2018年6月3日(日)

11R

2018年6月3日(日) | 3回東京2日 | 15:40発走

第68回安田記念(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 |

サトノアレス

2年前のG1朝日杯FSの勝ち馬。3歳時は巴賞を勝つなどオープン特別では活躍したが、重賞では結果を出せずG1馬としては物足りない内容。しかし古馬になって再度上昇し、G3東京新聞杯では2着。後方から最速上がりで強襲した末脚に、G1ウイナー復活の兆しが見えた。
続くG2京王杯SCは、初めての1400m。道中はいつものように後方で脚を溜め直線勝負。スイッチが入ると、前走同様一気に脚を伸ばし上位に接近。最後はムーンクエイク、キャンベルジュニアに及ばず3着だったが、レコードと同タイムをマークし、勝ちに等しい内容だった。
1Fの距離延長は大きく、朝日杯FS以来のG1勝ちも見えてきた。

サングレーザー

クラシックを目指しG1ホープフルSにも出走したが、折り合いが難しく以降は距離短縮。これが大きかったかレース内容も向上し、3連勝でオープンへ。G2スワンSでもクラスの壁を感じさせず、直線一気の差し切り。G1マイルCSで敗れ連勝は4でストップしたが、強豪を相手に3着と善戦した。
今年はG2マイラーズCから始動。マイルCSで先着を許したエアスピネルをはじめ厳しい相手だったが、豪快な差し切りを決め、レコードのおまけもついた。
持ち味の末脚は、古馬になって更に勢いを増しており、マイルCS以上の結果を求めてもいい。ダービーで神騎乗を見せた、福永騎手にも注目。

スワーヴリチャード

昨年の今頃は2400mのG1日本ダービーに出走し2着。秋も長距離路線を歩み、2500mのG2アルゼンチン共和国杯は楽勝。G1有馬記念も、不安視された右回りで4着に入線している。
古馬になり、G2金鯱賞は折り合いを欠いたが、力で押し切っての勝利。G1大阪杯は、鞍上が向正面から仕掛ける強気な競馬にしっかり応え、ペルシアンナイト以下に危なげなく快勝。苦手だった右回りも克服し、G1ウイナーの座を射止めた。
初のマイル戦になるが、折り合いの不安が解消される面もあり、マイナスばかりでもあるまい。元々得意な左回りに変わるのは良く、スピード競馬も力でねじ伏せたい。

ペルシアンナイト

G3アーリントンCを快勝するなど早くからマイラーとして高い資質を見せていたが、まずはクラシック戦線に挑戦し、G1皐月賞は2着。だがG1日本ダービーで7着に終わると、秋はマイル路線に転じている。一叩きで迎えたG1マイルCSは、先に抜け出していたエアスピネルをゴール寸前に急襲。これをハナ差交わし、秋のマイル王に輝いた。
今年は2000mのG1大阪杯に照準を合わせ、この馬らしい脚を見せたが、スワーヴリチャードに及ばず2着に敗れた。
今度はホームグラウンドと言っていいマイル戦。この距離でスワーヴリチャードに負けるわけにはいかない。

リアルスティール

3歳時はクラシック3冠全てに出走し2、4、2着。2着時の勝ち馬はドゥラメンテ、キタサンブラックだから、この馬の成績も胸を張れるものだ。
3冠こそ獲れなかったが、能力からG1勝ちは時間の問題。その瞬間は海外だった。2年前のドバイターフでは、ムーア騎手を鞍上に迎え見事な差し切り。実力はワールドクラスであることを証明した。
これで国内G1でも大活躍と思われたが、直後のG1安田記念はまさかの大敗。以降もG2毎日王冠を勝ったが、G1は天皇賞・秋で2着など、あと一歩届いていない。
ドバイターフ勝ちから2年が経ち6歳となったが、直前のドバイターフでも3着に来ており、衰えは感じられない。2年前に大敗した安田記念だが、今年は違うところを見せたい。

リスグラシュー

阪神JF、桜花賞、秋華賞とG1の2着が3度。4歳になった今年はG1勝ちが大目標だ。まずは2歳時のG3アルテミスS以来の勝利を目指し、G3東京新聞杯に出走。牡馬の強豪も集まりG3にしては手強い相手だったが、中団からしっかり抜け出しサトノアレス以下に快勝している。G2阪神牝馬Sは3着も、展開を考慮すれば負けて強しの内容だ。
そして迎えたG1ヴィクトリアマイルは1番人気と、悲願達成の舞台は整った。しっかり折り合いもつき、直線でも素晴らしい差し脚を見せたが、ジュールポレールに惜しくもハナ差及ばず2着と、またしても悔しい結果となった。
前走より相手強化だが、安定した末脚は牡馬のトップクラスにも負けていない。今度こそ悲願のG1を勝ち取りたい。

レッドファルクス

2年連続でG1スプリンターズSを勝っているが、マイルも昨年のG1安田記念で3着に入線しており、単純なスピード馬ではない。
今年はG3阪急杯からスタート。58キロを背負い、先行有利の流れで後方を進み大外強襲と厳しい競馬を強いられながら、勝ち馬からクビ、ハナ差の3着。この内容からG1高松宮記念は1番人気に支持されたが、全く見せ場なく8着に敗れている。4コーナーまで全く位置を上げられなかったところを見ると、年齢とともにズブさも出てきたのかもしれない。
スプリンターズS2連勝から短距離馬のイメージが強かったが、今となってはマイルへの距離延長がプラスに働く可能性はある。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。