sportsnavi

2018年10月14日(日)

11R

2018年10月14日(日) | 4回京都5日 | 15:40発走

第23回秋華賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 | レコードが出たレース

アーモンドアイ

G3シンザン記念で衝撃的な差し切り劇を演じ、評価は急上昇。それでもG1桜花賞は、G1阪神JFを含め無敗の4連勝ラッキーライラックが単勝1.8倍の断然人気に支持され、アーモンドアイは2番人気。だが大本命級のレースを見せたのはコチラだった。4コーナーでは16番手と後方に位置していたが、直線で猛襲。ダイナミックなフォームで大外から進出すると、ラッキーライラックに抵抗の暇すら与えず、豪快な勝利。この瞬間に、3歳牝馬戦線は、アーモンドアイの1強に変化した。
G1オークスでは一瞬折り合いを欠くシーンもあったが、レースに影響を与えるほどではなく、中団から抜け出し楽々2冠目も勝ち取った。
G1秋華賞はブッツケとなったが、調教も抜群で仕上がりに不安はなし。ジェンティルドンナ以来の3冠牝馬誕生は目前だ。

カンタービレ

初勝利に3戦かかったが、格上げ初戦となったG3フラワーCで見事な勝利。好位から抜け出し先頭に立つと、外からトーセンブレスが一気に迫ったが、並ばれてから抜かせない勝負根性を見せた。春の目標だったG1オークスは、フラワーCで減っていた馬体も回復し好調に見えたが、直線で失速し13着と大きく崩れた。
秋初戦のG2ローズSは、これまでよりも前で競馬を進め、直線では先頭。残り1〜2Fで10秒8の高速ラップを刻むと、さすがに後続は差を詰めることが難しく、最後まで危なげないまま1着ゴールを決めた。
距離が長かったオークスを除けば、5戦3勝2着2回の好成績。脚質から内回りコースに変わるのも良く、名手武豊騎手を確保できたのも大きい。

サラキア

ゲート試験がなかなか受からずデビューは年が明けた1月。新馬戦を難なく勝つと、期待の高さを表すようにG2チューリップ賞に挑戦。惜しくも桜花賞出走権利を逃したが、G1阪神JFで上位を占めた3頭に続いての4着はキャリア一戦を考えると大健闘。だがG2フローラSも4着でG1オークス出走権を逃し、春のクラシック出走はならなかった。
今度こそ3冠目のG1秋華賞を目指し、G2ローズSに出走。カンタービレには及ばなかったが、中団から脚を伸ばして2着を確保し、念願のG1出走切符を獲得した。
スタートが遅くどうしても厳しい競馬を強いられてしまうが、そんな不利を覆す末脚を持っている。うまくスタートを決められれば、上位入線の期待は更に高まる。

トーセンブレス

折り合いが難しく脚を溜めることに専念してきたが、しっかり型が嵌れば最後は確実に伸びてくる。G1阪神JFは4着に入線し、G3フラワーCも2着。そしてG1桜花賞は、上り3Fメンバー2位の末脚で4着。勝ち馬アーモンドアイからは離されたが、3歳G1戦線の上位常連であるラッキーライラック、リリーノーブルと大きな差はなく、内容は非常に濃いものだった。東京コースのG1オークスで更に前進も見込めたが、アクシデントで回避を余儀なくされた。
夏を超えて精神面が強くなり、折り合いの不安も解消されてきたことから、G2ローズSはデビュー以来初めて好位追走の競馬を見せたが、最後は失速。やはり後方で脚を溜める競馬のほうが合っているようだ。
過去2戦のG1で高い能力は証明済み。後方からの差し戦法で、改めて見直したい。

プリモシーン

新馬戦はトーセンブレスの鬼脚に屈したが、続く未勝利戦、G3フェアリーSと連勝。この勢いでG1桜花賞も突破したかったが、直線で馬群に包まれ動くに動けず消化不良に。この鬱憤を晴らそうとG1NHKマイルCに臨んだが、またしてもスムーズな競馬ができず、最後に差を詰めるも5着まで。勝ち馬から0.2秒差と少差だけに悔しい結果となった。
近2戦が10、5着でもG3関屋記念で1番人気は、ここ2戦が力負けでは無いことを、ファンも分かっていたということだろう。この人気に応え、中団から鮮やかに抜け出し、強襲してきたワントゥワンを抑えての勝利。スムーズな競馬ができれば、古馬相手の重賞でも勝てるほどの力があることを認識させた。
初の中距離戦だが、レースぶりから不安はない。古馬重賞を勝った経験を、同世代相手に生かしたい。

ミッキーチャーム

春3戦で勝ち上がることができず、間隔を開けて夏の函館戦で初勝利。逃げて2着に8馬身差をつける大楽勝だった。格上げ初戦の500万平場戦は2番手追走から抜け出し、3馬身半差の楽勝。
この2戦の内容から、1000万藻岩山特別は単勝1倍台の断然人気に推された。しかしメンバーには、G3札幌2歳S2着のファストアプローチをはじめ重賞出走経験馬も複数おり、楽ではない相手だった。それでも臆せず先手を取ると、最後まで脚色が鈍ることなく、2着に3馬身半、3着に7馬身の差をつける楽勝劇。札幌芝1800m1分46秒5の時計も速い。
まだまだ底を見せておらず、初の重賞挑戦がG1でも全く見劣るイメージがない。先に行けるだけに、アーモンドアイには厄介な存在だ。

ラッキーライラック

新馬、G3アルテミスS、G1阪神JFと2歳時は3連勝。3歳初戦のG2チューリップ賞でも、阪神JF上位陣を返り討ちにし、3歳牝馬戦線では無敵の存在と見られていた。
G1桜花賞も単勝1倍台の人気。ここを勝てば「3冠もある」と周囲の期待は高まるばかりだったが、アーモンドアイの規格外の末脚に抵抗できず2着。一瞬で立場が逆転してしまった。復権を期したG1オークスは、アーモンドアイの後ろに位置し徹底マーク。位置取りは良かったが、直線でアーモンドアイに置いていかれると、先行していたリリーノーブルにも先着を許し3着と成績を落としてしまった。
今度こそ逆転を期す秋競馬だったが、放牧先で球節が腫れ、予定していたローズSを使えなかった。その後は順調に来ているが、予定外のローテーションが結果にどう響くか。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。