2018年9月30日(日)

11R

2018年9月30日(日) | 4回中山9日 | 15:40発走

第52回スプリンターズステークス(GI)

芝・右・外 1200m | 天気:雨 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 | レコードが出たレース

アレスバローズ

オープンクラスに上がって初戦のG3シルクロードSは、2番人気に推されるも11着敗退。その後オープン特別を2戦して、ともに勝ち馬から0.3秒差の4、5着と好勝負を展開し、再度重賞に挑戦。迎えたG3CBC賞は、スタート2F目から10秒台が3F続くハイペース。この展開を味方に、中団から鋭く抜け出して快勝している。この時は実績も少なく、54キロのハンデと恵まれた面もあった。
続くG3北九州記念は、56キロのトップハンデ。おかげで重賞勝利後にもかかわらず6番人気と支持は低かった。これに発奮したか、前走同様中団から力強く抜け出し、2着以下に決定的な差を見せつけ重賞2連勝を達成した。
6歳になって初めてのG1挑戦だが、重賞連勝の勢いで一気に短距離王戴冠を目指す。自慢の末脚を生かすためにも、良馬場でやりたい。

セイウンコウセイ

昨年のG1高松宮記念勝ち馬。当時は重賞未勝利の立場だったが、先行馬が壊滅した厳しい流れを4番手から押し切る強い内容で、G1タイトルを獲得している。
その後はなかなか勝てないどころか、入着すら難しいレースばかり。今年に入ってG3シルクロードSで2着に入線し復活気配もあったが、G1高松宮記念はハイペースに飲まれて6着。G2京王杯SCは12着と、再度スランプに入ってしまったかに思えた。こうした状況から抜け出したのが、G3函館スプリントS。積極的に飛ばして直線へ入ると、ゴールへ一目散に逃げる。ゴール前でヒルノデイバロー、ナックビーナスらが迫ったがハナ差粘り、あの高松宮記念以来約1年3か月ぶりの勝利を掴んだ。
勝った高松宮記念がそうであったように、ハイペースでも粘れる根性がある。G1馬の底力を大舞台で見せつけたい。

ナックビーナス

3歳時からオープンクラスで活躍していたが、今年に入って更に成長。G3オーシャンSでアタマ差2着と好走し、G1高松宮記念へ。直線で外に持ち出されると、ファインニードルとともにゴールへ向けて突進。最後は同馬に半馬身遅れたが、10番人気の立場で3着は大健闘だ。
この内容から、初めての重賞勝ちは時間の問題。1番人気に推されたG3函館スプリントSは少差の3着。G3キーンランドCはモレイラ騎手に乗り替わって再度1番人気に支持されると、今度は文句なしの勝利。ハイペースで逃げ、2着に2馬身半差をつける快勝と、力差を見せつける強い内容だった。
3着だった高松宮記念時以上に力をつけており、再度モレイラ騎手騎乗と、ますますG1馬の座に近づいている。

ファインニードル

昨秋は前哨戦のG2セントウルSを勝ち、上昇気流に乗ってG1スプリンターズSに挑むも12着大敗。今春もステップレースのG3シルクロードSを勝ち、G1高松宮記念に挑む。昨年の流れなら本番は大敗だが、成長した今は違う。好位追走から直線で馬群の外に持ち出されるとしっかり脚を伸ばし、粘りこみを図るレッツゴードンキをハナ差捉え、G1ウイナーの輝いた。
その後はG1連勝を目指し、香港のチェアマンズスプリントプライズに出走。ハイレベルと評される香港の短距離馬の前に4着も、今回のスプリンターズSに挑戦してきたラッキーバブルズには先着を果たしている。
この秋もセントウルSに出走。前哨戦ということで仕上がりに余裕を持たせたのか、直前調教の動きは好調時に比べると見劣ったが、そんな状態でもレースは完勝。それだけ能力が抜けているということだ。春秋G1連覇は目前だ。

ムーンクエイク

姉に重賞勝ち馬バウンスシャッセがおり、早くから期待されていたが、兄2頭そして弟もセン馬になったように、この馬も気性難で素質を生かせず、3歳時に去勢している。その後も間隔を開けながら使われ、すぐに素質開花とはならなかったが、4歳となった昨年に3連勝して覚醒を思わせた。
今年はオープン洛陽Sで5着と敗れたが、G2京王杯SCで爆発。中団から33秒2の末脚で伸び、大混戦となったゴール前でアタマ差だけ抜け出し初重賞勝ち。レコードのおまけつきでもあった。重賞連覇を狙ったG3キーンランドCは、初めての1200mで痛恨の出遅れ。最速上りで伸びるも、直線の短い札幌では難しく9着。58キロの斤量も響いたかもしれない。
1200mを一度経験したことは大きく、しっかりスタートを切ってレースの流れに乗れれば、巻き返しは可能だ。

レッツゴードンキ

3年前の桜花賞馬。その後不振に陥った時期もあったが、折り合い難を解消するため1200mを主戦場にすることで成績は再上昇。昨年は高松宮記念、スプリンターズSと2つのG1で2着に食い込んでいる。
6歳となった今年も衰えはなく、ダートのマイルと毛色の違うG1フェブラリーSに挑戦し、5着に入線。大目標だったG1高松宮記念では、ファインニードルと接戦の末ハナ差2着と、惜しくも2つ目のG1を逃している。続くG1ヴィクトリアマイルでは6着も、勝ち馬から0.4秒差と変わらず内容の濃いレースを続けている。G3キーンランドCは5着だが、当然G1が目標であり、叩き台での敗戦は気にしなくてよかろう。
現在国内の1200mG1は3戦連続で2着。もう銀メダルはいらない。目指すは桜花賞以来のG1勝利だ。

レッドファルクス

ダートから芝へ主戦場を変えた5歳夏に一変。一昨年のG3CBC賞で強烈な差し切り劇を演じると、G1スプリンターズSでも、先行馬が上位に粘る流れを、外から差し切る強い内容で瞬く間に短距離王に輝いている。
昨年のスプリンターズSでも、大外から豪快な差し切り見せ2連覇達成。久々に真の短距離王誕生かに思えたが、今年は急ブレーキ。58キロの斤量と大外枠の不利のなか少差3着に来たG3阪急杯は強かったが、目標のG1高松宮記念は全く見せ場なく8着。一昨年は3着だったG1安田記念も9着と、これまた見せ場がなかった。
7歳となり、さすがに衰えを指摘する声もあるが、今回は2連覇している最も得意なスプリンターズS。ディフェンディングチャンピオンの意地を見せたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。