2018年5月13日(日)

11R

2018年5月13日(日) | 2回東京8日 | 15:40発走

第13回ヴィクトリアマイル(GI)

芝・左 1600m | 天気:雨 | 馬場:稍重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 |

アエロリット

昨年のG1桜花賞では5着に敗れたものの内容は濃く、続くG1NHKマイルCでは2番人気。2番手追走から直線で外へ持ち出されると、最後まで脚色が乱れず他馬を圧倒。1馬身半という着差以上の強さでG1馬に輝いた。夏競馬にも出走し、G3クイーンSは思い切った逃げに出ると、古馬陣を相手にせず楽々逃げ切っている。この2戦からG1秋華賞は1番人気に支持されたが、直線で失速し7着に敗れ休養に入っている。
今年はG2中山記念から始動。ペルシアンナイト、ヴィブロスらG1ウイナーが出走した好メンバーだったが、先行策から粘り込み2着と、上々のスタートを切った。
前走から1Fの距離短縮、そしてG1を勝った同コースで、2度めのG1戴冠の舞台は整っている。

アドマイヤリード

3F32秒台の末脚を武器に派手な追い込みを見せ、条件クラスに在籍時から大物の雰囲気を感じさせていた。その期待に応え、古馬になって条件戦を連勝すると、G2阪神牝馬Sで2着に入り、G1ヴィクトリアマイルへ。ここでも得意の末脚がフル回転し、直線で豪快な差し切りを決め、瞬く間にG1ウイナーの座に駆け上がった。
その後は展開や体調の問題で崩れたレースもあったが、復調を見せたのが前走の阪神牝馬S。いつもより前めの位置につけて5着入線。勝ち馬から0.1秒差なら悪くない。
元より目標は、昨年勝った当レース。近年はヴィルシーナ、ストレイトガールと連覇した馬が続いているだけに、この馬も流れに乗りたい。

ソウルスターリング

昨年の今頃は旋風を巻き起こしていた馬。新馬、オープン特別、G1阪神JF、G3チューリップ賞と無敗の4連勝。G1桜花賞3着で初めて土がついたが、G1オークスでは、この馬本来の力を発揮し楽勝している。
秋は古馬の王道路線を選択したが、G2毎日王冠で人気を裏切ると、G1天皇賞・秋、G1ジャパンCも掲示板に載れず。引っかかり癖が前面に出て来て、距離の不安が露呈されていた。それだけに前走のG2阪神牝馬Sは、マイルへの距離短縮で久々に好走の期待がかかったが、ここでも折り合いを欠き、直線で失速してしまった。
勝ち負けできる能力があることは間違いないのだが、とにかく折り合えるかがカギになる。

ミスパンテール

新馬勝ちの後、約7か月の長期休養を経て出走したG3チューリップ賞では、鮮やかに伸びて2着に入線。多くの不利な条件を覆しての好走に、相当な能力を感じさせた。しかし直後のG1桜花賞で崩れると、その後も大敗が続いた。
自己条件の1600万清水Sで久々の勝利を得ると、ここから快進撃。G3ターコイズS、G3京都牝馬Sと連勝。得意の差し脚が蘇ったが、前走のG2阪神牝馬Sでは更に変身。初めて逃げ戦法を見せると、直線でも二枚腰を発揮し、重賞3連勝を果たした。
逃げ、差しの二刀流を得たのは大きな武器。勢いに乗ってG1獲得を目指す。

リスグラシュー

2歳時にG3アルテミスSを快勝。その後は阪神JF、桜花賞、秋華賞とG1で3度の2着と、牝馬の中でもトップクラスの力があることを認識させた。ただ勝ち味に遅いのも事実で、その点では物足りなさもあった。
迎えたG3東京新聞杯は、重賞では初めて牡馬との対戦だったが、全く臆せず中団から鋭く差し切り、久々の勝利を掴んだ。G2阪神牝馬Sでも脚を溜めて末に賭けたが、先行した2頭がそのまま残る展開に泣き3着。差し馬の中では唯一掲示板に載り、着順以上の内容と評価できるレースだった。
東京マイルは、2つの重賞勝ちからもベストのコース。もう2着は要らない。

レッツゴードンキ

3年前のG1桜花賞勝ち馬。この時はスローペースで逃げ、最後を33秒台の脚でまとめ、後続を完封している。しかし使う毎に折り合い難が出始め、成績も不安定に。距離不安も露呈し、主戦場は1400m以下となってきている。
おかげで折り合い難も目立たなくなり、昨年は高松宮記念、スプリンターズSと1200mのG1で2度の2着。今年の高松宮記念でも、ファインニードルとの叩き合いにハナ差2着と惜敗も、高いレベルで成績は安定している。
ここ2戦のG1成績からも力は足りるが、今回はマイル戦。力まず走れるかがポイントとなる。

レーヌミノル

2歳夏のG3小倉2歳Sは大楽勝。その後は距離が延長されるにつれ成績は少しずつ下降し、G1桜花賞は単勝40倍台にまで人気は落ちていたが、大舞台で逆転。断然人気のソウルスターリングが伸びあぐねるのを尻目に、好位から抜け出し快勝。見事に桜の女王に輝いた。
その後は1800m以上のレースを3戦して大敗。適距離に戻ったG1マイルCSは強豪牡馬陣が相手で、桜花賞時と同様人気を落としていたが、勝ち馬ペルシアンナイトから0.2秒差の4着と善戦した。これで復調と思われたが、以降3戦は距離が短かったのか掲示板にも載れていない。
大崩れの無いマイル戦に戻り、再度成績を向上させたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。