sportsnavi

2017年4月30日(日)

11R

2017年4月30日(日) | 3回京都4日 | 15:40発走

第155回天皇賞(春)(GI)

芝・右・外 3200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 |

シャケトラ

ダービーも終わった6月12日にデビュー。ここを楽勝し、2戦目は脚を余して敗れたが、その後500万、1000万と連勝している。本来なら次は1600万戦だが、陣営は強気にG2日経新春杯に挑戦。このあたりは同馬に対する期待の高さの表れだろう。結果はミッキーロケットにハナ差2着も、キャリアを考えれば上々の内容だ。
そして前走のG2日経賞は大外から強襲し、粘るミライヘノツバサを抑えての勝利。先行勢が上位に残る展開だっただけに、着差以上の強さだった。
有力馬の中では伸びシロは一番。2強ラインを突破する可能性は、この馬が一番高いのではないか。

キタサンブラック

昨年のG1天皇賞・春も制し、今年は2連覇を目指しての出走。5歳となったが、キャリアを積む毎にまだまだ成長をしている感もあり、昨年の天皇賞・春はハナ差の辛勝だったが、秋になって迎えたG1ジャパンCは、他馬を寄せ付けず楽勝。G1有馬記念はゴール寸前にサトノダイヤモンドに捕まったが、2キロの斤量差を考えれば、内容では負けていなかった。
前走のG1大阪杯もダービー馬マカヒキ、香港ヴァーズ勝ち馬サトノクラウンなど好メンバーが集まったが、それらを全く寄せ付けず、ステファノス以下に快勝と更に勢いを増している。
今度はサトノダイヤモンドとは同斤量で、逆転の舞台は整った。

シュヴァルグラン

3歳秋に3連勝してオープン入りし、古馬になってG2阪神大賞典を楽勝。昨年の天皇賞・春は3着に終わったが、展開の不利や直線で前が狭くなるなどスムーズさを欠いた上での好走だけに、内容はかなり濃いものだった。
以降も好レースを連発し、休養明けのG2アルゼンチン共和国杯を勝利すると、G1ジャパンCも3着に入線。コースが合わなかったG1有馬記念は6着も、G2阪神大賞典ではサトノダイヤモンドの2着と、特にスタミナ勝負での安定感は抜群だ。
半姉ヴィルシーナ、半妹ヴィブロスはG1ウイナー。得意の長距離戦で、きょうだい3頭目のG1ウイナーを目指す。

ディーマジェスティ

G3共同通信杯を勝ちながら、昨年のG1皐月賞では最強レベルと評されたメンバーでは目立たず8番人気。序盤は後方に位置していたが、直線へ向くと外から豪快に伸び、サトノダイヤモンドを軽く交わして先頭。マカヒキの追撃も寄せ付けず、一冠を制し、評価を一気に上げた。
G1日本ダービーは3着と、二冠奪取はならなかったものの好内容のレース。秋もG2セントライト記念を勝ち好スタートを切ったが、ここからスピードダウン。G1菊花賞で4着に敗れると、G1ジャパンCは13着。前走のG2日経賞も6着と、なかなか調子が上がってこない。
成長力不足に、今回は距離不安もささやかれる。皐月賞馬復活を見たいものだが…。

ゴールドアクター

一昨年の有馬記念の覇者で、この時はキタサンブラックも破っている。昨年はG2日経賞を楽勝し、G1天皇賞・春では1番人気に推されたが、直線で失速し12着と惨敗を喫した。
昨秋はG2オールカマーを楽勝し、G1ジャパンCは4着。2連覇を目指したG1有馬記念は、キタサンブラックをピッタリマークし、直線で抜け出しを図ったが捉えることはできず、サトノダイヤモンドにも差され3着。それでも見せ場をつくり健在をアピールした。この内容からG2日経賞は堅いと見られていたが、まさかの5着に敗れている。
天皇賞・春は昨年惨敗で距離に不安も、鞍上に横山典騎手を迎え一発を狙う。

サトノダイヤモンド

最強世代と言われた昨年の3歳馬(現4歳)の中でも、早くからトップという評価があったのだが、G1皐月賞は3着で、G1日本ダービーはハナ差2着。結果だけ見れば悪くないのだが、これでも物足りなく感じるのが同馬への大きな期待感。
そんな期待に応えてくれたのが昨年の秋。8分程度のデキだったG2神戸新聞杯こそ苦戦したが、G1菊花賞は圧倒的な力差を見せつけてクラシック最後の一冠を獲得。年末のG1有馬記念では、古馬最強のキタサンブラック相手に、さすがに手こずったが、ゴール寸前にきっちり差し切っている。
始動となったG2阪神大賞典も快勝し、天皇賞・春へ準備万端。念願の凱旋門賞制覇を叶えるためにも、国内で負けていられない。

レインボーライン

一時はマイル路線を歩み、G3アーリントンC勝ち、G1NHKマイルC3着の実績もあったが、2000mのG2札幌記念でモーリスに迫る3着に入ると、一気に距離を延ばし3000mのG1菊花賞へ出走。サトノダイヤモンドには及ばなかったが、エアスピネル、ディーマジェスティと世代トップクラスの馬を交わし2着に入線。G1ジャパンCでは6着も、メンバー最速上がりをマークしている。
休養明けのG2日経賞は4着だが、ゴール前で脚を見せており、叩き台としては上々の滑り出し。菊花賞の内容を考えると京都3200mは、この馬の力を発揮するに絶好の舞台だ。
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。