sportsnavi

2017年10月9日(月)

11R

2017年10月9日(月) | 4回京都3日 | 15:35発走

第52回京都大賞典(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

サウンズオブアース

ここまで重賞勝ちは一つもないが、2着は7度もあり、中には菊花賞、有馬記念、ジャパンCとG1の2着が3度もある実力馬である。
今年は初めて海外遠征を敢行し、ドバイシーマクラシックに出走したが完敗。その後休養に入れ、G2札幌記念で復帰。好位から脚を伸ばし4着に入線している。
G2京都大賞典は過去2回出走し2、4着。昨年の4着は天皇賞・春以来久々のレース。今年は札幌記念を叩いているので、臨戦過程は今年のほうが上だ。そもそも京都コースは、菊花賞2着、京都新聞杯2着など実績のあるコース。初めての重賞勝ちへ向け、舞台設定は整った。

シュヴァルグラン

3歳秋から3連勝して一気に覚醒。4歳となった昨年は2つのG2を勝ち、天皇賞・春、ジャパンCと2つのG1で3着と躍進を見せた。
今年は3戦して未勝利だが内容は濃く、G2阪神大賞典ではグランプリホースのサトノダイヤモンドに真っ向勝負を挑んで2着。G1天皇賞・春ではキタサンブラックに敗れたものの、前走先着を許したサトノダイヤモンドを逆転して2着と存在感をアピールした。G2宝塚記念は8着だが、前年も9着に敗れており、2200mの距離が短いのかもしれない。
京都2400m以上のコースは4戦して全て馬券圏内、天皇賞・春で3、2着と相性も良く、3つ目の重賞勝ちも近い。

スマートレイアー

かつては折り合いを考慮して差し・追い込み戦法をとっていたが、キャリアを積んで操作性も上がると、先行策に変更。これに合わせて成績も上昇し、昨年はG3東京新聞杯、G2阪神牝馬Sともに逃げ切りで2連勝。その後は勝ち星こそないものの、常に上位争いに顔を出し、高いレベルで安定している。
7歳となった今年も衰えは見えず、G2京都記念はサトノクラウンの2着に入線し、ダービー馬マカヒキに先着。その後もG1ヴィクトリアマイルで4着、G3鳴尾記念で2着と、多彩な距離で活躍している。
好位で競馬ができるので開幕週の馬場もプラス。久々の重賞勝ちのチャンスだ。

トーセンバジル

セレクトセールで1億4175万円(税込)の高額がついた馬。早い段階から高い資質を感じさせていたが、能力に結果が追いついてきたのは古馬になってから。昨年の夏から秋にかけて条件戦を3連勝。今年初戦のG2阪神大賞典では後方から長く脚を使ってジワジワと伸び、サトノダイヤモンド、シュヴァルグランの3着に入線と、いよいよ重賞でも上位に食い込んできた。
前走のG3新潟記念は7着だが、この馬には距離も短く、勝ち馬から0.2秒差なら気にすることはない。叩いた効果と、2400mへの距離延長で、再度上位を狙う。

フェイムゲーム

6歳春までに重賞を4勝。2年前の天皇賞・春では、ゴールドシップをクビ差まで追い詰める2着もあり、長距離ならG1も狙える器だ。
昨年のG1宝塚記念で17着と大敗すると、その後に去勢手術。復帰戦のG2アルゼンチン共和国杯で5着し、ここから上がってくると思われたが、その後2戦は期待外れの結果。去勢が失敗したかに思われたが、復活を見せたのがG2目黒記念。近走内容と58キロのハンデが嫌われ8番人気にまで支持は落ちていたが、メンバー唯一の上がり3F33秒台の脚を繰り出し、混戦の馬群を貫き快勝した。
復活した現在、長距離実績からも好勝負が期待できる。

マキシマムドパリ

G1秋華賞3着をはじめ、G2フローラS3着など3歳時から重賞で好走していた実力馬だが、なかなか条件クラスを勝ち上がることができず、G3愛知杯も条件馬の身で出走。それでも1番人気に推されるあたりは、周囲もこの馬の実力を買っている証明。これに応え、見事な差し切り劇を演じた。
2戦後のG3マーメイドSでは、愛知杯と違い好位からレースを進めて抜け出すと、後続を抑えて2つ目の重賞勝ちを収めている。前走のG3クイーンSは不発だったが、展開に泣かされたものと見てよかろう。
牡馬相手のG2は厳しいが、使われてきた強みで、仕上がりの差を生かしたい。

ミッキーロケット

デビュー時から期待は高く、1勝馬の身で出走した昨年のG2スプリングSで2番人気に推されたほど。夏の北海道で2勝をあげ、G2神戸新聞杯では単勝1.2倍のサトノダイヤモンドにクビ差迫る健闘を見せた。
今年初戦のG2日経新春杯では、シャケトラとの一騎打ちを制し、初重賞制覇。G1の活躍も期待されたが、G1大阪杯は7着、G1宝塚記念6着と大崩れはしていないものの、あと一歩上位には足りなかった。
この夏の成長具合によっては、G1の上位に食い込んでこれる位置にいる馬。まずは懸念の出遅れ癖の解消を、今回のレースで見せておきたい。
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。