2018年1月21日(日)

11R

2018年1月21日(日) | 1回中山7日 | 15:45発走

第59回アメリカジョッキークラブカップ(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

ゴールドアクター

歓喜に包まれた2015年有馬記念。G2アルゼンチン共和国杯を勝って臨んだものの、G1級と戦った経験が少なく、当時は8番人気。好スタートを切り、遅めのペースを3番手と絶好位でレースを進め直線に向くと、逃げたキタサンブラックを交わし、急襲してきたサウンズオブアースも抑え、見事に第60代グランプリホースの座に輝いた。
翌年の有馬記念でもサトノダイヤモンド、キタサンブラックを相手に真っ向勝負を挑み、好内容の3着。昨年は有馬記念に出走できなかったが、上半期を締めくくるG1宝塚記念でサトノクラウンに続く2着に入線し、健在ぶりをアピールした。
その宝塚記念以来のレースで100%のデキとは言い難いが、能力の違いで久々の勝利を掴みたい。

ショウナンバッハ

2015年11月の1600万ノベンバーS以来、2年以上勝利から遠ざかっており、現在19連敗中。馬券圏内も2年前のG2アメリカJCC3着以来一度もない。
しかし近走を見ると6戦連続で勝ち馬から0.5秒以内まで詰めており、内容は悪くない。3走前のG2オールカマーでは、中山で上がり3F33秒5の時計をマークし、勝ち馬ルージュバックに0.2秒差の5着。2走前のG3福島記念は、追い込んで勝ち馬ウインブライトから0.2秒差の5着。そして前走中日新聞杯も、メンバー2位の上がりで4着。3着とはハナ差だった。
末脚は確かで、レースも堅実。展開が向けば、久々の馬券圏内も見えてくる。

ダンビュライト

昨年のクラシック3冠は全て出走。G1皐月賞は、外から進出し一時は優勝も見えたほど。ゴール前でアルアイン、ペルシアンナイトに内から交わされ3着も、大きな見せ場をつくった。G1ダービーは苦手な瞬発力勝負となったが、少差の6着。極悪馬場のG1菊花賞では、4コーナーで先頭に立つ積極策。最後は力尽きて5着も、皐月賞に続いて見せ場をつくった。
タフな菊花賞の反動が気になった1600万サンタクロースSだが、問題なく力の違いを見せつけて快勝。久々の勝利で勝ち癖をつけ、アメリカJCCに臨む。
中山コースはG2弥生賞、皐月賞ともに3着と適性は十分。決め手があるタイプではないので、スローの瞬発力勝負は嫌だが、冬の中山ならそんな競馬にはなるまい。しぶとさを生かして、上位に食い込みたい。

ミッキースワロー

デビュー戦は5着も、2戦目で変身し、一捲りの派手な競馬で圧勝。500万ひめさゆり賞も、切れ味の違いで連勝。G2京都新聞杯で3連勝の期待が高まったが、強気な競馬がアダとなって5着に沈み、1000万いわき特別は消極的な競馬で届かず3着と、チグハグな競馬が続いた。
秋初戦のG2セントライト記念は、新たに横山典騎手を鞍上に迎えると、計ったような差し切りを決め、ようやく高い能力に相応しい結果が伴った。G1菊花賞では3番人気も、どろどろの馬場に持ち前の末脚を封じられ6着に終わっている。
デビューが遅いため、まだまだ上積みが見込める馬。今年は更なる飛躍が期待されている。

レジェンドセラー

2戦目で初勝利も、2勝目はデビューから9戦目。500万クラスで6連敗中の全てが1番人気だったように、周囲からの期待は高かった。
格上げ初戦の1000万札幌日刊スポーツ杯は4着敗れたが、続く京都の1000万平場戦は2番手から抜け出し、2着に2馬身半差の快勝。格上げ初戦のオリオンSは中団後ろからの競馬になったが、4コーナー手前から徐々に進出し、最後は3頭の叩き合いをハナ差制し勝利。500万で6連敗した時期もあったが、最近は4戦して3勝と、期待通りに成長してきた。
初めての重賞が別定戦のG2と厳しい状況だが、ここへ来ての変わり身はメンバーの中でも特に目立つもの。成長力を生かして上位を目指したい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。