sportsnavi

2018年10月13日(土)

11R

2018年10月13日(土) | 4回東京4日 | 15:45発走

第66回アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(GII)

芝・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 | レコードが出たレース

アドマイヤリード

幻のG1馬と評される5戦4勝のシルバーステートに、唯一の黒星を新馬戦でつけた馬。ただ新馬勝ち直後は目立ったレースも少なく、本格化したのは4歳になってから。条件戦を連勝すると、格上げ初戦のG2阪神牝馬Sで、当時の牝馬ナンバー1ミッキークイーンの2着と好走。そのまま上昇気流に乗り、G1ヴィクトリアマイルでは自慢の末脚が炸裂し、瞬く間にG1ウイナーの座に駆け上がった。
昨年のG2府中牝馬Sに出走し3着も、上り32秒台の切れ味を披露し順調に来ていたが、目の外傷で休養。これで調子が狂ったか、今年初戦のG3東京新聞杯は珍しく大敗し、2番人気に推されたG1ヴィクトリマイルも見せ場なく8着に終わった。
末脚の切れは現役牝馬でもトップクラス。G1を勝った東京の舞台で、復活の狼煙をあげたい。

ジュールポレール

G1マイルCSの勝ち馬サダムパテックの半妹という良血で期待されたが、3歳夏までは最下級条件に甘んじていた。秋になって500万平場戦を勝つと突如エンジンがかかり出し3連勝。オープン入りしても格負けせず、G2阪神牝馬Sはミッキークイーンの3着、G1ヴィクトリアマイルもアドマイヤリードの3着と、G1を窺う位置に伸し上がった。
昨秋は2200mのG1エリザベス女王杯に出走し大敗。今年はマイル路線に戻しG2阪神牝馬Sは5着に入り、調子を戻して目標のG1ヴィクトリアマイルに臨む。中団でしっかり脚を溜め馬群の外から進出すると、ゴール寸前で粘るレッドアヴァンセを交わし、猛然と追い込んできたリスグラシューもハナ差抑え、G1タイトルを獲得した。
恐らく秋は、兄も勝ったマイルCSが目標と思われるが、秋初戦は1800m。この距離は以前に勝っており心配ない。

ソウルスターリング

新馬からG1阪神JFを挟み、G3チューリップ賞まで無敗の4連勝。G1桜花賞は緩い馬場に泣かされ3着と敗れたが、良馬場のG1オークスでは真価発揮。横綱相撲で快勝し、3歳牝馬ナンバー1の座を確立した。その後は古馬王道路線に挑戦し8、6、7着。上位人気が多かったので期待外れという見方もあるが、3歳牝馬の立場を考えれば仕方ない面もあった。
今年は牝馬のマイル路線を選択。ここなら上位争いは必至というのが周囲の見立てだったが、G2阪神牝馬Sは10着、G1ヴィクトリアマイルは7着と、3歳春までの活躍が嘘のような結果が並んだ。前走のG3クイーンSで3着に入線したが、この馬の力を考えれば内容は物足りない。
強豪が揃ったG2府中牝馬Sで見せ場をつくれれば、視界は開ける。

ディアドラ

昨年の3冠レースに全て出走。G1桜花賞6着、G1オークス4着とジワジワ成績を上げ、更に1000万HTB賞、G3紫苑Sを連勝し、勢いをつけて3冠最後のG1秋華賞へ向かった。重い馬場に苦しむ馬が多い中、この馬は唯一35秒台の脚を繰り出し、ゴール前で急襲。リスグラシュー以下を差し切り、3連勝でG1を制した。
その後G1エリザベス女王杯12着、G2京都記念6着と成績を落としたが、世界の強豪が揃うG1ドバイターフで3着と力走。ドバイでG1勝ちの実績を持つヴィブロス、リアルスティールと接戦を演じた。これで流れは一変。前走のG3クイーンSは一捲りで楽勝。段違いの強さだった。
今秋の目標は、昨年大敗したエリザベス女王杯か。今回は叩き台だろうが、前走の強さから100%の仕上げでなくても勝ち負けできる。

ミスパンテール

キャリア一戦、長期休養明け、初めての坂など不安材料が並んだG3チューリップ賞で2着に入線。この一戦で評価が一気に上がったが、以降3戦は二桁着順が続いた。
1600万清水Sで新馬戦以来の勝利を得て復調すると、これで弾みがつきG3ターコイズS、G3京都牝馬Sと連勝。続くG2阪神牝馬Sは、重賞2連勝で臨んでも4番人気。それもそのはず上位人気は、G1で勝ち負けしてきた猛者ばかり。ここで鞍上の横山典騎手は、これまでの末脚を生かした競馬とは違い、逃げを選択。うまくマイペースに持ち込み、まんまと逃げ切りを果たし、重賞3連勝とした。G1ヴィクトリアマイルで連勝は途絶えたが、勝ち馬から0.3秒差の5着に入っている。
逃げ、差しの二刀流で、展開に左右されないのは強み。どんなレースを展開するか楽しみである。

リスグラシュー

ここまでG1勝ちはないが、2着は4度。中には勝ち馬と遜色ないレースもあり、評価はG1ウイナーと変わりなく高い。特に惜しかったのは今年のG1ヴィクトリアマイル。直線に入り外から猛襲。勝ち馬ジュールポレールに並びかけたところがゴールで、結果は僅かにハナ差届かず。あと数完歩で交わせる勢いだっただけに悔やまれる一戦となった。
ここまで重賞は2勝しているが、どちらも東京コース。G3東京新聞杯では、G1ウイナーのサトノアレスを含む牡馬勢を蹴散らしている。牡馬相手のG1と、2200m以上のレースを除けば11戦して全て馬券圏内に来ている馬。牝馬限定の1800m戦なら、大崩れはないだろう。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。