IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年10月22日(日)

11R

2017年10月22日(日) | 4回京都7日 | 15:40発走

第78回菊花賞(GI)

芝・右・外 3000m | 天気:雨 | 馬場:不良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:11500、4600、2900、1700、1150万円 | レコードが出たレース

サトノアーサー

2戦目の500万シクラメン賞で、上がり3F32秒7の上がりタイムを記録。2歳馬離れした瞬発力を披露し、クラシック候補の中でも上位の評価を得た。しかし運に恵まれず、G3きさらぎ賞は道悪に苦しみ2着。G3毎日杯は、脚を余す形で2着。鬱憤を晴らすためにも、大舞台のG1日本ダービーで能力全開を図ったが、超スローペースでは自慢の末脚も目立たず10着に泣いた。
追い込み戦法だと、どうしても展開に左右されてしまう。そこでG2神戸新聞杯では初めて、中団より前でレースを進める形を披露。慣れないレースだったが、しっかり好位から伸び3着に入線したのは収穫だ。
折り合いが難しいので3000mがプラスとは言えないが、前走のような競馬ができれば上位も見込める。

ベストアプローチ

新馬を勝ち、続くG3京都2歳Sで3着。早くも重賞で好走したことから2勝目は早いと思われたが、エンジンのかかりが遅く、500万クラスは勝ちあがれなかった。
それでも能力は高く、G2弥生賞では内から伸びて3着のダンビュライトとはハナ差の4着。惜しくもG1皐月賞の出走権利を逃すと、すぐに目標をG1日本ダービーに切り替え、トライアルのG2青葉賞に出走。アドミラブルに完敗も2着に入線し、本番ダービーへ歩を進めた。そのダービーは瞬発力勝負で真価を発揮できずに終わっている。
久々のG2神戸新聞杯は、中団から流れ込んだだけの6着だが、お釣りのある仕上げで上積みは残してある。3000mの距離は歓迎で、好調岩田騎手を背に一発を狙う。

サトノクロニクル

早くから評価は高かったのだが、不器用な面も多く、デビュー当初は勝ち損なうレースも多かった。おかげで5月のG2京都新聞杯時は、まだ1勝馬の身。それでも1番人気に推されたあたりは、この馬への期待感の証明だ。レースは2着に終わり、G1日本ダービー出走はならなかったが、オープン白百合Sを確実に勝利。G3ラジオNIKKEI賞で初重賞制覇を目指したが、器用さの無い同馬に小回りは向かなかったか6着に敗れている。
秋初戦のG2セントライト記念はスムーズに動いて3着と、菊花賞へ向けて順調なスタート。切れる脚は無いものの、長い脚は持っているので、スタミナ戦は得意なタイプ。悔しい結果の多かった春の分まで、秋は逆襲のシーズンにしたい。

ミッキースワロー

2勝目の500万ひめさゆり賞のレースが強く、期待感が一気に高まってのG2京都新聞杯だったが、仕掛けが早すぎたかゴール前で伸びを欠き5着。これでG1日本ダービー出走はならなかった。
堅実に3勝目を目指し1000万いわき特別に出走したが、前走とは逆に仕掛けが遅く、最後はいい脚で伸びたものの少差3着と悔しい敗北を喫した。これが影響したかどうか、G2セントライト記念は、それまで騎乗していた菊沢騎手から横山典騎手に乗り替わり。するとドンピシャのタイミングでエンジンがかかり、皐月賞馬アルアインを抵抗する間も与えず差し切った。
前走内容から、今回のメンバーでも能力は間違いなく上位。鞍上も心強く、自慢の末脚が発揮されれば、結果はついてくる。

キセキ

昨年12月の新馬戦を大楽勝して早くも注目を集め、以降のレースでも人気を集めたが、これに応えられず完敗。さすがに人気が急落したG3毎日杯だったが、ここで好内容の3着に入り、復調の気配が見えてきた。
間隔を開け、夏の500万は楽勝。1000万信濃川特別も、32秒9の豪脚で直線一気の差し切り。新潟2000m1分56秒9の時計も優秀で、再評価を得た。G2神戸新聞杯では、2番人気と支持も回復。先に抜け出したダービー馬レイデオロには及ばなかったが、後方から伸びて2着を確保している。
終いの伸びは強烈で、しっかり脚を溜められれば、直線で猛襲してくるはずだ。

ダンビュライト

G1朝日杯FSこそ大敗したが、他のレースでは安定しており、G2弥生賞も3着。しかし勝ち味に遅いことが嫌われたか、G1皐月賞は12番人気。この低評価に発奮したか、勝負ところで抜け出し、一瞬勝利も見えたほど。ゴール寸前にアルアインらに差され3着に敗れたが、内容は上位2頭に負けない濃いものだった。続くG1日本ダービーは最内枠を引く幸運に恵まれたが、苦手な瞬発力勝負とレースには恵まれず着外に終わった。
秋初戦のG2神戸新聞杯は2番手でレースを進めたが、後続勢に差され4着。休み明けなら、これで十分だろう。
距離延長がいいタイプではないが、鞍上は京都の長距離戦にめっぽう強い武豊騎手。皐月賞以上の結果も期待できる。

アルアイン

新馬、500万千両賞と連勝。無敗の3連勝で重賞勝ちと意気込んだG3シンザン記念だったが、伸びかかったところで前が塞がれる致命的な不利。これが祟って6着と、勢いはストップしかけた。この悪い流れを一戦で変えたのがG3毎日杯。早めに仕掛けて抜け出すと、追い込んできたサトノアーサーを抑えて勝利した。
勢いをつけて臨んだG1皐月賞は、勝負どころでモタモタする場面もあったが、再度盛り返してジワジワ伸びると、内から強襲したペルシアンナイトを封じ、一冠目を奪取した。二冠目を目指したG1日本ダービーは、流れ込む形の5着に終わっている。
この秋はG2セントライト記念から始動。1番人気で2着も、前哨戦を考えれば内容は悪くない。3000mの距離は血統、馬体から不安だが、うまく立ち回れば克服は可能だ。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。