sportsnavi

2018年9月17日(月)

11R

2018年9月17日(月) | 4回中山5日 | 15:45発走

第72回朝日杯セントライト記念(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

オウケンムーン

デビュー戦こそ4着に敗れたが、2戦目で変身。2着に6馬身差をつけ、レコードで大勝している。間隔を開け、年明けの500万も快勝し、G3共同通信杯に出走。好位から抜け出すと、力強く脚を伸ばし、先行勢を交わして先頭。迫るサトノソルタスを抑え、重賞初挑戦で見事な勝利を得た。
これで3連勝とし、勢いをつけてクラシックへ。G1皐月賞では5番人気と期待度も高まったが、中団から伸びきれず12着。G1日本ダービーも15着と、クラシックは悔しい結果が続いた。
父は菊花賞の勝ち馬。秋の最大目標に向け、反撃の準備は整いつつある。

ギベオン

新馬、500万フリージア賞と、デビューから2連勝。特にフリージア賞は、大外から豪快に差し切る強い内容。2着馬は次戦でG2スプリングS3着のマイネルファンロン、3着が次戦でオープン・プリンシパルS2着のブレステイキングだから内容も濃い。
3連勝を目指したG3毎日杯は2着に敗れるも、賞金を積んだことでG1NHKマイルC出走への道を切り開いた。初めてのマイル戦の流れにもしっかり対応し、ゴール前100mあたりで先頭。粘り切るかに思われた瞬間、ケイアイノーテックの強襲に遭い惜しくも2着に泣いた。その後はG1日本ダービーを目標も、疲れで回避している。
夏休みで疲労も取れ、順調に秋競馬を迎えている。1週前調教ではCWで好時計をマークし、皐月賞馬エポカドーロに先着。仕上がりも上々だ。

グレイル

極悪馬場で行われた新馬戦は辛勝。良馬場のG3京都2歳Sで真価が問われたが、断然人気のタイムフライヤーを競り合いの末制し、クラシック候補に名乗りを挙げた。
G3共同通信杯では断然人気に推されるも、見せ場なくまさかの大敗。G1皐月賞では10番人気と支持も急降下したが、後方から伸びて6着。3着のジェネラーレウーノから時計差無しのところまで詰めており、復調を示した。G1日本ダービーは再度期待も高まったが、結果は14着。レース後に軽い骨折が判明し、これが影響した可能性もある。
その故障も癒えて、G2セントライト記念から始動。皐月賞の脚が見せられれば、2つ目の重賞タイトルも見えてくる。

コズミックフォース

2戦目に勝ち上がり、G3京成杯では、皐月賞で3着となるジェネラーレウーノを追い詰め、クビ差2着に来ている。オープンすみれSで崩れG1皐月賞は回避も、ダービートライアルのオープン・プリンシパルSですぐに反撃。ブレステイキングの追い上げを退け1着ゴールし、いい形でG1日本ダービーに臨む。
これまでは差す形が多かったが、大一番のダービーでは積極策に出て、皐月賞馬エポカドーロに続く2、3番手を追走。直線に入っても脚色は乱れずダービー馬の栄冠も近づいたが、ワグネリアンに交わされ、エポカドーロも捉えきれず3着。それでも16番人気の立場を考えれば大善戦である。
ここまで大きく崩れたのは、長距離輸送のすみれSのみ。中山で行われる今回は、当然好勝負を期待できる。

ジェネラーレウーノ

大評判で迎えた新馬戦は単勝1.2倍の圧倒的人気を裏切ったが、2戦目を楽勝すると、ここから評判通りの好レースを連発。500万葉牡丹賞、G3京成杯と逃げ切り、3連勝とした。
その後はトライアルを挟まず、直接G1皐月賞へ。逃げたアイトーンに次いで2番手を追走したが、1000m通過59秒2のラップは、稍重馬場を考えると速い。一緒に飛ばした他の2頭が失速していくなか、この馬は直線に入っても粘り、大見せ場を演出。最後は3着に終わるも、展開を考えると着順以上に評価できるレースだった。
G1日本ダービーは皐月賞に比べるとペースは楽だったが、引っかかってしまい、前走のような二枚腰は発揮できなかった。折り合いさえ取れれば、皐月賞の内容から勝機は十分にあるはずだ。

タニノフランケル

父は無敗の世界的名馬フランケル、母は牝馬にして日本ダービーを制した名牝ウオッカという夢の配合。
2戦目に勝ち上がり、そこから2勝目まで5戦かかったが、4月の500万平場戦では、2着に4馬身差の楽勝を決めている。このレースが評価され、G2京都新聞杯は3番人気に推されたが、3番手から直線失速しシンガリ負けと脆いところも見せた。一転、1000万西部スポニチ賞では積極的に逃げると、最後まで後続を寄せつけず4馬身差の快勝。小倉芝1800m1分45秒4の時計も速い。
ここまで逃げの手に出たときは3戦3勝。逆に2番手以下の競馬では6戦0勝。スンナリ逃げることができれば、勝利の可能性は一気に広がる。

レイエンダ

全兄に日本ダービー馬レイデオロを持つ良血馬。新馬戦を楽勝したときは、きょうだいでダービー馬の期待感も高まったが、残念ながらレース後に故障が判明。当初は軽いという見立ても、結局復帰まで10か月近くかかってしまい、5月12日の500万夏木立賞に出走。楽々差し切りを決め、力の違いを見せつけた。しかし、ダービー出走の最終切符を争うG2京都新聞杯やオープン・プリンシパルSは夏木立賞の1週前。このレースに間に合わなかった時点で、ダービーきょうだい制覇は、ほぼ夢に終わっていたことになる。
その後は間隔を開け、1000万松前特別では、古馬を相手に難なく勝利。デビューから無敗の3連勝としている。
この秋は、春の悔しさを晴らす時。兄のようにG1で活躍するためには、ここも無敗で突破したいところである。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。