IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年10月28日(土)

11R

2017年10月28日(土) | 4回京都8日 | 15:35発走

第60回毎日放送賞スワンステークス(GII)

芝・右・外 1400m | 天気:雨 | 馬場:重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5900、2400、1500、890、590万円 | レコードが出たレース

カラクレナイ

未勝利、500万万両賞と連勝し、G2フィリーズレビューに出走。道中は後方で脚を溜めこみ、直線へ向くと怒涛の追い込みで断然人気のレーヌミノルを強襲。見事な差し切りを決め、3連勝と勢いを維持してG1桜花賞に臨んだ。
桜花賞はいつものように後方に位置し、直線で一気に差を詰めたが、勝ったレーヌミノルから0.2秒差の4着と惜しくも敗れている。この内容が評価されG1のNHKマイルCでは牡馬相手に1番人気の支持を受けたが、全くの不発で17着。休み明けのG2ローズSも14着と大敗が続いている。
3連勝を記録したのは1400m。得意の距離に戻り巻き返しを図る。

キャンベルジュニア

南半球生産のためデビューは遅かったが、初戦となった未勝利戦、500万特別と2連勝し、早くから高い資質を感じさせていた。当初は中距離を主戦にしていたが、折り合い面も考慮し、徐々に距離短縮。これにあわせて成績も上昇している。
今年春のG3ダービー卿CTは、格上げ初戦で1番人気。前年の同レースでも1番人気に支持されたが8着完敗。今年は3番手から進出し、差し馬勢に迫られたが2着を確保し、昨年とは違うところをみせた。ただ次戦のG2京王杯SCでは直線で失速し11着に沈んでいる。
少々人気先行のイメージもあるが、それは高い期待の裏返しでもある。5歳にしてはキャリアも浅く、まだまだ上積みも見込める。

サングレーザー

クラシックを睨むG2ホープフルSで3番人気に推されたように期待は高かったが、5着に敗退。もともと折り合いに難があり、2000mは長かったようだ。この一戦で中距離を諦め、以降はマイル以下の距離が主戦場となっている。
一息入れて復帰後は500万下で2着し、以降は500万下、1000万道新スポーツ杯、1600万仲秋Sと怒涛の3連勝。折り合い面に進境を見せ、中団で脚を溜められるようになったことが大きく、直線では目の覚めるような末脚を繰り出している。
格上げ初戦がG2は厳しい条件だが、ここ3戦を見ても天井はまだまだ高そうな雰囲気。瞬発力を生かせることから、京都コースもプラスになりそうだ。

ジューヌエコール

新馬、オープンききょうS、G2デイリー杯2歳Sと無敗の3連勝を記録し、早くから桜花賞候補に挙げられていた。ただ昨年の2歳牝馬世代は例年以上のハイレベル。G1阪神JFでは道中の不利もあったが、上位から大きく離された11着に終わっている。
その後もG2フィリーズレビューで4着も、目標のG1桜花賞は9着。頭打ちの状態に陥った感もあったが、そんな雰囲気を払拭したのがG3函館スプリントS。ハイペースで飛ばす先行勢を睨みながら中団につけ、直線で鮮やかに抜け出すと、2着に2馬身半差をつけレコードタイムでの快勝劇を演じた。
その後不安が出てG1スプリンターズSを使えなかったが、そのぶんフレッシュな状態でレースを迎えられるのは強みだ。

セイウンコウセイ

初勝利まで7戦かかったが、以降は着実に勝ち星を重ね、勝った未勝利戦からオープン淀短距離Sまでの間は7戦5勝の快進撃。初めての重賞挑戦となったG3シルクロードSでも2着し、いよいよ大舞台へ向かう。
G1高松宮記念でもいつものように好位につけ、直線で外目に出すと堂々と突き抜け、レッツゴードンキ以下を全く寄せ付けず快勝。1年前は未勝利だった馬が、瞬く間にG1ウイナーの座に伸し上がった。
このままスプリント路線の中心を走りたかったが、G3函館SSは4着、G1スプリンターズSは11着と期待を裏切る結果が続いている。そろそろG1馬の輝きを取り戻してもらいたいところである。

ミスエルテ

新馬戦の勝ち方が桁外れの切れっぷり。話題のフランケル産駒という背景もあり、新馬一戦で注目の的に。続くG3ファンタジーSでも、4コーナーでかなり厳しい位置から、前方をごぼう抜きの派手な追い込みを決め、注目度は益々増していった。その後は牝馬同士のG1阪神JFでなく、G1朝日杯FSに挑戦。1番人気に推されたが4着と、牡馬相手は甘くはなかった。
3歳となった今年はG1桜花賞11着、G1NHKマイルC7着と不本意な結果で春競馬を終えている。
気性も難しく、使い減りするなど心身ともに弱いところがある。この点が秋を迎えてどれだけ成長したか。軽い京都の芝は合うはずだ。

レッツゴードンキ

2年前のG1桜花賞馬。ただ折り合い難もあって主戦場はマイルから更に短縮され、1200〜1400m戦を主に使われている。
これを機に成績は安定し、今年は好調続き。G3京都牝馬Sで豪快な差し切りを決めると、G1高松宮記念ではセイウンコウセイに及ばなかったもののレッドファルクスを抑えて2着。1600mのヴィクトリアマイルは大敗したが、G1スプリンターズSでは内の狭いところから鋭く伸び、レッドファルクスの2着に入線している。
G1で2度2着しているように、短距離戦線ではトップクラスの馬。有力馬に3歳馬が多い今回は、古馬の力を見せつけたい。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。