sportsnavi

2018年11月11日(日)

11R

2018年11月11日(日) | 5回京都4日 | 15:40発走

第43回エリザベス女王杯(GI)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 | レコードが出たレース

アドマイヤリード

強烈な末脚を武器に、昨年のG1ヴィクトリアマイルを制覇。条件クラスから瞬く間にG1ウイナーに伸し上がり、勢いは続くかに思えたが、その後は急停止。G2阪神牝馬Sでは、勝ったミスパンテールから0.1秒差の4着に入線し復活気配。しかし連覇を目指したG1ヴィクトリアマイルでは、2番人気に推されたが見せ場なく8着。休養明けのG2府中牝馬Sも、上り3F32秒7の脚を繰り出したが上位馬も止まらず7着と、なかなか上位進出まで及んでいない。
G1勝ちをしているように、力は足りるはず。条件戦連勝で進撃を開始した京都コースに変わり、好調時の走りを思い出したい。

カンタービレ

3戦目に初勝利を挙げ、続くG3フラワーCではトーセンブレスを抑えて重賞勝ち。勢いに乗ってG1オークスに臨んだが、直線失速し大敗している。
秋初戦のG2ローズSは強気の先行策で、4コーナーでは先頭。直線でも脚色乱れず、サラキア以下を抑えて快勝。G1秋華賞は一転、中団で抑える競馬。近くを走っていたアーモンドアイに引き離されたが、この馬自身もしっかり脚を伸ばし、3着にまで押し上げた。
先行してよし、差してよしと、脚質に幅が出てきたのは大きな収穫。オークス大敗時に距離不安を挙げられていたので2200mの距離が微妙だが、力をつけた今なら大丈夫だろう。

ノームコア

デビューから2連勝して休養。約半年ぶりとなったG3フラワーCでも3着に入り、力のあるところを見せた。一叩きれたG2フローラSで期待は高まったが、外枠不利の東京2000mで16番枠に入る不運。それでも積極的に2番手を進み、直線も粘って3着。ただ今年からオークス出走権利が2着馬までと変わり、残念ながらオークス出走はならなかった。
今度こそG1出走権利獲得を目指したG3紫苑Sは、好位から抜け出すと一気に後続を引き離し、マウレアに3馬身差をつける快勝。しかし疲れが出たため、G1秋華賞は回避せざるを得なかった。
その疲労も取れて、今度こそG1のエリザベス女王杯に出走。前走の勝ちっぷりから、古馬相手のG1でも通用する雰囲気はある。

フロンテアクイーン

2勝馬だが、重賞2着が5回もある。今年も安定感は抜群で、G3中山牝馬Sはカワキタエンカを半馬身差まで追い詰めての2着。G3クイーンSは、ディアドラに離されたものの、オークス馬ソウルスターリングを交わして2着に入っている。
G1級の馬が並んだ豪華メンバーのG2府中牝馬Sでは、上り32秒台の切れ味勝負に参戦。最終的にディアドラ、リスグラシューの2頭に及ばなかったが、G1ウイナーのジュールポレールやアドマイヤリードに先着。牝馬のトップクラス相手でも好勝負できることを印象付けた。
最近は1800m以下のレースばかりだが、血統的に2200mも問題なし。人気にならないタイプなので、馬券的な妙味は大きい。

モズカッチャン

昨年のG1エリザベス女王杯の勝ち馬。その昨年は好位から抜け出すと、先を行くクロコスミアに並びかけ、最後はクビ差交わしての1着。3歳馬の身で、ミッキークイーン、ヴィブロスら歴戦の強者を破った。
古馬となった今年は勝ち星こそないものの好内容のレースを連発。G2京都記念は4着も、同世代の牡馬クラシックホースであるアルアイン、レイデオロと接戦。G1ドバイシーマクラシックは6着に終わったが、帰国初戦のG2札幌記念は、次戦の天皇賞・秋で2着のサングレーザー、ダービー馬マカヒキと少差の3着と見せ場をつくった。
昨年勝っていることから、今年も大目標の一戦。熱発でG2府中牝馬Sを回避した影響は気になるが、牡馬G1級と互角勝負をした能力でカバーできる。

リスグラシュー

ここまでG1勝ちはないが、2着は4回。今年も好調で、G1ヴィクトリマイルでも後方から猛烈な脚で上位に迫り、ジュールポレールに並びかけたところがゴール。最終的にハナ差及ばず悔しい一戦となったが、唯一上り32秒台を記録し、負けて強しの競馬だった。
秋初戦となったG2府中牝馬Sでも、上り32秒6の素晴らしい脚を繰り出しての2着。ディアドラが更に上回る脚で差し切ったのだから、相手を褒めるしかない。そのディアドラが不在だけに、ここはチャンス到来だ。
不安を挙げるなら距離。昨年も同レースは8着に敗れており、2200mで懸念の折り合い難が出ると厳しい。鞍上モレイラ騎手の腕にも期待がかかる。

レッドジェノヴァ

この夏に急成長。休養明けの1000万洞爺湖特別を叩き、1000万北海道150年記念では、強気に4角先頭から押し切る強い内容で快勝。続く1600万ワールドオールスタージョッキーズ第2戦も、早めに仕掛けて危なげなく勝利しオープンクラスへ。
迎えたG2京都大賞典は、これまでとは比較にならない相手強化の上、別定戦で斤量差も大きくなく、厳しい状況だった。実際好位置から番手を下げたときは力の差を思わせたが、直線で反撃を開始すると、サトノダイヤモンドを半馬身差まで追い詰める2着に入線。重賞4勝のアルバート、ジャパンC勝ち馬シュヴァルグランに先着した。
牡馬のトップクラス相手に通用することが分かった今、牝馬限定のG1では無視できない存在だ。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。