2018年5月6日(日)

11R

2018年5月6日(日) | 2回東京6日 | 15:40発走

第23回NHKマイルカップ(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 |

カツジ

重馬場のデビュー戦を快勝。続くG2デイリー杯2歳Sは、2番手から抜け出し先頭に立ったが、内から迫ったジャンダルムに交わされ2着。この後はG1朝日杯FSを目指したが、フレグモーネで回避。G3きさらぎ賞に出走したが、プラス14キロも影響したか直線で失速し5着と崩れている。
しっかり立て直し迎えたG2ニュージーランドTは、馬体も絞れてマイナス12キロ。出遅れたため道中は後方と、これまでの好位付けの競馬からは一変したが、これが成功。大外から豪快な末脚を発揮し、人気のケイアイノーテックをゴール寸前で捉えている。
母のメリッサは古馬になって重賞を勝ったように、まだまだ成長を見込める馬。脚質転換した今なら東京変わりもいいだろう。

ギベオン

新馬戦は2番手から粘り切っての1着。2戦目の500万フリージア賞は出遅れもあって、初戦とは違い後方からの競馬。直線で外へ持ち出されると、一完歩ずつ先行勢との差を詰め、マイネルファンロンを差し切り2連勝。破った相手が次のG2スプリングSで3着に入線していることから、この1着は価値がある。
無敗の3連勝を目指したG3毎日杯では、中団からレースを進め直線へ。じわじわ伸びたのだが、2番手から抜け出したブラストワンピースの強さが際立ち、2着が精一杯だった。
その後はG1皐月賞は使わず、G1NHKマイルCに出走し、更にG1日本ダービーを予定。ダービー出走には賞金が微妙なので、最低でも2着以内が欲しい。

ケイアイノーテック

2歳戦開幕週の新馬戦を快勝。この一戦で休養し、G2デイリー杯2歳Sから復帰。ここで3着に入線すると、G1朝日杯FSでも4着と力を見せた。
この内容から自己条件は軽く突破すると思われたが、500万こぶし賞は、勝ったパクスアメリカーナ(G3アーリントンC)も強く2着まで。続く500万の平場戦は大楽勝で2勝目を挙げた。この勝ちっぷりからG2ニュージーランドTは1番人気。中団から抜け出し勝利も見えたが、大外から迫ったカツジに捻じ伏せられアタマ差2着と惜敗した。
能力的には足りるが、前走はマイナス12キロ。再度の長距離輸送で、馬体の維持が課題となる。

タワーオブロンドン

デビュー3戦目のオープン・ききょうSを楽勝すると、G2京王杯2歳Sも大外から豪快に差し切り、高い評価を不動のものとした。当然G1朝日杯FSでも期待は高く2番人気に支持されたが、ダノンプレミアムに突き放されたうえ、ステルヴィオにも差され3着。前2戦の1400m戦が強かったことと、マイルに延びた朝日杯で最後に伸びを欠いたことから、距離の限界説も出てきていた。
そんな不安を払拭したのがG3アーリントンC。直線に入ると、外から一気の伸びでパクスアメリカーナを交わし快勝。これでマイルも問題ないはずだ。
昨年はレイデオロ、ソウルスターリングで春のクラシックを席巻した藤沢和厩舎。今春はマイルが舞台だ。

テトラドラクマ

デビュー戦こそ大敗したが2戦目で一変。プリモシーンとの一騎打ちに敗れるも、好内容の2着。続く未勝利戦は、東京マイルを1分33秒8の好時計で駆け抜け、2着に5馬身の差をつける大勝で勝ち上がった。この一戦が評価されG3フェアリーSは1番人気に推されたが、不利な大外枠の影響かリズムに乗れず、6着に敗れている。
捲土重来を期したG3クイーンCでは、好走時と同様積極的にレースを進め、4コーナーでは先頭。長い直線でさすがに最後の1Fは失速したが、アルーシャの追撃を抑え、重賞タイトルを手にした。この後はG1桜花賞を目指したが、疲れもあって回避し、目標をG1NHKマイルCに切り替えている。
ここまで好走は東京マイルのもの。絶好の舞台で、桜花賞に出られなかった悔しさを晴らしたい。

プリモシーン

新馬戦は勝ったと思ったところを、トーセンブレスの強襲に遭い2着。出し抜けを食った感じだったが、2戦目の未勝利戦ではテトラドラクマを競り落とし初勝利。ここで休みを入れ、3か月ぶりで迎えたのがG3フェアリーS。中団から徐々に位置を上げ、直線に入ると馬群から抜け出し先頭。そのまま後続を寄せ付けず、他馬に力差を見せつける強い内容で初重賞制覇を飾った。
この後はトライアルを使わずG1桜花賞はブッツケ本番。直線でごちゃついたところに入って動けず、力を出し切れないまま終了と不本意な結果となった。
仕切り直しのG1NHKマイルCは、一叩きされたうえに長距離輸送も無く、条件は大きく好転している。

ミスターメロディ

ダート戦でデビューし、2着に8馬身差をつけるレコード勝ち。この一戦で大きな注目を集め、2戦目は単勝1.1倍の圧倒的人気となったが、まさかの2着。続くレースも単勝1.3倍で2着と期待を裏切ったが、デビュー4戦目の500万で2勝目を挙げている。
ここまではダート戦を使っていたが、G3ファルコンSで芝のレースに出走。初めての芝が重賞と厳しい状況だったが、ダート時と同様楽に好位につけると、直線であっさり抜け出し快勝と、難なく芝もこなした。
今回は初めてのマイル戦となるが、芝2戦目でまだまだ上昇を見込め、初距離の不安以上に期待のほうが大きい。有力馬は差し系統の馬が多いので、先行力を生かしたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。