2017年1月22日(日)

11R

2017年1月22日(日) | 1回中京4日 | 15:25発走

第34回東海テレビ杯東海ステークス(GII)

ダート・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 |

アスカノロマン

昨年の東海Sの覇者。その後G1フェブラリーS3着、G3アンタレスS2着、G3平安Sでは後続に5馬身の差をつける楽勝と、新たなダート王誕生の予感もあった。しかし、この後に成績は下降し、交流G1帝王賞は6着も勝ち馬から3秒2離された大敗。2走前のG3みやこSも14着と大きく崩れた。
この流れではG1チャンピオンズCで10番人気も仕方なかったが、レースでは2番手から粘り込み3着入線。他の先行勢が崩れた中でのもので、ようやく復調したと見ていいだろう。こうなれば能力的に勝機だ。

グレンツェント

芝でデビューしたが、5着に敗れると2戦目はダートを選択。ここを4馬身差楽勝すると、以降はダート戦で走り続けている。
初めての重賞挑戦だったG3ユニコーンSは3着に敗れたが、続くG3レパードSは逃げるケイティブレイブを捉え初重賞制覇。古馬との初対戦となったG3みやこSも中団から伸びたが、先に抜け出したアポロケンタッキーにクビ差届かず2連勝を逃した。
断然人気となったオープン師走Sは難なく快勝し、勢いを維持しての臨戦。交流G1川崎記念出走のプランもあったが、より確実に勝利を目指すため東海Sを選択したのだから、負けられない一戦だ。

ピオネロ

かつては芝を主戦場にし、クラシックを目指す存在だった。その後頭打ちになったこともあり、昨夏の1600万白川郷Sで初めてダート戦に出走。現在オープンで活躍するモズライジンをクビ差抑えて勝利。このままダート戦を使い、オープンBSN賞では好位から抜け出し楽勝。3連勝を目指したG3シルウスSは、逃げたマスクゾロに惜しくもクビ差届かなかったが2着入線。直線の不利が無ければ勝っていた可能性もあるほど際どい内容だった。
ダートではまだまだ底を見せていない馬。初重賞制覇は時間の問題だ。

ラストインパクト

ここまで3つの重賞を制し、一昨年のG1ジャパンCではショウナンパンドラの2着と好走。今春はドバイシーマクラシックでドゥラメンテに続く3着に入るなど、G1を狙う位置につけていた。
しかしドバイ以降は7、7、10着と苦戦の連続。そこで陣営は矛先を、初めてダート戦へ向けてきた。これが吉と出るか凶と出るか。
一族にはダート馬もいるが、活躍馬はナリタブライアン、ビワハヤヒデ、キズナなど芝馬が目立っている。母の父が、産駒にパワータイプが多いティンバーカントリーなので、血統面に期待したい。

リッカルド

条件クラスで安定した成績を残していたが勝ち味に遅く、1600万から1000万に降格後、勝ち上がるまでに5戦、1600万を勝ち上がるのも安達太良Sまで6戦かかっている。
そんな背景もあり、格上げ初戦が初重賞挑戦となったG3エルムSは7番人気。だが中団から早めに動き4コーナーで2番手に上がると、粘るクリノスターオーをクビ差制し、2連勝で重賞タイトルを獲得した。
その後2戦は大敗しているが、2走前は58キロ、前走はプラス10キロの馬体重が響いたか。前走より絞れていれば、巻き返しも可能だ。

ロワジャルダン

4歳時に本格化し、みやこSで初重賞勝ち。続くチャンピオンズCで4着、フェブラリーSでも5着とG1で上位に入線し、ダートのトップを望む存在にまで伸し上がった。
頭打ちの時期もあったが、昨年のみやこSでは勝ったアポロケンタッキーからコンマ1秒差の3着に入線。チャンピオンズCは8着も、勝ち馬からはコンマ5秒差なら悪くない。
サウンドトゥルー、モーニン、ノンコノユメといったG1級の馬とも互角に戦ってきた馬。復調した今なら、G2を勝つことは難しくない。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。