2018年8月19日(日)

11R

2018年8月19日(日) | 2回札幌2日 | 15:45発走

第54回札幌記念(GII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 定量 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 | レコードが出たレース

サクラアンプルール

昨年の札幌記念の覇者。その年のG2中山記念で、G1級の強豪を相手に2着と好走。確実に力をつけていたが、直前のG3函館記念で9着と崩れ、当時は6番人気の穴馬的な存在だった。レースは中団につけ直線へ向くと力強く抜け出し、外から迫るナリタハリケーンの追撃を抑え、初重賞勝ちをおさめている。
その後のG1戦線は力負けしたが、G2以下のレースでは安定感抜群。G2中山記念4着、G2日経賞3着、そして前走のG3函館記念は、57.5キロのトップハンデを背負い2着と調子を上げている。連覇へ向け、スタンバイOKだ。

サングレーザー

昨年5月の500万からG2スワンSまで怒涛の4連勝。G1マイルCSでも3着に食い込んでいる。今年もマイル戦線を中心に進み、G2マイラーズCでは後方から鋭い末脚を繰り出し、直線一気の差し切り。京都マイル1分31秒3はレコードタイムだった。
大目標のG1安田記念は、後方ではなく中団を追走。いつもより前で競馬を進めたことが響いたか、直線で脚を伸ばしたものの、いつもの切れ味は見られず5着まで。それでも勝ち馬から0.2秒差だから悪くない。
能力的にG2はいつでも勝てる馬だが、今回は久々の中距離戦。距離との戦いが課題となる。

ネオリアリズム

2年前の札幌記念の勝ち馬。断然人気のモーリスを破る殊勲の勝利だった。昨年のG2中山記念では、G1ウイナー4頭を破り2つ目の重賞勝ち。勢いをつけて向かった香港のクイーンエリザベス2世Cでは、海外の強豪を破り待望のG1勝ち。暮れのG1香港Cでも3着し、3頭出走した日本勢で最先着している。
今年はG1ドバイターフに出走も8着。道中で落鉄をしており、これが結果に響いた模様だ。
最近は海外遠征が多く、秋も豪州や香港のG1が目標になりそうな雰囲気。2年前に勝っているものの、仕上げに関しては叩き台のイメージもある。

マイスタイル

この馬の存在感を示したのは大舞台のG1日本ダービー。思い切って先手を取り、道中はマイペースの逃げ。直線に入っても二枚腰を発揮し、最後は差し馬勢に捕まったものの勝ったレイデオロから0.4秒差の4着。単勝188.8倍の立場を考えると大善戦の一戦だった。
今年はオープン福島民報杯で復帰。他馬に執拗に絡まれる厳しい展開を我慢し2着に入線。抑える競馬のG2新潟大賞典は6着も、降級した1000万洞爺湖特別は、逃げに戻して楽勝。連闘で臨んだ1600万五稜郭Sでも、力の違いを見せつけ楽々逃げ切っている。
昇級戦だが、日本ダービーの結果から格下のイメージはない。マイペースで逃げられればチャンスはある。

マカヒキ

当時は最強と評されていた世代のG1日本ダービー馬。日本初のG1凱旋門賞制覇を目指しフランス遠征を敢行し、G2ニエル賞を勝ったが、大目標の凱旋門賞は大敗。そのショックが尾を引いたか、ニエル賞後は2年近く勝利から遠ざかっている。
昨年の秋は、ダービーを制した東京コースで3戦し復活を試みたが、G2毎日王冠6着、G1天皇賞・秋5着、G1ジャパンC4着。着順そのものは上がっているのだが、見せ場をつくるまでには至らなかった。
その後は骨折が判明し休養、G2札幌記念から復帰となる。早くから復帰戦が発表されていたほどなので、レースへ向け調整は順調に進んでいる。何とか復活のキッカケを掴んでほしいものである。

ミッキースワロー

昨年秋のG2セントライト記念で、目の覚めるような末脚を披露し、皐月賞馬アルアイン以下に快勝。G1菊花賞でも3番人気と期待をかけられたが、極悪馬場に末脚を殺され6着に終わっている。
古馬となった今年はG2アメリカJCCから始動。序盤は後方も、先行有利の展開を読んで早めに進出。4コーナーでは3番手までに上がっていたが、先に抜け出したダンビュライトに及ばず2着。そして春の目標だったG1大阪杯は、いつものように脚を溜めて末脚勝負に持ち込んだが、G1相手では厳しく5着。まだ10戦に満たないキャリアを考えれば上々の結果だろう。
まだまだ伸びしろのある馬。更なる成長が見られれば、好メンバーのここでも好勝負できる。

モズカッチャン

G2フローラSの時点では12番人気と低評価だったが、ここを勝って急浮上。G1オークスでは、ソウルスターリングの2着に入っている。
秋になると更に上昇気配を見せ、G1秋華賞で3着。続くG1エリザベス女王杯は、古馬も加わり秋華賞以上に強い相手。メンバーは強化されたが、こちらの地力強化が上回り、G1ウイナーのミッキークイーン、ヴィブロスらを下してG1ウイナーの仲間入りを果たしている。
今年はG2京都記念で4着も、牡馬クラシックホースのアルアイン、レイデオロと接戦。勇躍海外G1へ向かったが、ドバイシーマクラシックは6着に終わっている。
既に国内のG1クラスとは好戦済み。豪華メンバーの札幌記念でも見劣るところはない。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。