IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年2月18日(日)

11R

2018年2月18日(日) | 1回東京8日 | 15:40発走

第35回フェブラリーステークス(GI)

ダート・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

インカンテーション

3年前のG1フェブラリーSでコパノリッキーの2着。当時は重賞戦線で活躍し、ダートのG1勝ちも近いと見られていたが、故障で戦線離脱。その後は順調に使えず、昨年のフェブラリーSでは15番人気13着とポジションも大きく下がっていた。
直後のG3マーチSも10番人気だったが、久々に勝利を飾ると、これを境に急浮上。交流G1かしわ記念で2着、交流G3白山大賞典、G3武蔵野S連勝と、かつての勢いが戻って来た。
前走のG3東京大賞典は久々に崩れたが、この一戦だけで評価は落とせない。得意のマイル戦に戻り、3年前の好走を再度期待できる状況にある。

ケイティブレイブ

昨年の交流G1帝王賞で初G1勝ちを収めた実力馬だが、地方交流レースを中心に走っているため、JRAでは少々馴染みが薄い存在。だが昨年12月のG1チャンピオンズCには出走。好位から進めて4着に入線し、JRAのG1でも通用するところを見せた。
その後は交流G1東京大賞典で3着。交流G1川崎記念は、積極策に進めると最後まで他馬を寄せ付けず、2つ目のG1タイトルを獲得している。
マイル戦は経験が少ないが、昨年のG1フェブラリーSは勝ち馬から0.5秒差の6着と大きく負けていない。この2月で引退する目野調教師に、JRAのG1タイトルを贈ることができるか。

ゴールドドリーム

昨年のG1フェブラリーSの覇者。中団以降で脚を溜め、直線で抜け出すと、最後はベストウォーリアを捻じ伏せ、G1ウイナーに輝いた。
4歳という年齢から、ダート界の新たなエース誕生と期待されたが、ドバイで大敗した影響が残ったか、帰国後も7、5着と奮わず。おかげでG1チャンピオンズCは8番人気にまで評価が落ちていたが、ここでV字回復。道中は中団につけ、直線で外に出されると、鞍上ムーア騎手の力強いアクションに応え、粘るテイエムジンソクをクビ差交わしてゴール。上位に先行馬が残る展開を考えると、着差以上に強いレースだった。
得意の東京マイルに戻る今回は前走以上にチャンスが大きく、2連覇へ視界良好だ。

サンライズノヴァ

昨年のG3ユニコーンSで2着に4馬身差をつける快勝劇で、評価を大きく上げた。続く交流G1ジャパンダートダービーは1番人気も6着敗退。オープン・グリーンチャンネルCでは豪快な追い込みを決め、G3武蔵野Sで1番人気も、今度は不発の12着と、どうもアテにしづらい。
ただ近2戦を見ると安定感も出てきたようで、適性が微妙だったオープン師走Sで2着。前走のG3根岸Sは、ノンコノユメを相手に一騎打ちの末ハナ差惜敗。レコードタイムを思えば、価値あるレースだった。
東京コースは5戦3勝2着1回で、崩れたのは武蔵野Sのみ。G1を勝つなら、ここが最大のチャンスだ。

テイエムジンソク

1600万クラスで2、3着を繰り返す時期もあったが、昨春に1600万東大路Sを楽勝してから一変。そこから3連勝し、G3エルムS2着で一休みも、続くG3みやこSで初重賞勝ち。G1チャンピオンズCも1番人気に推され、逃げたコパノリッキーを交わし、あと少しで優勝というところをゴールドドリームに捕まり、惜しくも2着に泣いた。
勢いは今年も止まらず、G2東海Sを楽勝し、好調を維持してG1に臨む。関東遠征、芝スタート、マイル戦、ワンターンの競馬と初物尽くしが並ぶが、これらを全て覆すだけの力は持っている。

ノンコノユメ

2年前のG1フェブラリーSは1番人気で2着。その前には4連勝し、G1チャンピオンズCも2着と快進撃を続けており、ダート界の新たな主役の期待をかけられた存在だった。しかし徐々に成績が落ち始め、気性面も考えてセン馬に。復帰後も成績は芳しくなく、セン馬にしたのは失敗という声も出始めていた。
そんな評価を一蹴したのが前走のG3根岸S。後方でじっくり脚を溜め、直線へ向いてゴーサインが出されると、久々にこの馬らしい末脚が炸裂。サンライズノヴァとの一騎打ちを制し、約2年2か月ぶりに勝利の美酒を味わった。
復活した今なら、2年前以上の結果を求めても良いだろう。

ロンドンタウン

昨年2月の交流G3佐賀記念で初重賞勝ち。JRAでの重賞勝ちは昨夏のG3エルムSが初めて。この時は3連勝のテイエムジンソクが単勝1.5倍の圧倒的人気だったが、これを半馬身差捉えて優勝。レコードタイムのおまけもつく強い競馬だった。
続く韓国のコリアンCも4馬身差の楽勝で重賞2連勝。勢いをつけて臨んだG1チャンピオンズCだったが、遠征疲れもあったか大敗。交流G1東京大賞典も、勝ち馬から離れた5着に終わっている。
ここ2戦は不振だが、状態や距離に不安があった。マイル戦も経験は少ないが、前走の2000mよりはいいだろう。先行力を生かして、上位入線を目指す。
Yahoo! toto

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。