IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年11月4日(日)

12R

2018年11月4日(日) | 5回京都2日 | - 発走

第8回JBCレディスクラシック(GI)

ダート・右 1800m | 天気: | 馬場: | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:万円 | レコードが出たレース

クイーンマンボ

芝のデビュー戦に敗れると、2戦目からはダートに転戦し連勝。その2戦後にはJpn2関東オークスで早々重賞タイトルを手にし、秋にはJpn2レディスプレリュードで2着に8馬身差の圧勝も決めている。
今年は勝ち星こそ無いものの、好内容のレースは続けている。特に評価が高いのはG3平安S。地方のコースとは違うペースに、相手はJRA重賞の常連と、いつも以上に厳しい条件。それでも臆することなく好位から脚を伸ばし、サンライズソアの2着に入線。グレイトパール、テイエムジンソクといったダートの実力馬に先着している。
前走の大敗が不満も、休養明けで太かったようだ。平安Sだけ走れば、好勝負は必至だ。

ラビットラン

タピット産駒ということもありダートでデビューし、新馬戦は勝利。だが以降2戦を落とすと、中京の500万戦で初めて芝のレースを使い、好タイムで追い込み勝ち。更にG2ローズSでも、桁外れの末脚で差し切りを決め、芝馬のイメージが確立した。
本番のG1秋華賞でも4着と好走。そのまま芝のレースを使い続けたが、少しずつ成績が下降。この流れを止めようとJpn3スパーキングレディーCで久々のダート戦を使うと、いきなり3着と好走。このままダートのG3ブリーダーズゴールドCに出走すると、2着プリンシアコメータに4馬身、3着クイーンマンボに7馬身の差をつける楽勝を決めた。
もともと血統はダート向き。芝で取れなかったG1をダートで狙う。

カワキタエンカ

昨年のG2ローズSに条件馬の身で出走。果敢な逃げでラビットランの2着に入線し、G1秋華賞にも出走。5着と健闘している。今春のG3中山牝馬Sでは、楽なペースを作り上げ、見事な逃げ切り勝ち。続くG3福島牝馬Sは一転、序盤から緩みのないペースで逃げ、他の先行馬が壊滅する中でクビ差2着と、好内容のレースを連発した。
この秋はG2府中牝馬Sを叩き、目標に選択したのはJBCレディスクラシック。初めてのダート戦、父が芝のイメージが強いディープインパクトでは不安も募る。ただ有力馬のアンジュデジールも、父がディープインパクトで、母父はフレンチデピュティ。カワキタエンカの母父クロフネは、フレンチデピュティ産駒と血統構成は似ており、ダートをこなす可能性は十分ある。

プリンシアコメータ

古馬になって力をつけ、昨秋のJpn1JBCレディスクラシックは2着に入線も、直線の不利が無ければ勝っていたレースだった。次戦のJpn3クイーン賞では、アンジュデジールを破って初重賞勝ちを収めている。
春のG3平安Sで久々にJRAのレースに出走したが、11着と完全な力負け。だが牝馬限定戦ではすぐに巻き返し、Jpn3ブリーダーズゴールドCはラビットランの2着。そしてダート牝馬戦線のトップクラスが集まった前走のJpn2レディスプレリュードでは、地方所属のブランシェクールとの一騎打ちをアタマ差制している。 前走勝利時騎乗のモレイラ騎手不在は痛いが、そこは昨年同レース2着時騎乗の武豊騎手を確保してカバー。牝馬の頂点へ更に近づいた。

リエノテソーロ

芝の新馬、オープン特別と2連勝すると、今度はダートのJpn3エーデルワイス賞、更に年末のJpn1全日本2歳優駿も勝利。芝、ダート2戦ずつ走ってデビューから4連勝という珍しい記録を残した。
3歳となった当初は芝を使い、G1NHKマイルCでは13番人気の低評価を覆し2着と健闘。ここで再度ダートのG3ユニコーンSに出走も人気を裏切り7着、更にJpn3オーバルSも5着と崩れると、ダートを諦め芝に戻している。こちらも頭打ちとなると、またまたダートに転向。するとJpn3スパーキングレディーCを見事に勝ち取った。
G2レディスプレリュードでは大敗とどうも掴みどころがないが、NHKマイルCのように人気薄で大駆けもある馬。能力は足りるので、大敗後でも警戒は必要だ。

アンジュデジール

デビュー時は芝の短距離を主戦場にしていたが、3歳春の500万下で初めてダート戦を使い2着に入線。続くレースを3馬身半差で楽勝し、Jpn2関東オークスに出走すると、クイーンマンボの2着。以降はG3エルムSの一戦以外は、全て地方交流レースを使っている。
今年は好スタートを切り、Jpn2エンプレス杯では1番人気のプリンシアコメータ、Jpn3マリーンCではクイーンマンボと、牝馬ダート戦線のトップクラスを破り重賞2連勝。G3エルムS5着後は、JBCレディスクラシックの前哨戦になるJpn2レディスプレリュードに出走。ここは後方からの競馬となり、差を詰めるも4着までだった。
好走時のように、好位でレースを進められれば上位を狙える。
Yahoo! toto

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。