、最後は抑えたままの楽勝。更に強かったのはオープン福島2歳Sで、先行した2頭を離れた3番手で追走。直線入り口で気合を入れられると、楽々先行馬を交わし、抜け出した後も流す形でフィニッシュした。
1400mへの距離延長、直線の坂に一抹の不安はあるが、能力はここでも通用する。

コーディエライト

全姉ローガンサファイア、半兄のサフィロスが2歳時からオープン特別で活躍していたことから、この馬も2歳戦から注目を集めた。新馬戦は3着も、2戦目は現オープンのレピアーウィットに6馬身もの差をつける楽勝。G3新潟2歳Sでは一緒に先行したフロンティアとの一騎打ちに敗れたものの2着を確保した。
G3ファンタジーSでも逃げの手に出て、ベルーガの強襲にあったものの、アマルフィコーストの追撃を抑え2着に粘った。G1阪神JFでも自分の競馬に徹し2番手と積極策に出たが、差し馬優勢の展開に嵌り直線で失速し、13着と大きく崩れた。
今回は巻き返しを期す一戦。スピードの生かせる1400m戦で再度浮上を狙う。

デルニエオール

全兄にG1を6勝のオルフェーヴル、G1を3勝のドリームジャーニーがいる良血馬。注目された阪神芝1400mの新馬戦は、後方から鋭く伸び、デビュー勝ちを収めている。連勝を目指した500万白菊賞では新馬戦のように脚を溜めて直線へ向いたが、目立った脚を使えずリリーノーブルの4着に敗れている。
ここで間隔を開けリフレッシュし、捲土重来を期した前走の500万戦。1400mにしては遅めのペースとなったが、何とか折り合いをつけ直線へ向くと、新馬戦時と同様しっかり脚を伸ばし、後方から上がって来たリバティハイツ、プリュスら良血馬を抑えて快勝した。
初めての重賞挑戦だが、兄に続くG1制覇を目指すためにも、ここで負けてはいられない。

モルトアレグロ

ダートの1000m戦でデビューし快勝したが、2戦目からは芝のレースを選択している。
オープンすずらん賞で2着と好走し、500万くるみ賞は極悪馬場に苦しみながら力で捻じ伏せ2勝目を得ると、G1の阪神JFへ。上位3頭が後続に差をつけたおかげで目立たなかったが、中団から伸びて5着に入線と健闘した。
相手が大きく弱化したオープン紅梅Sは、人気こそシグナライズに譲ったが、レースはこちらが主役。逃げたラブカンプーを直線で交わし、3勝目をマークした。
これで1400mは2戦2勝と現状ではベストの距離。阪神JF上位組が不在のここは期待が高まる。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。