2018年11月4日(日)

11R

2018年11月4日(日) | 5回京都2日 | - 発走

第18回JBCクラシック(GI)

ダート・右 1900m | 天気: | 馬場: | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:万円 | レコードが出たレース

サンライズソア

新馬戦は芝で勝ったが、頭打ちになると早い段階でダートに転向。これが功を奏し、昨年はJpn1ジャパンダートダービーでクビ差2着と、3歳ダートの頂点にも近づいた。
古馬となった今年は更に力強さを増し、Jpn3名古屋大賞典を快勝。出遅れたオープンのブリリアントSは崩れたが、スタートを決めたG3平安Sはあっさり逃げ切っている。この実績もあり、秋初戦のG3シリウスSは57.5キロのトップハンデ。レースは、ハイペースで飛ばしたコパノリチャードを追いかける形で厳しい展開に。最後は、後方から差してきたオメガパフューム、ウェスタールンドに捕まったが、斤量、展開を考慮すると好内容の一戦だった。
1900mは重賞で2戦2勝。貴重な1900mのJpn1は何としても勝ちたい。

サウンドトゥルー

20戦以上のキャリアを積み、5歳になってオープン入りした遅咲きの馬だが、その年の暮れにはJpn1東京大賞典を勝利するまでに伸し上がっている。翌年にはG1チャンピオンズC、昨年は大井で行われたJpn1JBCクラシックを優勝と、毎年G1クラスのレースを制している。
8歳となった今年も元気いっぱいで、Jpn1帝王賞では追い込んで3着。Jpn2日本TV盃は、不向きな小回りの船橋コースに苦しむも3着と好調を持続している。
キャリア50戦で京都コースを走ったのは一度のみ。脚質から向いているイメージはないが、先行馬の多いメンバー構成。ペースが上げれば、この馬の末脚がゴール前で唸るはずだ。

ケイティブレイブ

3歳時から重賞戦線で活躍し、スピード色の濃いG1フェブラリーSは崩れているが、1800m以上のレースでは安定した走りを見せている。
JRAのG1こそ勝っていないが、地方交流のJpn1では昨年の帝王賞、今年の川崎記念を勝っている。近走も高いレベルのレースを続けており、Jpn1帝王賞は連覇を逃すもゴールドドリームとクビ差の2着。58キロを背負ったJpn2日本テレビ盃では、G1ウイナーのアポロケンタッキー、サウンドトゥルーを破っている。
地方の交流重賞ばかり走っているので京都コースの実績は薄いが、先行力があるので合うはず。強力なメンバーだった昨年のG1チャンピオンズC4着から、それ以上の結果も望める。

ノンコノユメ

3歳時にJpn1ジャパンダートダービー、58キロを背負って古馬を破ったG3武蔵野Sなど重賞3連勝。その後はチャンピオンズC、フェブラリーSとG1を連続2着。一戦挟んでJpn1帝王賞2着と、ダート戦線の中心軸の一頭として地位を確立していた。だが去勢してセン馬になると、長期休養を挟んで6戦連続着外と、以前の同馬では信じられないような下降線を辿った。
今年1月のG3根岸Sでは6番人気と支持も低下していたが、久々にこの馬らしい末脚を発揮し、約2年2か月ぶりの勝ち星。これで勢いがつき、G1フェブラリーSでは、後方から猛烈な脚で突進すると、ゴールドドリーム、インカンテーションとの叩き合いを制し、絶好調時でも勝てなかったJRAのG1タイトルを手にした。
近走2戦は4着続きと、またしても下降傾向は気になるが、能力的には当然上位だ。

テイエムジンソク

昨年春以降の進撃は、ダート戦線の頂上を伺うほどの勢いがあった。後続をちぎって3連勝し、G3エルムS2着で一休みも、G3みやこSは楽勝。一気に相手強化のG1チャンピオンズCも、ゴールドドリームのクビ差2着。ともに先行したG1の常連コパノリッキーを競り落としている。
今年初戦のG2東海Sも単勝1.3倍の人気に応えて勝利し、今年も進撃が続くかに思えたが、G1フェブラリーSで12着と大敗すると、一気に失速。以降は、この馬の能力に見合わない結果が並んでいる。
京都コースは、みやこSを含め5勝と相性のいいコース。復活を見せるなら今回がチャンスだ。

アポロケンタッキー

3歳の秋から4歳の春にかけ、オープン特別の2勝を含む5戦4勝の快進撃。秋にはG3みやこSを勝ち、初のG1挑戦となったチャンピオンズCで5着に入線すると、年末のJpn1(以降J)東京大賞典に出走。6連勝後、チャンピオンズCで2着のアウォーディー。そのチャンピオンズCでアウォーディーの連勝を止めたサウンドトゥルー。この2頭が中心視されていたが、それらをまとめて捻じ伏せ、トップクラスの仲間入りを果たした。
翌年は勢いが止まった感もあったが、6歳となった今年は復調。Jpn1川崎記念、Jpn2ダイオライト記念で2着。後手を踏んだJpn1帝王賞こそ崩れたが、3か月ぶりのJpn2日本テレビ盃でも2着に入り、いい形でJBCを迎える。
京都のダートコースはみやこSで勝った舞台。先行して持ち前のしぶとさを生かしたい。

オメガパフューム

デビューから4戦3勝で、3歳ダート戦線の総決算であるJpn1ジャパンダートダービーに出走。最強馬ルヴァンスレーヴには及ばなかったが2着に入線し、3歳世代のトップクラスの一頭に数えられる存在となった。
G3シリウスSは初めて古馬との対戦。3コーナーからじわじわ進出し、直線中程で先頭。最後方にいたウェスタールンドが物凄い脚で追い込んできたがクビ差抑え、初重賞タイトルを獲得した。
その前走はハンデ戦で53キロと有利な面もあった。今回は55キロと斤量面では厳しくなるが、今年の3歳馬はルヴァンスレーヴがJpn1南部杯、グリムがG3白山大賞典を勝つなどレベルは高い。3歳馬故に上積みも大きく、勢いでJpn1も突破したい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。