2018年11月3日(土)

11R

2018年11月3日(土) | 5回東京1日 | 15:35発走

第54回京王杯2歳ステークス(GII)

芝・左 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

アウィルアウェイ

一つ上の半兄に、デビューから2連勝、重賞でも上位に来ているインディチャンプがおり、デビュー前から注目されていた一頭。2歳戦が始まって2週目の阪神芝1200mの新馬戦に出走し、中団から差し切りを見せた。
勝ったものの1200mは少々短い感もあり、続く1400mのオープン・ダリア賞で真価発揮が期待された。レースは1400mにしてはペースが緩く、中団以降につけていた同馬には不利な流れ。案の定上り2Fは11秒0-11秒2と速くなり、先行馬断然有利の流れだったが、これを外から鮮やかに差し切る強い内容で連勝。やはり1400mへの距離延長はプラスだった。
再度の1400m戦。G2といっても相手は1200mの実績馬ばかり。適性でも能力でも上を行く同馬が3連勝の可能性は大だ。

アスターペガサス

調教が地味だったこともあり、函館の新馬戦は5番人気。2番手でレースを進め、直線に入るとグイグイ伸びて快勝。上り2Fは11秒7-11秒5と、洋芝の函館では珍しい加速ラップ。これでは他馬は手も足も出ない。
初戦の内容と、直前の猛調教もあって、G3函館2歳Sは2番人気。レースでは初戦のように好位置を取れず、後方からの競馬。4コーナーでも後方におり、短い直線では厳しい状況だったが、エンジンがかかると狭いところを抜け出し、勝利態勢に入っていたラブミーファインを強襲すると、これをハナ差捉えた。
血統的に、速い上りが要求される東京コースは微妙だが、能力的には上位争いに加われるはずだ。

カルリーノ

新馬戦は4着も、最速上りで入線。続く未勝利戦は、好位から抜け出し快勝。2、3着馬が既に勝ち上がっているように、メンバーも濃い一戦だった。
この内容が評価され、G3函館2歳Sは3番人気の支持。レースはスタートで後手を踏むも、二の脚で好位に位置。4コーナーでは馬群の外から進出し勝利を窺う勢いだったが、後方から強襲したアスターペガサスに交わされ、逃げたラブミーファインにも及ばず3着。ただ勝ち馬から0.1秒と差は僅かであり、スタートがスムーズなら1着もあったかもしれない。
兄姉は短距離で活躍も、同馬は父のマツリダゴッホから、1F延長が不利になるとは思えない。

シングルアップ

2歳戦開幕週の6月3日阪神芝1400m戦でデビュー。好位から楽々抜け出し、1分21秒8の好タイムで新馬勝ちを収めてる。その後は夏の小倉を目標にし、2か月ぶりのオープン・フェニックス賞はプラス14キロ。G3小倉2歳Sの叩き台のイメージもあったが、難なく逃げ切りを決めている。
2連勝で迎えたG3小倉2歳Sは1番人気。馬体重も8キロ絞れ準備は整ったかに見えた。だが他馬のゲート入りに時間がかかり、その影響かスタートで出遅れ。すぐに挽回を策すも、ここで脚を使ったのが響いたか、直線で失速し6着と人気を裏切った。
キンシャサノキセキ産駒は、4年前サフィロスが2着、3年前アドマイヤモラールが2着、一昨年モンドキャンノが優勝、昨年カシアスが2着と好相性。データの後押しもあり、チャンス到来だ。

ファンタジスト

7月の小倉芝1200m戦でデビュー。2番手から抜け出すと、ディアンドルの追撃を受けたが、クビ差残っての勝利。一見地味な勝ち方だったが、その2着馬が次の未勝利戦からオープン・カンナSと連勝したことから、このレースは十分価値のある一戦だった。
G3小倉2歳S前には、坂路調教で上り1F11秒台を連発して好調をアピールし、レースも3番人気。他の先行勢が脱落する中、同馬のみは2番手から抜け出し、混戦の2着争いを尻目に快勝。終わってみれば、一頭だけ能力が抜けていたと思わせる競馬だった。
距離が1F延びるが、血統、走法から問題はなし。初年度から牝馬三冠馬を出したロードカナロア産駒で、今世代は同馬が父の名を広める存在になりたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。