sportsnavi

2017年10月15日(日)

11R

2017年10月15日(日) | 4回京都5日 | 15:40発走

第22回秋華賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:雨 | 馬場:重 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:9200、3700、2300、1400、920万円 | レコードが出たレース

アエロリット

G3フェアリーS、G3クイーンCをともに2着、G1桜花賞では5着と結果は悪くないものの勝ち味に遅く、この時点で1勝のみ。それでもG1NHKマイルCでは牡馬を相手に2番人気と高い評価を得た。桜花賞では後方から差す競馬だったが、ここでは2番手を進む積極策で、直線では外から進出し直線半ばで早くも先頭。強気な競馬だったが、最後まで脚色は衰えることなく、2着に1馬身半差の完勝。着差以上に力差を見せつけた。
続くG3クイーンSでも積極策で逃げると、後続を寄せ付けず2着のトーセンビクトリーに2馬身半差をつける楽勝。勝ち味に遅いイメージは完全払拭された。
折り合い面から2000mへの距離延長は少々気になるが、内回りコースを味方に3連勝を決めたい。

ディアドラ

G1桜花賞は14番人気と目立たぬ存在だったが、メンバー最速上がりで6着。その後500万矢車賞を勝ち、G1オークスへは中1週の強行軍。厳しいローテーションだったが、最内から脚を伸ばし4着と健闘した。
間隔をあけ、札幌の1000万HTB賞は、この条件にしては骨っぽい相手だったが、古馬陣を捻じ伏せて快勝。前哨戦はG3紫苑Sを選択。長距離輸送を挟みながらプラス12キロも良かったが、レースでも前走同様外からしぶとく差し切り。初めて重賞を勝ち、上昇気流に乗って本番へ向かう。
主戦の岩田騎手がファンディーナ騎乗となったが、ルメール騎手を確保できたのは大きく、3連勝でG1制覇も見えて来た。

ファンディーナ

2歳秋に使う予定がアクシデントで伸び、1月後半の新馬戦でデビュー。持ったままで後続を突き放し、9馬身差の大圧勝。ニューヒロイン誕生を予感させる衝撃の内容で、早くも話題にのぼった。
500万つばき賞、G3フラワーCと3連勝すると、G1桜花賞ではなく牡馬相手のG1皐月賞に出走、断然人気に推された。これまでと同様好位でレースを進め、4コーナーでは好位置にいたが、ここから伸びあぐね7着に敗退。牡馬クラシックはさすがに甘くなかった。その後はG1オークス、G1ダービーは使わず休養に入っている。
秋の復帰戦となったG2ローズSは、仕上がり途上の不安説を証明するようにプラス22キロ。これが影響したか6着に終わった。これを叩いてどこまで変わったか。1週前調教が軽かったので、レース当日の気配や馬体はよく見ておきたい。

モズカッチャン

未勝利、500万と連勝し、勢いをつけて臨んだG2フローラSだったが、地味な背景もあり12番人気の人気薄。レースは中団につけ直線へ向くと、グイグイ伸びて先行勢に並びかけ、瞬く間に差し切り。先行した3頭が2〜4着に粘った展開を考えると、内容も非常に濃いものだった。
G1オークスでも6番人気と穴馬的な立場だったが、断然人気のソウルスターリングに一時は迫るシーンも。最後は突き放されたが2着に入り、前走同様価値あるレースだった。
秋初戦のG2ローズSは2番人気で7着と期待を裏切ったが、プラス14キロの影響もあったのかもしれない。人気が落ちて怖いタイプなので、今回こそ注目すべき時だ。

ラビットラン

アメリカの名種牡馬タピットの産駒。同馬の産駒は日本でもテスタマッタやラニなどダート活躍馬が多く、同馬もダートでデビューし勝利を収めている。
以降2戦敗れると、4戦目で初めて芝のレースを選択。すると後方16番手から上がり33秒0の豪脚で直線一気を決め2勝目。これで芝向きと判断したか、次も芝のG2ローズSに参戦。前走同様、道中は後方で脚を溜め、最後の末脚勝負に持ち込むと、メンバー最速の上がり33秒5の脚でカワキタエンカ以下を一蹴した。
これで芝は2戦2勝。まだまだ底を見せておらず、勢いでG1突破もある。

リスグラシュー

G1勝ちこそないものの、今年の3歳牝馬戦線で最も安定しているのは、この馬だろう。昨年のG1阪神JFでは出遅れながらソウルスターリングの2着。G3チューリップ賞3着でいったん評価を落としたが、G1桜花賞ですぐに復権。レーヌミノルには及ばなかったが、ソウルスターリングを交わし2着に入った。
馬体面、折り合いの不安から長距離遠征で2400mのG1オークスは5着と少し崩れたが、休養明けのG2ローズSでは3着と、最後はしっかり脚を伸ばしてくる。 折り合い面から積極的に勝ちに行けないところが2、3着の多さに繋がっているようだが、脚を溜めるぶん末脚は堅実。今回も上位に食い込む可能性は高い。

レーヌミノル

芝1200mの小倉2歳Sを大楽勝したときは、早熟性の強い短距離馬という見方が多かった。実際1400mのG2京王杯2歳Sで2着、マイルに距離延長のG1阪神JF3着、G3クイーンC4着と距離延長で着順は下降。逆に1400mに距離短縮したG2フィリーズレビューで2着と成績を上げたことから、距離延長が不安視され、マイルのG1桜花賞では単勝40.8倍と一気に人気を落としていた。
しかしレースでは大逆転。好位からしっかり伸びてリスグラシュー以下を完封。見事にクラシック一冠目を制した。だがG1オークス、G2ローズSでは完敗と中距離以上では不安もある。2000mをどうこなすか。
Yahoo! toto
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。