2017年6月25日(日)

11R

2017年6月25日(日) | 3回阪神8日 | 15:40発走

第58回宝塚記念(GI)

芝・右 2200m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 | レコードが出たレース

ゴールドアクター

一昨年のグランプリホースで、当時はG1有馬記念を挟みG2を2つ含む5連勝とピークを迎えていた。
昨秋はG2オールカマーを勝ち、G1ジャパンCを狙ったが4着敗退。捲土重来を期したG1有馬記念では、キタサンブラックを徹底マーク。直線ではあわやの場面もあったが、サトノダイヤモンドに交わされ、キタサンブラックにも僅かに及ばず3着。それでも見せ場をつくり健在ぶりをアピールした。それだけに今年に入っての2戦は不満だが、前走に関しては距離も長かった。
2200mへの距離短縮は好材料で、能力的にはいつでも巻き返せるはずである。

シュヴァルグラン

昨年は2つのG2を勝ち、天皇賞・春、ジャパンCで3着とG1でも上位を窺うまでに成長した。
今年はG2阪神大賞典から始動。早めに抜け出したが、サトノダイヤモンドに捻じ伏せられる形で2着も、休み明けとしては上々の内容。大目標のG1天皇賞・春でも好位置につけてキタサンブラックをマーク。勝負どころから追撃態勢に入ったものの、相手は全く衰えず差を詰めることはできなかったが、阪神大賞典で先着されたサトノダイヤモンドは抑え、2着を確保した。
前回の宝塚記念では崩れているが、充実した今なら昨年のようなことはあるまい。

シャケトラ

早くから評判になっていた期待馬だが、故障でデビューは大きく遅れ、初戦はダービーも終わった6月12日の未勝利戦。ここを勝利し、2戦目こそ脚を余して敗れたが、その後は2連勝。1600万クラスに上がったが、陣営は強気に自己条件ではなくG2日経新春杯に挑戦。ミッキーロケットにハナ差負けしたが、陣営の読みに間違いはなかった。
続くG2日経賞では大外から進出する横綱相撲で、有利にレースを運んでいた先行勢を差し切り。着差以上の強い競馬で初重賞勝ちを収めた。G1天皇賞・春は9着と初めて崩れたが、勝ちに行ってかかり気味になったことが影響したのだろう。
成長の余地はメンバーの中でも特に大きく、改めて期待したい。

ミッキークイーン

牡馬と対戦したG1で崩れたことはあるが、牝馬同士のレースでは2戦前まで全て3着以内。それだけに前走のG1ヴィクトリアマイルで牝馬相手に7着に敗れたのは不安。だが、休養明けでタフな馬場だったG2阪神牝馬Sをいきなり勝ったことで反動もあったのかもしれない。
G1勝ちが2400mのオークスと2000mの秋華賞で分かるように、マイルから2200mへの距離延長はプラス。それでも牡馬相手のG1は厳しそうだが、昨年のG1有馬記念では5着に入線。2着だったキタサンブラックとはコンマ4秒差だから、それほど大きく負けたわけではない。
阪神は6戦3勝2着3回と全連対。コース適性を生かしたい。

キタサンブラック

3歳秋に菊花賞を勝って以降G1を5勝。G1菊花賞と昨年のG1天皇賞・春は辛勝のイメージも強かったが、昨秋のG1ジャパンCは2馬身半差の楽勝。今年に入ると更に強さを増し、格上げとなったG1大阪杯も快勝し、天皇賞・春へ。序盤に11秒ラップが6F続くタフな流れを2番手で追走。最後の直線に入っても脚色は衰えず、シュヴァルグランや昨年のG1有馬記念で先着されたサトノダイヤモンドを捻じ伏せて完勝。当分破られないと見られていたディープインパクトのレコードタイムも更新した。
もはや国内には敵無しの状態。凱旋門賞挑戦も噂されており、ここは負けられない。

サトノクラウン

デビューから3連勝し、G1日本ダービーは3着と早くから活躍していたものの、3歳秋以降は二桁着順も多く、頭打ちを思わせた。
そんな状況から脱したのは昨年12月のG1香港ヴァーズ。断然人気のハイランドリールは、凱旋門賞でも2着した世界的にもトップクラスの馬。それに対しサトノクラウンは前走のG1天皇賞・秋で14着大敗の立場。近戦の状況から厳しいと思われたが、名手モレイラに導かれ、ゴール前でハイランドリールを捉え大金星を得た。
これで勢いに乗りG2京都記念でも快勝。G1大阪杯は6着も、忙しいレースに戸惑った面もあった。1Fでも距離延長するのは大きく、時計のかかる馬場になればチャンスは更に広がる。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。