sportsnavi

2018年3月4日(日)

11R

2018年3月4日(日) | 2回中山4日 | 15:45発走

第55回報知杯弥生賞(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

オブセッション

重馬場となった新馬戦は、道悪に脚をとられたか少々苦戦しての勝利。ただ2着のラムセスバローズは、次戦を楽勝。3着のエイムアンドエンドは後にG3共同通信杯で3着とメンバーもなかなか強かった。
続く500万シクラメン賞は待望の良馬場で真価を問われる一戦だったが、予想以上の変わり身を見せてくれた。落ち着いて中団を追走し、直線は自信をもって外へ進出。すると豪快な伸び脚で他の馬を圧倒。単勝1倍台の断然人気だったダノンフォーチュンに4馬身差をつける圧勝劇を演じた。
勝ち時計の1分45秒6も、2歳の芝1800m戦のレコードタイム。それでも、まだまだ余裕を感じさせるレースぶりで、能力は底知れない。

サンリヴァル

新潟の新馬戦は、3頭の叩き合いを制して勝利。オープン芙蓉Sは、2番手を追走し、直線で逃げ馬を交わし先頭に立つと、G3札幌2歳S2着のファストアプローチを寄せ付けず、デビューから2連勝とした。
ここで間隔を開け、G1に格上げされたホープフルSに歩を進める。ここでも2番手につけ直線でいったんは抜け出したが、タイムフライヤーら差し馬勢に飲み込まれ4着でゴール。上位馬の多くは差し・追い込み馬ばかりだったことを考えると、先行した同馬は着順以上の評価が必要だ。
今回のメンバーには強力な先行馬ダノンプレミアムがおり楽なレースは望めないが、ホープフルSの経験を生かして、上位に残りたい。

ジャンダルム

新馬戦を快勝し、G2デイリー杯2歳Sへ。先頭に立ったカツジの内から忍び寄ると、これをきっちり捉え快勝。この後は同じマイル戦のG1朝日杯FSに向かうと思われたが、矛先は2000mのG1ホープフルSへ。母は1200mのG1ウイナーであるビリーヴ、半兄ファリダット、半姉フィドゥーシアも短距離で活躍しており、2000mの距離に疑問もあったが、レースで不安を払拭。最後はタイムフライヤーに差されたが、前崩れの展開をまくり気味に進出しての2着は内容も濃く、スタミナ面に問題がないことを示してくれた。
1週前調教では、併せたサトノダイヤモンドに先着と仕上がりは文句なし。前走以上の結果も期待できる。

ダノンプレミアム

夏の阪神でデビューし、4馬身差の楽勝。夏はこの一戦のみで休養し、秋はG3サウジアラビアロイヤルCから始動。ハイペースで逃げるハクサンフエロを見ながら2番手を追走。直線半ばでこれを交わし先頭に立つと、後続を全く寄せ付けず、東京芝1600m1分33秒0のレコードタイムで楽々2連勝を決めた。
G1朝日杯FSでも速めのペースを好位で追走すると、直線で瞬く間に後続を引き離し、3馬身半差の大楽勝を決めた。G3からG1とレースの格が上がって更に後続との差を広げたように、能力の上限は測り知れない。
スピードがあり過ぎて2Fの距離延長を不安視する声もあるが、好位で抑える競馬もでき、終いも切れることから心配はあるまい。

ワグネリアン

夏の中京の新馬戦は、評判馬ヘンリーバローズを相手に一騎打ち。上がり3F32秒台の強烈な追い合いを制し、ハイレベルな内容で初勝利を飾った。
次戦はオープン野路菊S。ここも外から一伸びすると、あっという間に後続に差をつけ大楽勝。G3東京スポーツ杯2歳Sは単勝1.4倍の圧倒的人気に推された。中団を追走し、前2戦と同様外から伸びると、残り1Fあたりで早くも先頭。最後は抑える余裕もあり、クラシックの登竜門を楽勝で通過した。
終いの切れ味は、3歳馬のトップと評価できるもの。同じく無敗の3連勝であるダノンプレミアムを倒せば、クラシックは目前に迫る。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。