2018年12月2日(日)

11R

2018年12月2日(日) | 4回中京2日 | 15:30発走

第19回チャンピオンズカップ(GI)

ダート・左 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 | レコードが出たレース

ルヴァンスレーヴ

2歳時に3連勝し、ダートの怪物誕生の声があがった逸材。3歳初戦のオープン伏竜Sでは、10キロ増の馬体重が響いたか2着と初敗戦。マイナス8キロと絞れたG3ユニコーンSは3馬身半差の楽勝で早くも軌道修正を行い、再度進撃が開始される。
Jpn1ジャパンダートダービーは、出遅れ気味のスタートで序盤は後方。3〜4コーナーで大外を進出するタイトな競馬となったが、直線に入ると他馬とは脚色の違いが歴然で、終わってみれば楽勝と言える内容だった。続くJpn1南部杯は、初めて古馬との対戦。メンバーの中には、昨年の最優秀ダート馬ゴールドドリームも存在した。道中もゴールドドリームにマークされる厳しい展開だったが、最後まで馬体を並べることすら許さず、完全勝利を演じた。
これで7戦6勝。前走を見る限り更に強さを増しており、G1チャンピオンズCは絶対王者の地位を確立するレースとなりそうだ。

ノンコノユメ

3歳時にJpn1ジャパンダートダービー、G3武蔵野Sを含む4連勝と快進撃を演じ、チャンピオンズC、フェブラリーSとG1を連続2着。ダート界の新星誕生の予感もあったが、去勢の影響か、まさかの下降線。気が付けば、武蔵野Sの勝利を最後に10連敗と苦しんだ。
今年のG3根岸Sでは6番人気と支持も低下していたが、久々にこの馬らしい末脚を披露し追い込み勝ち。約2年2か月ぶりに勝利の美酒を味わった。この一戦で復活し、G1フェブラリーSでも後方から強襲。ゴールドドリーム、インカンテーションとの叩き合いを制し、JRAでは初めてのG1タイトルを獲得した。以降は4着続きだが、連敗時のようなレースではなく内容は上々。前走のJpn1JBCクラシックも、凄まじい末脚で上位に一気に迫った。
G1チャンピオンズCは3年連続出走し、2、6、9着。成績は落ちているが、負けた2戦は不調時のもの。今の状態なら、3年前の2着以上の期待もかかる。

サンライズノヴァ

以前は好位でレースを進めていたが、G3ユニコーンSで直線一気の差し切りを決めると、以降は脚を溜めて直線勝負と型が定まっている。
一時は2着ばかりの時期もあったが、最近は3連勝。オープン・アハルテケSは、57.5キロのトップハンデを背負って快勝。オープン・グリーンチャンネルCは、4コーナーでもほぼ最後方と厳しい位置から段違いの末脚で追い込み勝ち。そして前走のG3武蔵野Sは、メンバーが前2走の2連勝時から大幅強化されたが、充実期を迎えたサンライズノヴァには関係なし。いつものよう後方に位置し、直線で外に持ち出されると、あっという間に前方の馬を飲み込み、見事に3連勝を決めた。
最近は東京のダート1400m・1600mのコースばかりを走っており、中京コース、そして慣れていない4つのコーナーを回る競馬に不安はある。末の破壊力はG1でも通用するので、4コーナーの位置取り次第では、上位も見えてくる。

ケイティブレイブ

昨年のJpn1帝王賞を勝ち、一流馬の仲間入り。その後も、距離が短かったG1フェブラリーSを除けば、高いレベルで安定している。近走も、2連覇を狙ったJpn1帝王賞は惜しくも2着に敗れたが、ゴールドドリームにクビ差。休養明けのJ2日本TV盃はあっさり勝利をモノにしている。
迎えたJpn1JBCクラシック。近走は先行策をとっていたが、ここは中団からの競馬。徐々に番手を上げ、直線へ向いた時は、逃げたサンライズソアを射程圏内に。これを捉えると、オメガパフュームの猛追も抑え、3つ目のJpn1タイトルを獲得。JRAの競馬場で行われたG1級のレースは、初めての勝利となった。
これまでは交流専門のイメージもあったが、この勝利で払拭。G1チャンピオンズCは昨年も4着に来ており、昨年以上の勢力を維持する今年は勝利もある。

サンライズソア

3歳時は重賞で好走するも2、3着が多かったが、古馬になってパワーアップすると、J3名古屋大賞典で初重賞勝ち。2戦後のG3平安Sでは、JRAの重賞勝ちも収めた。2つの重賞勝ちもあり、G3シリウスSは57.5キロのトップハンデ。先行したものの展開が厳しく、他の先行勢は失速していったが、この馬のみは粘って3着。斤量も考慮すれば、勝ったに等しい好内容だった。
シリウスSの内容が評価され、Jpn1JBCクラシックは1番人気。大舞台でも積極的に逃げ、最後まで見せ場をつくったが、ケイティブレイブ、オメガパフュームに捕まり3着。結局このレースもサンライズソア以外の先行馬は壊滅しており、非常に中身の濃い3着だった。
メンバーを見る限り、先行勢は少なく、逆に有力馬は差し系統。そろそろ、こちらに展開が向いてもいい番だ。

オメガパフューム

3歳ダートのチャンピオン決定戦Jpn1ジャパンダートダービーで、ルヴァンスレーヴに続く2着に入線し、ダート戦線で一躍浮上してきた。G3シリウスSでは、3コーナー過ぎから徐々に番手を上げ、直線半ばで逃げたサンライズソアを交わして先頭。ウェスタールンドの猛追をクビ差抑え、初めての古馬オープンクラスを相手に重賞タイトルを獲得した。
ただシリウスSはハンデ戦で、53キロの斤量に恵まれた面もあった。一転Jpn1JBCクラシックは定量戦で、相手も一気に強化と条件は厳しくなった。そんな状況にも負けず、中団から進出し、先頭のケイティブレイブに接近。最後は届かなかったものの2着に入線し、G1レベルで勝負できる力を見せた。
3歳馬ということもあり、伸びしろはまだまだある馬。1800mは3戦3勝と適性も高く、前走以上の結果も期待できる。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。