2018年12月23日(日)

11R

2018年12月23日(日) | 5回中山8日 | 15:25発走

第63回有馬記念(GI)

芝・右 2500m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:30000、12000、7500、4500、3000万円 | レコードが出たレース

キセキ

記録的極悪馬場となった昨年の菊花賞を制した馬。その反動か以降は不調が続いたが、この秋に完全復活。G2毎日王冠で3着と久々に馬券圏内に入ると、G1天皇賞・秋も上位入線。スタートして200m過ぎから、1F11秒台のラップを連続して刻むタイトな展開を描き、直線も粘っての3着と非常に内容の濃いレースだった。
そして迎えたG1ジャパンC。ここでも天皇賞同様に果敢に先手を取ると、スタートして4F過ぎから11秒台のラップを連続し、厳しい展開を自ら作り出す。それでもバテることなくゴールを目指したが、終始マークされる形になっていたアーモンドアイに捕まり2着。それでも大レコードとなったレースタイムの2分20秒6は、この馬がアシストしたもの。自身は2分20秒9だが、アーモンドアイと4キロの斤量差を考えれば、勝ち馬に近い評価を与えてもいいのではないか。
この秋4戦目、しかも激走続きで反動の不安もあるが、状態を維持できれば2つ目のG1勝ちは近い。

サトノダイヤモンド

2年前のG1有馬記念の覇者。この頃はG1菊花賞を勝っての臨戦で、この馬のピークでもあった。日本馬初の凱旋門賞制覇を目指し4歳時にフランス遠征を行ったが、結果は完敗。この反動やショックもあったか、以降は3歳時の輝きを取り戻せていない。
5歳となった今年も春のG1は着外と不調。復活のキッカケを掴もうと、G2京都大賞典はG1の前哨戦でも結果が求められた一戦。早めに進出し先頭に立つと、レッドジェノヴァの追撃を抑え、約1年半ぶりの勝ち星を手にした。しかし本当の復活はG1を勝ってこそ。G1ジャパンC は3番人気に推され、かつての走りを期待するファンも多かったが、全く見せ場をつくれずアーモンドアイから1.3秒遅れた完敗を喫した。
このG1有馬記念が引退レースとなる。有馬記念は引退を勝利で飾った馬も多く、最後に真のサトノダイヤモンドの走りを見せてもらいものである。

シュヴァルグラン

昨年のG1ジャパンCで、レイデオロ、キタサンブラックを破り、待望のG1戴冠を果たした。今年もG1戦線の主役候補として期待されたが、大目標だったG1天皇賞・春は、レインボーラインにクビ差2着と惜敗した。
秋の大目標は、2連覇を狙うジャパンC。昨年同様G2京都大賞典を叩いてジャパンCを迎える。勝った昨年は好位を追走したが、今年は緩みのないペースで中団からの競馬。直線で脚を伸ばしたが、当日は前が止まりにくい馬場で、4着が精いっぱいだった。
JC2連覇はならなかったが、そのぶんG1有馬記念の勝負度合は高まっているはず。昨年は3着も、不利が無ければ勝利も見込めるレースだった。調子も上がってきており、昨年以上の結果を期待したい。

ブラストワンピース

新馬から3連勝の内容が高く、G1日本ダービーでは2番人気と高い支持を得た。4コーナーでは勝利が意識できる好位置にいたのだが、前の馬群を捌くのに苦労したのか、もう一つ伸びを欠き5着。人気から期待はずれにも思えるが、初めて強いメンバーと戦って掲示板なら上々の結果である。
秋はG3新潟記念で始動し、大外から段違いの脚を繰り出し古馬勢を圧倒。G1菊花賞では1番人気と、ダービーに続き大舞台で高評価を得た。しかし長距離戦とは思えぬ極端な瞬発力勝負となり、この馬自身も伸びているのだが、先に仕掛けた馬に及ばず4着に終わった。
キャリアからまだまだ上積みを見込める馬。実績は他馬に劣るが、攻勢続く3歳勢の一頭だけに侮れない。

ミッキーロケット

G2日経新春杯を勝ち、G2神戸新聞杯ではサトノダイヤモンドにクビ差の2着と、これまでもG2以下のレースでは活躍が目立ったが、G1では苦戦が続いてきた。
5歳になった今年はワンランクアップし、苦手なG1でも好走。G1天皇賞・春では、見せ場をつくって4着と上昇気配を示して、G1宝塚記念へ。好枠を利してラチ沿いの好位を追走すると、徐々に番手を上げ、直線へ向いたときは早くも先頭。後方から香港のワーザーが襲い掛かってきたが、これをクビ差抑え、ついにG1タイトルを獲得した。
G1連勝を目指した天皇賞・秋は5着。G1ジャパンCも出走する予定だったが、軽い筋肉痛で回避。これも大目標のG1有馬記念を考えてのもので、大きな影響はない。馬のタイプを考えれば、東京より中山のほうがいい馬。宝塚記念再現の可能性は十分にある。

モズカッチャン

昨春にG2フローラSを勝った時は12番人気の存在だったが、G1オークスでもソウルスターリングの2着に入り、高評価を確立。昨秋のG1エリザベス女王杯では、クロコスミアをゴール寸前に捉え、G1ウイナーの仲間入りを果たした。
その後は4戦して未勝利だが、内容は上々。G2京都記念は4着も、同世代の牡馬クラシックホースであるレイデオロ、アルアインと接戦。G2札幌記念では、サングレーザー、マカヒキと時計差無しの3着に入っている。2連覇を目指したG1エリザベス女王杯は、前哨戦を熱発で使えずブッツケ本番。それでも好位から脚を伸ばし3着と、連覇こそ逃したが力は見せた。
秋は一戦しかしておらず、フレッシュな状態でG1有馬記念を迎えられる。京都記念、札幌記念の内容から、牡馬G1級相手でも見劣ることはない。

レイデオロ

昨年のG1日本ダービー馬。G1ジャパンCも2着し、今年の飛躍が期待されたが、G2京都記念は不安視されていた折り合い難が露呈し3着、G1ドバイシーマクラシックも4着と、この馬の力を考えれば物足りないレースが続いた。
立て直して迎えた秋は、G2オールカマーから始動。先に抜け出したアルアインをあっさり捉えての勝利は、G2神戸新聞杯以来約1年ぶりの勝ち星。勢いをつけて臨んだG1天皇賞・秋は、道中中団につけ直線で外めに持ち出されると、逃げたキセキを射程圏内に捉え残り100mあたりで先頭。そのまま他馬を寄せ付けず、完勝のゴールだった。
古馬ナンバー1の地位を確立し、アーモンドアイとの最強馬対決が楽しみだったが、G1ジャパンC、そしてG1有馬記念では実現せず。いつか実現するであろう夢の対決へ向け、有馬記念は負けられないレースだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。