2018年3月24日(土)

11R

2018年3月24日(土) | 3回中山1日 | 15:45発走

第66回日経賞(GII)

芝・右 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

ガンコ

デビューから4戦は芝で走っていたが、5戦目以降は21戦連続でダートを使い、この間に初勝利を含め3勝を挙げている。暮れの1000万江坂特別では、約2年ぶりに芝のレースに出走。7番人気と評価は低かったが、2番手から抜け出し快勝した。
この勝利を機に芝で連戦し、格上のG2日経新春杯に挑戦。2番手追走からしぶとく粘り、パフォーマプロミスの3着に入線。自己条件に戻った1600万松籟Sは、アドマイヤロブソンを相手に3馬身半差の楽勝と、芝を3戦して更に上昇を見せている。
芝では底を見せておらず、どこまでパフォーマンスを上げていくのか楽しみである。

キセキ

2歳時に新馬戦を楽勝したときは、その勝ちっぷりから大器の雰囲気も漂ったが、2戦目以降は人気を裏切るケースも多く、春のクラシックは出走すら叶わなかった。
春に無理をしなかったのが良かったか、休養を挟んで夏に激変。500万、1000万信濃川特別を余裕たっぷりで連勝すると、G2神戸新聞杯はダービー馬レイデオロに続く2着。G1菊花賞では、極悪馬場の中を力強く抜け出し、クリンチャー以下に快勝。デビュー時に見せた大物感は、やはり本物だった。
続く香港遠征完敗は、タフな菊花賞激走の影響があったか。その疲れも癒え、調教では素晴らしい動きを披露。目標は次のG1天皇賞春だが、前哨戦から動ける状態だ。

サクラアンプルール

年齢を重ねてじわじわ力をつけ、6歳になってオープンクラスで活躍。昨年のG2中山記念では人気薄ながらネオリアリズムの2着に善戦。ロゴタイプ、ヴィブロスらG1馬4頭に先着した。この激走がフロックで無かったことはG2札幌記念で証明。人気のヤマカツエース、エアスピネルらG1好走組を交わし、初重賞勝ちを収めた。
悔しい結果となったのはG1有馬記念。馬群の中から抜け出す勢いだったが、外からスワーヴリチャードに押圧される形で態勢を崩し、ブレーキがかかって最下位に終わってしまった。
G2中山記念を叩き、状態はアップ。有馬記念と同コースで悔しさを晴らしたい。

ゼーヴィント

3歳時にラジオNIKKEI賞で重賞初勝利。秋はG2セントライト記念で2着に入ったが、G1菊花賞には向かわずG3福島記念へ。名より実を獲りに行った形だが、ここを2着に敗れると、G2アメリカJCCも2着と惜しいレースが続いた。
その後に脚部不安が出て休養、復帰は5か月半ぶりのG3七夕賞。先に動いたマイネルフロストを追いかけ、直線では一騎打ち。この争いを制し、2着続きに終止符を打った。
G1を目指す存在になってきたが、骨折で再度休養。今回は長期休養明けとなる。七夕賞が示すように鉄砲駆けする馬。久々でも侮れない。

トーセンバジル

セレクトセールで1億円を超える高額がついた良血馬。デビュー当初は期待に結果が追いつかなかったが、古馬になって本格化。4歳時に3連勝し、条件戦からG1ジャパンCに歩を進めたが、さすがに見せ場なく終わっている。
昨年はG2阪神大賞典でサトノダイヤモンド、シュヴァルグランのG1クラスを相手に3着。秋にはG2京都大賞典でスマートレイアーに半馬身差2着。G1香港ヴァーズでは、世界トップクラスのハイランドリールから0.4秒差の3着と力はあるのだが、未だ重賞勝ちは無し。
絶好調の藤原英厩舎所属で、今こそ初重賞勝ちのチャンスだ。

ロードヴァンドール

この馬の存在感を上げたのは昨年のG2金鯱賞。大阪杯のG1格上げに伴い時期が変更され、メンバーも大幅にアップした一戦。これまでの実績から7番人気と穴馬の評価だったが、持ち味の積極策で先手を取ると、好位で追走していたルージュバックらが伸びを欠くのを尻目に逃げ粘り、ヤマカツエースの2着に入線。G2の別定戦で好走したことは、自信になったはずだ。
その後は展開や馬場に恵まれず苦戦が続いたが、暮れのG3中日新聞杯で3着と復調。前走のG2日経新春杯は2400mが微妙だったが、2着に逃げ粘り距離不安を払拭した。
コーナーを6回回る中山2500mの特性を生かし、逃げ切りを狙う。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。