2018年12月28日(金)

11R

2018年12月28日(金) | 5回中山9日 | 15:30発走

第35回ホープフルステークス(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 | レコードが出たレース

ニシノデイジー

新馬戦は2着も、2戦目で初勝利しG3札幌2歳Sへ。しかし単勝28.2倍と、立場は穴馬の一頭に過ぎないものだった。レースでは、タイトな流れの中を早めに動き、先に抜け出したナイママと一騎打ち。これをクビ差抑え、初重賞タイトルを手にした。

続いて矛先を向けたのはG3東京スポーツ杯2歳S。前走で重賞を勝ったというのに、単勝38.4倍とまたしても人気薄。タフな競馬を制した後で、瞬発力勝負になる東京は不向きという見方も多かったが、そんなネガティヴな評価を前走同様覆す。直線で内から伸びると、4頭の接戦を制し見事に重賞2連勝を決めた。
性格の違う2つの重賞を制し、さすがに評価は上昇。上位人気で迎えるG1で、3連勝を決めたい。

ブレイキングドーン

宝塚記念当日の阪神新馬戦は、例年好メンバーが揃う注目のレース。今年も、セレクトセールで1億円を超える高額がついたアドマイヤジャスタ、ホウオウライジンを中心に楽しみな馬が並んだ。その中にあってブレイキングドーンは単勝50.6倍と目立たぬ存在だったが、終わってみればアドマイヤジャスタに3馬身をつける楽勝。しかもアドマイヤジャスタが後に2連勝したことで、この馬の評価も大きく上がった。
この一戦で休養に入れ、2戦目のオープン萩Sはレース前に放馬して競走除外。改めて出走したG3京都2歳Sは、クーラジュゲリエとの一騎打ちの末、半馬身差の2着。実質5か月ぶりのレースで、これだけ走れれば上々だ。
瞬発力勝負に向くタイプではないので、中山コースはプラス。機動力を生かして上位を目指す。

サートゥルナーリア

新馬戦も強かったが、その一戦が霞んでしまうほどに2戦目のオープン萩Sは強烈だった。序盤は少々かかる場面もあったが、すぐに折り合って中団を追走。直線に入ってゴーサインが出ると思いきや、鞍上の手綱はピクリともせず、持ったまま進出し先頭。そのまま一度も手綱が動くことはなく、馬なりで大楽勝。ファンだけでなく、関係者もビックリする衝撃的な強さであった。
その強さも血統を知れば納得。母は日米オークスを制したシーザリオ、半兄は菊花賞、ジャパンCと2つのG1を制したエピファネイア、G1朝日杯FSを制したリオンディーズと大物が並ぶ。
G1で相手は一気に強化するが、この馬にとっては通過点に過ぎないかも。今度も衝撃の瞬間は訪れるのか。注目の3戦目だ。

ミッキーブラック

関西馬だが、デビューは福島競馬場。前に行った馬が2〜7着に残る展開を、大外から差し切る強い内容で新馬勝ちをおさめている。2戦目は、オープン芙蓉S。序盤は中団で脚を溜めていたが、ペースが緩んだところで鞍上ルメール騎手が番手を上げ、3コーナーでは早くも2番手。直線に入っても脚色は乱れず、後続を抑えて2連勝を決めた。
この勢いに乗りG3京都2歳Sで重賞勝ちといきたかったが、好位から伸びきれず、勝ち馬クラージュゲリエから1秒近く離された4着と崩れてしまった。
初敗戦を喫したが、もともと目標はG1ホープフルSだったので、前走とは勝負度合も違うはず。中山芝2000mは芙蓉Sで経験済みで、まだまだ見限れない。

アドマイヤジャスタ

半兄にオーストラリアのG1コーフィールドCを勝ったアドマイヤラクティがおり、セレクトセールでは1億5120万円(税込)の高額で落札された。
新馬戦はブレイキングドーンの2着に敗れたが、この一戦を叩いて一変。2戦目の未勝利戦は、中団から楽々差し切りを決めている。この後は約3か月の間隔を開け、500万紫菊賞で復帰。休養明けでも単勝1.8倍の断然人気に推されると、これに応えるように、新馬快勝の良血馬ロジャーバローズを問題にせず2連勝を決めている。
デビュー戦の頃は不器用なイメージもあったが、京都内回りの前走を難無く勝利し不安も解消。中山2000mも問題は無かろう。成長力のある血統で、大きな上積みも見込める。

ヴァンドギャルド

デビュー戦は重馬場。終いの切れ味を武器にする馬が多いディープインパクト産駒ということもあり心配されたが、レースでは全く問題なし。中団から馬群を貫き、難無く勝利をおさめている。
2戦目に選択したG3東京スポーツ杯2歳Sは、過去にG1馬を複数出してきたハイレベルのレース。今年も好メンバーが揃い、キャリア一戦の馬には厳しい相手だった。レースは新馬戦同様中団で脚を溜め、直線に入ると早めに抜け出し一時は先頭。そこへ内、外から他馬が並びかけ、4頭が並んでのゴール。結果は勝ち馬からハナ、クビ差の3着と惜しくも勝利を逃した。
敗れたものの、内容の濃い一戦で評価は更に上昇。実力馬を相手に競り合った経験は、G1の舞台で大きく生きるはずだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。