sportsnavi

2018年11月10日(土)

11R

2018年11月10日(土) | 5回京都3日 | 15:45発走

第53回デイリー杯2歳ステークス(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

アドマイヤマーズ

好調教を連発し、デビュー前から大変な評判になっていた。その割に新馬戦はハナ差勝ちと苦戦したが、相手が後にG3新潟2歳Sを勝ったケイデンスコールならば納得。
続くオープン中京2歳Sで、デビュー前の大評判を証明する。直線で外から進出すると、一頭だけ桁外れの末脚で他馬を圧倒。エイシンゾーンを瞬く間に突き放し、3馬身差をつける楽勝で評価を大きく上げた。
今回は中京2歳S以来のレース。目標は次のG1朝日杯FSのため100%の仕上げではないだろうが、なにせ能力が段違い。強力なライバルは不在で、8〜9分程度の仕上げでも勝ち負け必至だ。

ダノンジャスティス

父キングマンは欧州のG1を4勝するなど8戦7勝の快速馬。母のマンビアも欧州でG3勝ち。このような血統背景もあり、セレクトセールでは1億円近い高額で落札されている。
デビューは8月19日の新潟芝1400m戦。中団で折り合いをつけ、直線外に持ち出されると、鮮やかな末脚で差し切り。上り2F11秒3-11秒2の高速加速ラップを外から差すのだから、この馬自身は1F10秒台を記録しているかもしれない。
その後も順調で、1週前のCW調教ではG1馬ダノンプレミアムとともに調教。相手が無理をしなかったとはいえ、先着したことは胸を張りたい。スピード色が強くマイルの距離が微妙も、これをクリアすれば勝機もある。

ドナウデルタ

母のドナウブルーは重賞を2勝し、ヴィクトリアマイル2着、マイルCS3着とG1でも好走。そしてドナウブルーの全妹には、G1を7勝した名牝ジェンティルドンナがいる。
9月9日の阪神芝1400mの新馬戦は2着も、終いの脚が目を引き、次戦へ期待が高まった。その2戦目は中団から力強く伸びると、逃げたキコクイーンを並ぶ間もなく交わし快勝。重馬場の上り35秒4は、2位の上りタイムを0.7秒も上回るもので、この馬の末脚が抜けていたことが時計からも分かる。
デビュー2戦は緩い馬場だったが、血統的には良馬場でこそ真価を発揮する馬。馬場が良ければ、近2戦以上の脚を見せてくれるだろう。

ハッピーアワー

新馬戦は、次戦でオープン特別を勝つシングルアップを相手に2着。2戦目はクビ差2着と惜しい競馬が続いていたが、3戦目の未勝利戦で初勝利。この時の2着イッツクールは、後にオープンききょうSを勝つのだから、中身も濃いレースだった。
ここから2か月間隔を開け、オープンすずらん賞に出走。先行馬が潰れ、差し馬勢の争いとなったが、この差し比べで1番人気のパイロテクニクスを半馬身抑え、2連勝としている。
前走の1200mから1600mへと今回は2F距離が延びるが、父はハービンジャー、母は中距離で特別を勝っており、むしろ距離延長がプラスに出る可能性もある。

ヤマニンマヒア

新馬戦は3着だったが、勝ち馬はオープン中京2歳Sを勝ち、今回のデイリー杯2歳Sで最有力と見らているアドマイヤマーズ、2着が次戦でG3新潟2歳Sを勝ったケイデンスコールなので、内容は悪くない。
この価値を証明するように続く未勝利戦は、小倉芝1800m1分46秒9のレコードタイムで勝っている。この一戦が評価され500万紫菊賞は2番人気。しかし序盤から折り合いを欠くと、最後はガス欠かシンガリ負けと不本意な競馬になってしまった。
そこから2Fの距離短縮は、折り合いを考えると良い方向に向かう可能性もある。前走シンガリでも見限れない。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。