sportsnavi

2018年4月15日(日)

11R

2018年4月15日(日) | 3回中山8日 | 15:40発走

第78回皐月賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 |

タイムフライヤー

新馬戦は、ロックディスタウン(次戦でG3札幌2歳S勝ち)に敗れたが、2戦目の未勝利戦は快勝。続くオープン萩Sは4馬身差の楽勝で、早くもクラシック候補の声があがり始めた。
G3京都2歳Sはメンバー的にも堅いと見られていたが、グレイルに差され2着。それでもG1ホープフルSは再度1番人気に推されると、豪快な末脚でジャンダルムを差し切り、G1ウイナーの座を掴んだ。
春はオープン若葉Sから始動も、スローペースに嵌り5着。敗れたものの、元より叩き台のため心配はあるまい。
ホープフルSを制した中山2000mコースで、再評価が必要だ。

ワグネリアン

中京の新馬戦は、評判馬ヘンリーバローズとの一騎打ち。上がり3F32秒台の強烈な瞬発力勝負を制してデビュー勝ち。続くオープン野路菊Sも楽勝し、G3東京スポーツ杯2歳Sへ。
東京の中距離戦にしては早めのペースを自分から動き、直線半ば過ぎで先頭。ゴールまで他馬を寄せ付けず、楽々3連勝を決めた。その後は2歳G1を使わず休養。前哨戦のG2弥生賞は、ダノンプレミアムと無敗の3連勝対決が注目されたが、ダノンには完敗で2着に食い込むのが精一杯だった。
終いの脚はメンバー一の破壊力。ダノンプレミアム回避となった今、主役を張るのはこの馬だ。

ジャンダルム

新馬戦、そしてG2デイリー杯2歳Sではカツジ(ニュージーランドT勝ち馬)を差し切ってマイル戦を2連勝。母が短距離G1を2勝したビリーヴという血統から、G1朝日杯FSに向かうと見られていたが、次走は2000mのG1ホープフルSを選択。距離延長を不安視する見方もあったが、早めのペースで勝ちに行っての2着は内容も濃く、距離不安を払拭した。
今年はG2弥生賞から始動。ダノンプレミアムをマークするような形で進めていたが、最後まで迫ることができず、最後はワグネリアンにも捕まり3着に終わっている。
自在性があるのは、多頭数の中山で大きな武器になる。巧みなレース運びで逆転を図る。

キタノコマンドール

全姉にジャパンC、宝塚記念2着のデニムアンドルビーがいる良血。セレクトセールで、1億9000万円の値がついた高額馬である。
体質の弱さもあってデビューは12月末の阪神2000m戦。直線で寄れたが、何とか勝利をモノにした。初戦の内容はもう一つだったが、2戦目のオープンすみれSで激変を見せる。道中は後方で脚を溜めていたが、3〜4コーナーから大外を持ったまま怒涛の勢いで進出。直線でも脚色は鈍らず、逃げ込みを図るケイティクレバーをしっかり捉えた。
歩様が堅いなど、まだまだ未完成の部分も多いが、素質は相当なもの。キャリア2戦で皐月賞は厳しいが、デムーロ騎手を鞍上に迎え、G1制覇の準備は整っている。

オウケンムーン

新馬戦は勝ち馬から離された4着だったが、一叩きで一変。続く新潟芝2000mの未勝利戦は、2着に6馬身の差をつける楽勝。勝ちタイム2分1秒8はレコードタイムだった。
この2戦で2歳戦を終え、年が明けた中山の500万平場戦で復帰。4か月ぶりのレースも難なく勝利を収めると、G3共同通信杯へ向かう。好位を追走し直線へ向くと力強く抜け出し、ゴール前1F過ぎで先頭。サトノソルタスが迫ったが、これを抑え3連勝で重賞初制覇となった。
皐月賞は、ここ6年で共同通信杯から転戦してきた馬が4勝。長くしぶとい脚を使うタイプで、中山も合うだろう。

ジェネラーレウーノ

牧場で調整されていた頃から評判になっていた注目馬。新馬戦も単勝1.2倍の圧倒的人気に推されたが、まさかの敗北を喫している。
3か月の休養を入れて軌道修正を図ると、2戦目は抑えた初戦と違い積極策に出て、余裕をもっての快勝。500万葉牡丹賞も、ハナ差で逃げ切っている。
G3京成杯では、他馬が飛ばしたため2番手を追走。逃げ馬を交わし直線で先頭に立つと、コズミックフォース以下の差し馬勢を半馬身抑えて重賞勝ち。これで3連勝と勢いを維持して皐月賞を迎える。
中山芝2000mは2戦2勝。適性の高さを生かして粘り切りたい。

ステルヴィオ

2歳新馬戦の開幕週にデビューし、東京芝1600m戦を1分34秒8の好タイムで楽勝。この一戦で評価は一気に高まり、オープン・コスモス賞も単勝1.3倍の人気に応えて2連勝としている。
G3サウジアラビアRCで3連勝を目指したが、マイルの速いペースで追走に苦しみ、4コーナーでは16番手。ここから猛襲したが、ダノンプレミアムには及ばず2着。続くG1朝日杯FSも同じような形で、再度ダノンプレミアムに敗れている。
G2スプリングSでは、距離が1F延びたのが良かったか、追走も楽になり中団からの競馬。勝負どころで外から進出し、エポカドーロをハナ差交わして初重賞タイトルを手にした。
ここまでダノンプレミアム以外には負け知らず。天敵不在のここはチャンス到来だ。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。