sportsnavi

2017年4月2日(日)

11R

2017年4月2日(日) | 2回阪神4日 | 15:40発走

第61回大阪杯(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:12000、4800、3000、1800、1200万円 | レコードが出たレース

アンビシャス

G2だった昨年の大阪杯では、キタサンブラックを徹底マークし直線で一騎打ちに持ち込むと、クビ差抑えて勝利を掴んだ。しかしその後は、キタサンブラックがG1天皇賞春、G1ジャパンCを勝ち年度代表馬に輝いたのに比べ、アンビシャスはG2毎日王冠2着があるものの勝ち星はなかった。
5歳になった今年はG1に格上げされた大阪杯に目標を絞り、まずはG2中山記念に出走。スローペースを後方から進め、大外から追い込むも4着までだったが、叩き台として考えれば内容は悪くなかった。
再度キタサンブラックを破り大阪杯を連覇すれば、G1制覇の悲願達成となる。

キタサンブラック

3歳時にもG1菊花賞を勝っているが、古馬となった昨年は更に成長し、充実した一年だった。天皇賞春を制し、ジャパンCでは2着に2馬身半差をつける堂々の逃げ切り。G1有馬記念はゴール寸前でサトノダイヤモンドに捉えられたものの、差は僅かにクビ差。勝ち馬と2キロの斤量差があったことを考えれば、勝ち馬と同等評価を与えられる。これらのレースが評価され、昨年の年度代表馬に選ばれている。
今年はG1となった大阪杯から始動。大阪杯、G1宝塚記念と阪神の内回りコースで負けているのは少々不安だが、昨秋の走りができれば3つ目のG1戴冠は近い。

サトノクラウン

デビューから3連勝し、一昨年のG1皐月賞は1番人気に推されたが6着。G1日本ダービーで3着と復調したが、同厩のドゥラメンテが皐月賞、ダービーと連覇したこともあり存在感は薄まってしまった。
昨年もG2京都記念こそ勝ったものの、他は凡走。そんな嫌な流れを変えたのがG1香港ヴァーズ。世界の強豪ハイランドリールが断然人気だったが、これを差し切る殊勲で初のG1制覇。すると帰国初戦の京都記念も勝利と、一時の不調を払拭する2連勝で信頼感も増している。
切れるタイプではないので、阪神内回りも向きそうなタイプ。海外に続き、国内G1も王手だ。

ステファノス

ここまで重賞勝ちこそ一つしかないものの、天皇賞秋、香港のクイーンエリザベス2世CとG1で2度の2着がある。近走も堅実に走っており、3戦前のG1天皇賞秋では後方から最速上がりで、モーリスの3着。続くG1香港Cでも再度モーリスの3着と、強い馬を相手に善戦している。
前走のG2金鯱賞は6着に敗れているが、ここは叩き台であるうえに、メンバー2位の上がりをマークしていることから内容も上々だ。G1では勝ち切れていないが、確実に伸びてくる末脚は堅実。G2からG1へ向けて着順を上げてくるケースが多いことから、今回もマークが必要だ。

マカヒキ

最強と言われた昨年のクラシック世代(現4世代)でも早くからトップクラスに評価され、新馬からG2弥生賞まで3連勝。G1皐月賞はディーマジェスティに屈したが、最大目標の日本ダービーで、持ち前の豪脚が爆発。最大のライバルであるサトノダイヤモンドと壮絶な一騎打ちとなったが、これをハナ差制し、ダービー馬の栄誉に輝いた。その後はフランスに遠征し、G2ニエル賞を勝ち、本番のG1凱旋門賞に臨んだが、最後に失速し大敗を喫している。
海外遠征の疲れを取り、京都記念から復帰。外から伸びてきたものの、久々と悪化した馬場に苦しみ3着に終わった。
脚質的に阪神の内回りは不安だが、3歳春に見せた末脚が蘇れば、前走のようなことは無いはずだ。

ミッキーロケット

昨年の夏に急成長し、1000万HTB賞を勝ってG2神戸新聞杯へ。単勝1.2倍のサトノダイヤモンドが抜け出し勝負あったかに見えたが、これを猛追して並びかけたところがゴール。結局クビ差及ばず2着だったが、勝ち馬のその後の結果を考えると大健闘の一戦だった。
今年はG2日経新春杯から始動し、上がり馬のシャケトラ(次戦でG2日経賞勝ち)をハナ差破り好スタート。しかし京都記念では、出遅れてレースに乗りきれず4着で終えている。
不安は出遅れのみ。ここを克服すれば、サトノダイヤモンドを脅かした脚が黙っていない。

ヤマカツエース

3〜4歳時にかけてG3福島記念、G3中山金杯と連勝したものの、一線級との戦いでは力不足を露呈し、G1では大敗。そんな厳しい経験を積んだことがプラスになったか、4歳末から急浮上。G2金鯱賞を勝って向かった有馬記念では、直線スムーズさを欠く場面がありながら4着に入線。それまでG1は3戦全てが二桁着順だっただけに、大きな変身を見せている。
こうなったらG2を勝つことは難しくない。前走の金鯱賞は中団から鋭く伸び、激戦の2着争いを尻目に快勝。ここへ来ての充実ぶりは目を見張るものがある。
器用な競馬もできるので内回りは問題なし。勢いに乗じて、初G1戴冠を目指す。
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。