sportsnavi

2017年12月10日(日)

11R

2017年12月10日(日) | 5回阪神4日 | 15:40発走

第69回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 | レコードが出たレース

コーディエライト

1番人気に推された新馬戦こそ3着に敗れたが、2戦目の未勝利戦は単勝1.3倍の評判良血馬レピアーウィットに6馬身差をつける圧勝で、一気に評価を上げた。
1F延びたG3新潟2歳Sでは巧くペースを落として逃げ、直線は2番手で追走していたフロンティアと一騎打ち。惜しくも2着と競り負けたが、単なるスピード馬ではないことを認識させた。G3ファンタジーSでも先手を取り逃げ込みを図ったが、外から来たベルーガに一瞬のうちに差し切られ2着。1,3,4着が差し馬だったことを考えれば、価値の高い一戦だ。
新潟2歳S同様うまくスローペースに持ち込めれば、見せ場をつくることはできる。

ソシアルクラブ

父は名種牡馬キングカメハメハ、母はジャパンC、天皇賞・秋などG1を6勝した歴史的名牝ブエナビスタという良血。当然デビュー前から評判となり、10月9日京都の新馬戦は、1番人気こそ他馬に譲ったが、注目度は高かった。
スタートが遅く、直線を向いたときも後方。しかも直線では前が塞がる不利もあり厳しい状況だったが、エンジンがかかってからの伸び脚は段違いで、見事な差し切りを決めた。
母のブエナビスタは9年前の阪神JFを勝ち、祖母のビワハイジは阪神JFの前身阪神3歳牝馬Sを勝っており、ソシアルクラブが勝てば、3代連続制覇の偉業となる。話題性なら、この馬が一番だ。

マウレア

10月の東京芝1600m戦でデビュー。苦もなく好位につけ、狭い馬群の中から抜け出す大人の競馬で初戦を勝ち上がった。
2戦目は同じコースで行われた500万赤松賞。道中は中団につけ直線へ向いたが、寄れた馬の影響で馬群の間でフラフラし、一瞬危ないシーン。すぐに体勢を立て直すと、狭いところからしっかり抜け出し、2連勝とした。阪神JFは多頭数になるので、今回の経験は大きな強みとなろう。
全姉は桜花賞を勝ったアユサンという良血。そのアユサンは、阪神JFは4番人気も7着と崩れている。まずは姉の悔しさを晴らし、来年の目標である桜花賞姉妹制覇に繋げていきたい。

ラッキーライラック

半姉ラルクがセレクトセールで1億円を超えたように、母系は優秀。この馬もデビュー前から評判も上々で、新馬戦は2番人気。レースでは、3F33秒1の高速上がりをマークし、勝ち上がっている。
続くG3アルテミスSも2番人気の高い支持。速やかに好位につけると、逃げたサヤカチャンをしっかり視界に入れ、ゴール前で測ったように差し切った。
オルフェーヴル産駒だが、レースでは父のような気難しさはなく、速やかに好位につけられるセンスは、2歳牝馬のレースで大きな武器になる。開幕2週目で、まだまだ馬場の良い阪神コースを考えると、展開面でも有利に働きそうだ。

ラテュロス

6月の阪神のデビュー戦は、直線で両隣の馬に挟まれ、態勢を崩す大きな不利。それでも立て直して、ゴール前で一気に詰めたものの2着まで。スムーズなら勝っていた内容だ。
ここで約3か月の休養を入れ、復帰戦は9月の阪神戦。好位から抜け出すと、余裕をもって初勝利を決めた。G3アルテミスSではいつものように好位で競馬を進め直線へ。ラッキーライラックの末脚に屈したものの3着に入線している。
すんなり好位置を取れるセンスと、不利を喰らっても諦めない精神力は強み。G1になるが、相手なりに走れそうなタイプなので、上位争いに混ざることも可能だ。

リリーノーブル

関西馬だが、東京に遠征してデビューし新馬勝ち。東京芝1600mの勝ちタイム1分35秒5は、デビュー戦としては優秀だ。
続く500万白菊賞は、G3ファンタジーS4着のスズカフェラリー、G3アルテミスS5着のスカーレットカラーなど重賞で上位に入線した馬もおり、なかなか厳しい相手。これらを相手に1番人気に推されると、期待に応えてスカーレットカラーらを抑え、無傷の2連勝としている。
母は1000万クラスの馬だが、母の兄姉にイースター、デウスウルト、バティスティーニと重賞上位入線馬が3頭いる良血。相手強化でも互角に戦える下地はある。中1週の影響さえ無ければ好勝負できる。

ロックディスタウン

新潟の新馬戦は、上がり32秒5という超高速上がりで快勝。破った相手のタイムフライヤーが、オープン萩Sを勝ち、G3京都2歳Sで2着しており、かなりメンバーの質が高いレースだった。
続くG3札幌2歳Sは1番人気。新潟で出した高速上がりも、洋芝の札幌では武器になりにくく適性の不安もあったが、終わってみれば全く影響なし。中団から力強く脚を伸ばすと、ファストアプローチら牡馬勢を抑え、2連勝を重賞で飾った。
半姉タガノエリザベートはG3ファンタジーSを勝ち、半姉キャットコインはG3クイーンCを勝ったが、G1勝ちは無し。姉が勝てなかった悲願のG1制覇は、クラシックを前に阪神JFで決めてしまいたい。
Yahoo! toto
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。