sportsnavi

2018年1月14日(日)

11R

2018年1月14日(日) | 1回京都5日 | 15:45発走

第65回日経新春杯(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 | レコードが出たレース

サンタフェチーフ

デビュー2戦目で初勝利も、500万クラスで苦しみ頭打ちを思わせたが、4歳になって一変。長期休養明けとなった一昨年秋の500万下を勝つと、続く1000万下も鮮やかな差し切りを決め2連勝と、以前とは別馬のような走りを見せた。
1600万クラスに上がってからは2戦続けて2着と勝っていないが、内容は上々。2走前の御堂筋Sは、メンバー最速上がりで勝ち馬アルターに半馬身差。前走のオリオンSも、今年の飛躍が期待される素質馬レジェンドセラーにハナ差。レジェンドセラーがここに出ていれば有力だったはずで、サンタフェチーフも当然マークが必要だ。ハンデ差を生かして、上位を目指す。

ソールインパクト

2歳時にはG3東京スポーツ杯2歳S3着、G2ホープフルS4着、年が明けてG3京成杯4着と重賞で上位入線を果たしていたが、2勝目が遠く、500万クラスで大敗を繰り返す時期もあった。
この頃は単なる早熟馬の雰囲気だったが、古馬になって再上昇。相変わらず勝ち味に遅い面はあるが、安定した走りで上位進出が続いている。昨年の夏には久々に重賞(G3七夕賞)に挑戦し3着と好走。G2アルゼンチン共和国杯も1600万クラスの身で出走し、勝ち馬スワーヴリチャードには離されたが2着を確保し、初めてオープンクラスに上がって来た。
2400〜2500mは5戦して1勝だが、アルゼンチン共和国杯2着を含め全て馬券圏内と得意の距離。頭は無いかもしれないが、3着以内なら十分計算できる。

パフォーマプロミス

左後脚に不安が出るなどアクシデントが多く、未勝利戦が終わるギリギリの3歳秋にデビュー。この一戦を好タイムで勝つと、その後も間隔を開けて使いながら3連勝。この頃は大器の声もあったが、4戦目から3戦連続で6着と崩れ、期待感は徐々に萎んでいった。
昨春に1000万熊野特別を勝利し1600万に上がったが、上位には来るものの、なかなか勝ち切れず。それでも年末の1600万グレイトフルSでは、絶好の1番枠から好位でレースを進めると、直線でしっかり脚を伸ばし、見事に勝利を掴んだ。
一時のような大物感は失せたものの、相手なりに走るタイプで、初重賞挑戦でもハンデ戦ならヒケは取らない。

ミッキーロケット

昨秋のG2神戸新聞杯で、直後にG1を2連勝するサトノダイヤモンドと一騎打ちし惜しくも2着。この一戦で評価を上げた。
古馬となって迎えた昨年のG2日経新春杯は1番人気。シャケトラとの競り合いをハナ差制し、初タイトルを戴いた。この勢いでG1でも期待されたが、3戦して7、6、12着と力負け。ただG2以下は好戦続きで、G2京都記念、G2京都大賞典は4着。そして前走のG3中日新聞杯では、トップハンデの57.5キロを背負って2着と奮闘している。
昨年勝っていることから、ここを目標に仕上げてくる可能性は高く、2連覇へ向けて順調だ。

モンドインテロ

オープン特別は3戦3勝だが、重賞勝ちは無し。ただ上位入線は多く、昨年のG2日経新春杯も3着と好走している。
近走は3番人気のG2目黒記念で8着、2番人気のG2オールカマーで9着と不満の残るレースもあったが、前走のG3チャレンジCで復調気配。後方からメンバー最速の上がりで上位に接近し、勝ったサトノクロニクルからクビ、クビ、ハナ差の4着と、あと一歩で勝利を逃した。
2400mは4戦3勝、3着1回。このうち3戦が京都コースと適性は文句なし。初重賞を獲るなら、ここが最大のチャンスだ。

ロードヴァンドール

デビュー時から逃げ戦法を武器にし、キャリアを積んで徐々に出世。4歳となった昨年に素質開花し、3歳時には歯が立たなかった重賞でも好走できるようになった。
G2金鯱賞はステファノス、ルージュバックら重賞の常連が集まる中、得意の逃げ脚で見せ場をつくり、ヤマカツエースの2着と健闘した。G1の大阪杯、天皇賞・秋は似たタイプのキタサンブラックの存在もあって、自分の競馬をさせてもらえず大敗。G1級の馬と手合わせした経験は大きく、相手が一気に弱化した前走のG3中日新聞杯では、メートルダールの3着に逃げ粘っている。
マイペースで逃げられればしぶとい。問題は実績のない2400mの距離か。
Yahoo! toto
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。