2018年11月25日(日)

11R

2018年11月25日(日) | 5回東京8日 | 15:40発走

第38回ジャパンカップ(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:30000、12000、7500、4500、3000万円 |

アーモンドアイ

G1桜花賞前は、G2チューリップ賞まで4連勝のラッキーライラックこそが3冠候補と評される存在だったが、レース後は評価が大逆転。別次元の末脚でラッキーライラック以下を圧倒し、アーモンドアイという怪物牝馬が出現した瞬間を皆が共有した。続くG1オークスは、いつもより早めの位置につけたが、それでも末脚に翳りは無く快勝。3冠がかかったG1秋華賞は、逃げたミッキーチャームが直線で後続を引き離しにかかったが、桜花賞の脚を再現し、瞬く間に差し切り。ジェンティルドンナ以来史上5頭目の3冠牝馬が誕生した。
秋華賞を叩いてジャパンC出走は予定通り。初めての古馬相手だが、この馬の能力と斤量差を考えれば、恐れるものは何もない。更に勲章を増やし、史上最強牝馬の称号へ突き進む。

サトノダイヤモンド

一昨年にG1菊花賞、G1有馬記念と連勝。その有馬記念でキタサンブラックを捻じ伏せたときは、日本競馬界を背負って立つ存在として期待感は高まり、日本馬初のG1凱旋門賞制覇も難しくは無いと見られた。しかし凱旋門賞でまさかの15着大敗を喫すると、成績は急降下。今春のG1大阪杯、G1宝塚記念はともに掲示板にすら載れなかった。
復活を期したG2京都大賞典は、中団から早めに進出し直線中程で先頭。ゴール前でレッドジェノヴァが迫ったが、何とか粘り切った。
前走内容を見る限り、G1連勝時には及ばないが、久々に勝利を掴んだ事実は大きい。モレイラ騎手を鞍上に迎え、どこまで能力を引き出せるか。絶頂時の力を出せれば、勝機は見えてくる。

ミッキースワロー

昨年のG2セントライト記念では、皐月賞馬アルアインを並ぶ間もなく交わし、評価は急上昇。G1菊花賞では2番人気に推されたが、セントライト記念で披露した末脚は極悪馬場に殺がれ、6着に終わっている。
今年はG2アメリカJCCから始動。単勝2.1倍の高い支持も、ダンビュライトの2着。G1大阪杯は後方から脚を伸ばし、勝ち馬スワーヴリチャードから0.5秒差の5着まで押し上げている。4か月半間隔を開けて出走したG2札幌記念は、後方で動けず13着と大敗。菊花賞もそうだったが、重い馬場は苦手なようだ。
菊花賞以降は間隔を開けつつの出走で今回も約3か月ぶりだが、もはや休養明けのレースは慣れたもので不安はない。実績では他の有力馬に見劣るが、末脚の破壊力は出走馬の中でも上位。実績馬はピークが過ぎた馬も多く、今年のメンバーなら馬券圏内も狙える。

キセキ

昨年のG1菊花賞馬も、この時の極悪馬場を激走した反動か、その後は不振が続いた。
それも秋になって復調気配。G2毎日王冠では、2番手を追走。逃げたアエロリットを捉えられず、ステルヴィオにも差されたが、3着に入線。他馬より2キロ以上重い58キロの斤量を考えれば上々だ。そしてG1天皇賞・秋でも積極的に先手を取ってマイペースの逃げ。最後はレイデオロ、サングレーザーに交わされたが3着に粘り、久々に好走を連発した。
不安のあったスタートや折り合い面で進境が見られ、安定感が増しているのは好材料。メンバーを見ると目立った先行馬が少なく、展開面で有利に運ぶことは可能だ。菊花賞時のような重い馬場になれば、チャンスは更に広がる。

シュヴァルグラン

昨年のG1ジャパンCの覇者。その昨年は、1番枠を利して好位追走。直線で中ほどに持ち出されると、人気のキタサンブラックを交わして先頭、差してきたレイデオロの追撃を抑え、念願のG1タイトルを手にした。続くG1有馬記念では、直線で致命的な不利を食らいながら3着と、G1馬の力はしっかり見せつけた。
今春はG1天皇賞・春を最大目標に、G1大阪杯を叩いて臨戦。強気な競馬で進めたが、ゴール寸前にレインボーラインに交わされ惜しくも2着に泣いた。
秋の目標は当然ジャパンCの連覇。前哨戦のG2京都大賞典は4着だが、昨年も3着からジャパンC優勝に繋げており心配はない。主戦のボウマン騎手が騎乗できないが、Cデムーロ騎手を確保し、2連覇へ向けてカバーはできている。

スワーヴリチャード

昨年はG1こそ勝てなかったものの、G1日本ダービーではレイデオロと一騎打ちの2着。G1有馬記念でも、直線で目立った脚を見せての4着と力は示せた。
もとより完成は古馬になってからと言われてきたが、その見立て通りに今年は躍進の年となった。G2金鯱賞を難なく勝利し、迎えたG1大阪杯。出遅れて後方からの競馬となったが、ペースの落ちた向正面で一気に番手を上げ、3コーナーで先頭。直線に入っても脚色乱れずそのまま押し切り、G1ウイナーの座に輝いた。その後はG1安田記念3着と好走。久々のG1天皇賞・秋は人気を裏切り崩れたが、スタート直後にマカヒキにぶつけられた影響が最後まで響いたので、それほど気にしなくてもいいだろう。
左回りの2400mはベストと言ってもいい舞台。前走を度外視して再度期待したい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。