2018年5月12日(土)

11R

2018年5月12日(土) | 2回東京7日 | 15:45発走

第63回京王杯スプリングカップ(GII)

芝・左 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5900、2400、1500、890、590万円 |

グレーターロンドン

新馬戦を大楽勝したときは大器の呼び声もあったが、脚部不安に悩まされ長期休養が2度。それにもめげず、休養を挟んで5連勝を記録。初めての重賞挑戦がG1となった安田記念でも4着に入線し、もはや重賞勝ちは時間の問題と思えた。
G2毎日王冠でも3着し期待は高まるばかりだったが、G1天皇賞・秋は極悪馬場に泣き大敗。以降3戦も人気を裏切る結果となっている。ただ大きく負けているわけではなく、2走前は0.4秒差、前走は直線で前が壁になる不利がありながら0.5秒差と、勝ち馬から大きな差はない。
初の1400mとなるが、母のロンドンブリッジは1400mで重賞勝ち。この距離でも走れる下地はある。

サトノアレス

G1朝日杯FSを制し、早くから頭角を現したが、クラシックシーズンは奮わず。夏のオープン巴賞で勝利も、G3函館記念で1番人気6着と、なかなか波に乗れなかった。
秋になり、G3富士Sを叩いて迎えたオープン・キャピタルSは、33秒4の最速上がりで、ダイワキャグニーのクビ差2着に入り復調気配。続くG3東京新聞杯でも、33秒3の最速上がりで後方から一気に追い込みリスグラシューの2着と、いよいよ軌道に乗って来た。
今回は初めての1400m。うまくレースの流れに乗れれば、久々の重賞勝ちも見えてくる。

シュウジ

G3小倉2歳Sを勝つなど早くから活躍。3歳末にはG2阪神Cを鋭い末脚で差し切り、1400mでも実績を持っている。
阪神Cのようにスムーズな競馬ができれば強いのだが、折り合い難もあって以降は先行して大敗の連続。そこで終いにかける競馬に転じたが、簡単にはいかなかった。それでも年明けのオープン・ニューイヤーSでは、うまく後方で脚を溜め、差して2着と進境が見られた。続く2戦は先行して崩れたが、オープン東風Sでは最後方に位置し、直線だけで3着に押し上げた。この4戦を見ると、現状は後方で脚を溜める競馬のほうが良さそうである。
折り合うことができれば、阪神C以来の大駆けが見られるかもしれない。

セイウンコウセイ

昨年のG1高松宮記念の勝ち馬。その高松宮記念を勝った頃は、当レースを含め近走9戦で6勝の勢いから、この先も短距離戦線のトップクラスの地位を確立するに思えたが、G1勝ち後は不調。G1スプリンターズS、G2スワンSは二桁着順と大きく崩れた。
ようやく復調を感じさせたのがG3シルクロードS。果敢に逃げると直線でも粘り腰を見せ、ファインニードルの2着。58キロのトップハンデを背負っており、上々の内容だった。連覇を目指した高松宮記念は6着だったが、先行馬が総崩れの中、逃げて勝ち馬から0.3秒差なら悪い内容ではない。
今の東京は高速馬場なので、巧くスピードを生かしたい。

ダイメイフジ

2着の多い馬だったが、昨年末あたりから変身。500万犬山特別は先行策から抜け出して勝つと、続く1000万クリスマスCは後方から差しての勝利と、成長ぶりを見せつけた。
1600万クラスに上がっても、初戦は崩れたが2戦目に2着し、3戦目の斑鳩Sでは後続に3馬身差をつける楽勝で、いよいよオープンクラスへ。G3オーシャンSは初めての重賞挑戦で1番人気に推されるまでに。結果は3着も、先行勢が上位を占める中、唯一差して3着に入ったことは評価できる。
末脚の確かさから、東京コース変わりも有利に働きそうだ。

ダンスディレクター

当初は折り合い難から極端に脚を溜める競馬が多く、脚を余すケースが目立ったが、キャリアを積むにつれ脚質にも幅ができ、成績も向上している。
休養もあって、勝ち星は昨年1月のG3シルクロードS以来遠ざかっているが、中身の濃いレースは多く、昨秋は長期休養明けのG2セントウルSで3着し、G1スプリンターズSは8着も、勝ち馬から0.3秒差。暮れのG2阪神Cは、レコード勝ちしたイスラボニータにハナ差2着と惜敗した。ブッツケだったG1高松宮記念も持ち前の末脚を駆使し4着と、依然好調を持続している。
東京コースは一度しか走っておらず、G2京王杯SCで大敗しているが、それは3年前の話。本格化した今なら好戦必至だ。

ムーンクエイク

精神面に問題があり3歳時に去勢。これが良かったか、古馬になって急上昇を示す。500万を好時計で突破すると、1000万に上がって2戦目の葉山特別も快勝。降級初戦の1000万甲東特別は、阪神1600mを1分32秒9の高速時計で楽勝している。
1600万長岡京Sは、格上げ初戦ながら単勝1.4倍の圧倒的人気に支持されると、好位から抜け出して快勝。これで3連勝とした。初のオープン馬相手となった洛陽Sは5着と連勝は止まったが、ここは重い馬場に苦しんだようだ。
去勢手術後は良馬場なら4戦4勝。時計勝負に強く、馬場が良ければ初めての重賞でも見劣らない。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。