競馬 - 桜花賞 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年4月9日(日)

11R

2017年4月9日(日) | 2回阪神6日 | 15:40発走

第77回桜花賞(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9200、3700、2300、1400、920万円 |

ミスエルテ

デビュー前の調教の動きが秀逸で、新馬戦は1.3倍の断然人気。レースでも桁外れの瞬発力を披露し、あっさり勝利している。すると2戦目のG3ファンタジーSでも単勝1.4倍。4コーナーでは先頭から大きく離され見ているものを焦らせたが、ここからが本番。前の馬が止まって見えるほどの末脚で差し切り、ファンを驚かせた。
この2戦の内容から、牝馬限定戦の阪神JFを飛ばし、牡馬相手のG1朝日杯FSに挑戦。堂々1番人気に支持されたが、重い馬場に苦しんだか、いつもの脚が使えず4着に終わった。
馬体減、折り合いと不安点もあるが、瞬発力勝負になれば負けられない。

リスグラシュー

新馬戦こそ2着に敗れたが、叩き2戦目で激変。阪神芝1800mの未勝利戦に出走すると、1分46秒2のレコードタイムで4馬身差をつけ勝ち上がった。続くG3アルテミスSでは、良血評判馬のフローレスマジックを半馬身制し、見事に重賞勝ち。阪神JFでG1勝ちを目指した。しかし出遅れが祟り直線で猛襲したものの、ソウルスターリングの2着。勝ち馬が経済コースを通っただけに、仕方のないレースだった。
休養明け初戦のチューリップ賞は、ソウルスターリングに及ばないだけでなく、ミスパンテールにも交わされ3着。成長力不足の指摘もあるが、調教から変わり身は十分で、巻き返しの期待は大きい。

カラクレナイ

デビュー戦は脚を余して4着に甘んじたが、2戦目は順当に差し切り。格上げ初戦の500万・万両賞も、持ち前の末脚で他を圧倒し連勝している。
ここで間隔を開け、迎えたのがG2フィリーズレビュー。実績で抜けているレーヌミノルが断然人気で、こちらは2番人気。そのレーヌミノルが先に抜け出し粘り込みを図ったが、それを許さなかったのがカラクレナイの豪脚。大外から矢のように伸びると、相手に抵抗の機会すら与えずあっという間に差し切り、3連勝を飾った。
一気の相手強化となるが、ペースが速くなれば直線の大逆転劇が見られるかもしれない。

レーヌミノル

夏のG3小倉2歳Sを6馬身差の圧勝。この内容からスプリンターのイメージもあったが、1400mのG2京王杯2歳Sで牡馬を相手に2着。マイル戦の阪神JFでも3着し、距離不安は克服している。
今年は既に2戦し、G3クイーンCは4着。一叩き効果と1400mへの距離短縮で期待が高まったフィリーズレビューは、中団から抜け出し先頭に立ったが、ゴール寸前にカラクレナイの末脚に屈した。
前走より舞台設定は厳しくなるが、先行馬が少なくペースが緩む可能性もある。2年前のレッツゴードンキのようにスローペースをつくって逃げられれば、差し馬勢を焦らすことは可能だ。

アエロリット

夏の東京でデビュー。終いの3Fが11秒3-11秒2-11秒2と高速ラップを描いて勝利し、評価を大きく上げた。その後は休養に入れ、秋の中山で復帰。初戦の内容から500万サフラン賞は堅いと見られたが、折り合いを欠いたことが最後に響き2着。再度間隔を開けて臨んだG3フェアリーSも、ゴール寸前でライジングリーズンに捕まってしまった。
新馬戦直後の評価が微妙になってきたが、復権を示したのがG3クイーンC。アドマイヤミヤビを相手に最後まで食らいつき半馬身差の2着。敗れはしたものの改めて高い評価を与えられるレースだった。
クイーンCの走りができれば、桜花賞も上位争いに加われるはずだ。

ソウルスターリング

新馬戦こそクビ差の辛勝だったが、2戦目のオープン特別アイビーSでは、ペルシナンナイト(アーリントンC1着)を軽々破り、G1阪神JFへ。素早く好位置を取ると、内から鋭く伸びて危なげなく優勝。2歳牝馬チャンピオンに輝いた。
今年はG3チューリップ賞から始動。阪神JF2着リスグラシューとの再戦だったが、相手が直線で伸び悩むのを尻目に、こちらは独走態勢。これまで以上に楽な内容で勝利し、力の違いをまざまざと見せつけた。
これで4戦4勝。使う毎に強くなる現状で、桜花賞馬の座に最も近い位置にいることは間違いない。ここを勝てば、ダービー挑戦も視野に入ってくる。

アドマイヤミヤビ

2戦目の未勝利戦を好タイムで快勝し、500万百日草特別へ。東京2000m戦とあって好メンバーが集まったが、最後2Fの11秒0-11秒1のハイラップ決着を制して快勝。この時の2着がカデナ(G3京都2歳S、G2弥生賞連勝)、3着がアウトライアーズ(G2スプリングS2着)なのだから価値は非常に高い。
初重賞となったクイーンCでも、中団から力強く抜け出し快勝。半馬身という着差以上の強さで、時計も上々だった。
スピード、スタミナを高いレベルで兼ね備えており、桜花賞がヘビーな内容になれば、この馬が最も有利になる。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。