2018年5月27日(日)

10R

2018年5月27日(日) | 2回東京12日 | 15:40発走

第85回東京優駿(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円 |

ダノンプレミアム

G3サウジアラビアRCは、東京マイルを1分33秒0のレコード勝ち。G1朝日杯FSも先行策から抜け出すと、混戦の2着争いを尻目に独走し、3馬身半差の大楽勝。マイル戦で強すぎるため、距離延長を気にする見方も一部あったが、そんな声はG2弥生賞で完封。うまく折り合って2番手を進み、直線で外へ持ち出されると、余裕綽々に抜け出し快勝している。
これで4戦全勝。全て余裕をもっての楽勝で、早くもクラシック当確の声も聞こえてきた。しかし挫石のアクシデントでG1皐月賞は回避し、G1日本ダービーはブッツケとなる。気になる仕上がりだが、1週前の動きを見る限り問題はない。能力を出し切れば、自ずと結果はついてくる。

キタノコマンドール

年末の新馬戦で勝利デビュー。続くオープンすみれSは、3〜4コーナーを大外から凄まじい勢いで進出。直線で逃げたケイティクレバーの抵抗にあったが、ゴール前で捻じ伏せるように差し切って2連勝。阪神芝2200mの勝ちタイム2分11秒7は、高速馬場を考慮に入れても速い時計だ。G1皐月賞では一番外に持ち出され脚を伸ばしたが5着。展開を考えれば中身は十分だ。
今年から皐月賞は5着までにダービー出走権が与えられるようになったが、6着とは僅かにハナ差で出走権利をゲット。体質が弱いので、もう一戦使わずに済んだことは大きい。伸びしろも他馬以上で、前走以上に期待は高まる。

ゴーフォザサミット

2戦目で初勝利し、500万百日草特別は好タイムで連勝。間隔を開けて迎えたG3共同通信杯は、内の狭いところから脚を伸ばし4着に入線。上がり33秒2の時計も速く、負けても評価を上げた。しかしG2スプリングSは目立つところがなく7着に敗れ、G1皐月賞の出走権利獲得ならなかった。
目標をG1日本ダービーに向け、G2青葉賞に出走。後方からのレースだった前2戦とは違い、中団に位置して追走。直線半ばで抜け出すと、エタリオウに2馬身差をつけ快勝。時計の2分24秒4も上々だ。
ダービーと同じコースで結果を残した事実は大きく、本番でも楽しみである。

ブラストワンピース

後に2〜7着馬が勝ち上がった強いメンバーの新馬戦を快勝。2戦目の500万ゆりかもめ賞は、中団で脚を溜め直線へ向くと、鮮やかに抜け出し他馬を圧倒。4馬身差の楽勝を決めた。
間隔を開けて迎えたG3毎日杯は、2400mから1800mの距離短縮に、長距離輸送と厳しい状況だったが、結局ここでも独壇場。内から抜け出し、ギベオンに2馬身差をつけた。そのギベオンが、次戦のG1NHKマイルCで2着に来ているのだから価値も高い。
体質が弱く、なかなか使い込めないが、能力の高さは絶大。2戦目に東京芝2400mで実績を作っているのも強みで、別路線組では最も驚異の存在だ。

エポカドーロ

2戦目に勝ち上がり、500万あすなろ賞は、後の青葉賞3着スーパーフェザーに3馬身半差をつける楽勝。G2スプリングSは2番手から抜け出し勝利は目前だったが、ステルヴィオの急襲に遭い惜敗している。
迎えたG1皐月賞は、ハイペースで逃げた3頭から離れた4番手。第2グループをスローペースで引っ張る絶好の形でレースを進めると、直線ではバテた先行勢を楽に交わして先頭。直後にいたサンリヴァルの追撃を抑え、見事クラシック一冠目を制した。
距離延長、東京コースの適性に疑問はあるが、レース巧者でどんな競馬にも対応できるのは強み。好枠を引けば2冠のチャンスはある。

ジェネラーレウーノ

単勝1.2倍の新馬戦でまさかの敗北を喫したが、以降は順調。未勝利、500万葉牡丹賞と連勝し、G3京成杯へ。緩みの無いペースを積極的に2番手で追走し直線へ。ゴール前で差し馬勢が迫ったが、コズミックフォースを半馬身差抑え3連勝を決めている。
ここから3か月の間隔を開けたG1皐月賞は、5F通過が59秒2の速いペースを2番手で追走。この先行勢から離れた位置で追走していたエポカドーロ、サンリヴァルに捕まってしまったが、以降の差し馬勢は抑えて3着に入線。久々、展開を考えると高く評価できる。
叩いた効果は大きく、調教の動きも絶好。前走以上の走りを期待していいだろう。

ワグネリアン

昨夏のデビュー戦は、上がり32秒台と新馬離れした時計を出して快勝。秋になってオープン野路菊Sは、外から豪快な差し切り。G3東京スポーツ杯2歳Sも鮮やかな差し切りを決め、3連勝で2歳戦を終えている。
ダノンプレミアムとの無敗対決が話題になったG2弥生賞は、この馬らしい末脚は見せたが、ダノンプレミアムには及ばず2着と初黒星。そのダノンプレミアム不在のG1皐月賞は1番人気に推されたが、直線で伸びを欠き7着と初めて崩れた。
その皐月賞は緩い馬場にも苦しんだが、レース前から気合乗りも悪かった。今回は調教のレベルも前走以上で、かなり攻めてきた。東京コースに変わるのも良く、巻き返しは必至だ。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。