2017年3月19日(日)

11R

2017年3月19日(日) | 1回阪神8日 | 15:35発走

第65回阪神大賞典(GII)

芝・右 3000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

サトノダイヤモンド

最強世代と評された昨年の3歳牡馬世代の中でも、早くからトップの評価を受けた一頭。しかし昨春は、一冠目のG1皐月賞は1番人気に推されるも3着。続くG1日本ダービーでもハナ差の2着。道中落鉄する不利もあり、運にも恵まれなかった。
そんな悔しさがバネとなったか、昨秋は快進撃。G2神戸新聞杯を勝利し、目標のG1菊花賞へ。道中スムーズにレースを進めると、直線で楽々抜け出し快勝。念願のクラシックホースの栄冠に輝いた。G1有馬記念では古馬最強のキタサンブラックが相手。なかなか捕まえられなかったが、ゴール寸前に差し切りG1連勝を果たした。
今年は日本競馬のエースと期待される立場。G2はあっさり勝ってもらいたい。

シュヴァルグラン

昨年もG2阪神大賞典に出走。直線半ばで先頭に立つと後続を一気に突き放し、タンタアレグリア以下に2馬身半差をつける楽勝。ゴール前では手綱を抑える余裕もあり、着差以上の強さを見せた。続くG1天皇賞春は3着も、先行馬に有利な馬場と展開で脚を余した感もあり、着順以上の評価をしていいレースだった。
昨秋はG2アルゼンチン共和国杯を勝って好スタートを切ったが、G1ジャパンCは3着、有馬記念は6着に終わっている。
打倒サトノダイヤモンドの一番手に位置付けされる今回。昨年の阪神大賞典の走りが再現できれば、逆転もある。

タマモベストプレイ

G3きさらぎ賞以来4年以上重賞勝ちから遠ざかっているが、7歳になった今もほとんど衰えは感じられない。古馬になってからは長距離路線を主戦にし、きさらぎ賞以降の2勝は2600mと3000mである。
2戦前は3600mのG2ステイヤーズSに出走。果敢に逃げたが、残り1000m過ぎから11秒台の速いラップとなり息が入らず最後は失速。それでも5着に入線している。前走のオープン万葉Sは好位でレースを進め、ラブラドライト以下を抑えて約1年4か月ぶりの勝利を掴んでいる。
昨年の阪神大賞典は4着。さすがに勝つのは厳しいかもしれないが、展開さえ向けば上位に粘れる力はある。

トーセンバジル

セレクトセールで1億5000万円近い高額がついた良血馬。そんな背景から当然期待も高かったが、一昨年の春はクラシック出走は果たせず。秋になり神戸新聞杯で3着に入線し菊花賞出走切符を獲得したが、アクシデントで出走は叶わなかった。
この影響で長期休養に入り、昨年夏に復帰。久々の500万戦は敗れたが、続く500万渥美特別は順当に勝利。これで勢いがつき、1000万阿賀野川特別は、芝2200mを2分11秒8の好時計で快勝。1600万オークトーバーSも上がり33秒1の鬼脚で差し切り。3連勝の勢いで強気にジャパンCに挑戦したが、さすがに大敗している。
連勝時の内容から力は重賞でも足りる馬。ジャパンCの経験を生かし、上位を狙う。

レーヴミストラル

G1ウイナーのレーヴディソールをはじめ、重賞勝ち馬2頭を含む兄姉6頭が全てオープン馬という良血馬。この馬も負けじと、3歳時にG2青葉賞を制し血筋の良さを証明して見せた。
2つ目の重賞勝ちは昨年のG2日経新春杯。シュヴァルグランが単勝2.0倍と断然人気に推されていたが、レース後に印象に残ったのは断然こちらのほう。直線入り口では最後方にいたが、ここから怒涛の追い込みでシュヴァルグラン以下を蹴散らす衝撃的な強さだった。
この反動もあったのか以降2戦は大敗して休養入り。復帰戦の日経新春杯を叩き、阪神大賞典に出走となる。叩いた効果か、1週前にはCWで5F63秒台の好時計をマーク。ポテンシャルを全開できれば、昨年の日経新春杯のレース内容から勝ち負けになる。

ワンアンドオンリー

ダービー馬の栄誉に輝いたのが3年前。その秋に神戸新聞杯を勝ったが、それ以降は勝ち星がなく、4歳時にG1ドバイシーマクラシックで3着があるものの、国内では14戦連続で馬券圏内にも入っていない。
近走もG2アメリカJCCの5着が最高着順と厳しい状況は続いているが、着差を見ると大敗というほどひどくはなく、ここ4戦は全て勝ち馬から0.8秒以内。ジャパンCでも、シュヴァルグランとは0.3秒差、ルージュバック、ディーマジェスティには先着している。
6戦3勝の阪神コースで、久々に上位に食い込みたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。