IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年12月28日(木)

11R

2017年12月28日(木) | 5回中山9日 | 15:30発走

第34回ホープフルステークス(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 |

タイムフライヤー

新潟の新馬戦は2着だったが、勝ち馬は次戦で札幌2歳Sを勝ったロックディスタウンと、レベルの高い一戦だった。続く未勝利戦は、高速上がりで快勝し、オープン萩Sへ。後方で脚を溜め直線で外へ持ち出されると、豪快に抜け出して4馬身差の楽勝と力の違いを見せつけた。
萩Sのレースぶりから、G3京都2歳Sは単勝1.7倍の断然人気。レースでは、キャリア一戦のグレイルとの一騎打ち。これに頭差競り負け2着と悔しい敗北を喫したが、重賞で少差の2着は、重賞ウイナーが一頭のみの今回のメンバーでは実績上位。前回取りそこなった重賞タイトルは、G1の舞台で決めたい。

シャルルマーニュ

デビューから3戦目に初勝利。格上げ初戦のオープン・アイビーSは2歳馬には厳しい不良馬場だったが、しっかり対応してコスモイグナーツにハナ差の2着まで追い詰めた。
G3東京スポーツ杯は一転、良馬場でハイペースのスピード競馬。ここでも崩れず、好位からしぶとく脚を伸ばし3着。勝ったワグネリアンからは大きく離されたが、評判馬ルーカスを最後まで苦しめた。
レース運びがうまく安定感もあるので、中山芝2000mのコースは向くはず。好枠を引き巧く立ち回れば、前走以上の結果も求めることができる。

サンリヴァル

夏の新潟開催最終週でデビュー。3番手から抜け出し、ゴール前で後続に詰め寄られたが、頭差残して1着ゴール。着差こそ少なかったが、2、3、5着馬が後に勝ち上がったメンバーだけに、内容は評価できる。
オープン芙蓉Sでも2番手につける先行策。直線で逃げ馬を交わすと、札幌2歳Sで2着と好走したファストアプローチ以下を寄せつけず2連勝としている。
祖母はオークス馬ウメノファイバーで、まだまだ上積みが見込める馬。ホープフルSと同じコースの芙蓉Sを勝っていることからコース適性も高く、無傷の3連勝で来年のクラシックへ弾みをつけたい。

ルーカス

国内外でG1を6勝した名馬モーリスの全弟という良血から、1歳時から評判になっていた期待の星。デビュー戦となった札幌の芝1800m戦は、相手の8頭中6頭が後に勝ち上がったほどの好メンバーだったが、これらを相手に横綱相撲で押し切っている。
来年を睨んで休養を入れ、2戦目に選択したのはG3東京スポーツ杯2歳S。ここでも2番人気と期待は高かったが、既に2勝しているワグネリアンの末脚には歯が立たず2着確保がやっとだった。
完成度が低いことから、現状はこれで十分。上積みは他馬以上に大きく、ワグネリアン不在の今回はしっかり勝って、クラシック戦線に繋げていきたいのだが、最終調教で落馬し、放馬した影響は気になるところだ。

フラットレー

デビュー前の早い時期から評判の高かった馬で、8月13日函館の新馬戦は注目が集まった。緩いペースにもしっかり折り合って後方を進め、4コーナーでは外から豪快に進出。ギアを入れられると矢のような伸びで他馬を圧倒し、あっという間に2着に2馬身半差をつけてのゴール。上がり3Fは、上がり2位の馬に1秒近い差をつける強烈な末脚だった。
夏場は新馬戦で終え、秋はオープン・アイビーSから始動。単勝1.8倍の圧倒的な支持を受けたが、最後まで伸びあぐね5着に敗退。この日は馬場がかなり悪く、姉のバウンスシャッセ同様、道悪が向かなかったのだろう。
この一戦で評価を下げるのは早く、良馬場で見直したい。

ジュンヴァルロ

デビュー前の調教が地味だったこともあり、新馬戦は単勝12.6倍。レースは先手を取り、1000mラップが60秒台と中距離の新馬戦にしては速めの流れ。おかげで2〜4番手につけていた3頭は後方に沈んだが、この馬は最後まで脚色乱れず、逃げ切りを演じた。
500万黄菊賞も逃げ戦法に出たが、ペースは新馬より遅く1000mラップは61秒台。この流れを味方にして見事に逃げ切っている。
2戦ともに4番人気と、あまり人気になるタイプではないが、そのぶんマークも緩くなる。今回も有力馬は差し系統の馬が多いため、展開に恵まれる可能性は十分にある

ジャンダルム

新馬戦は勝ち時計こそ平凡だったが、初めてのレースとは思えぬセンス溢れる走りでの勝利。これが評価され、G2デイリー杯2歳Sでも注目を集めた。レースはスローペースとなり、後半2Fは11秒6-11秒3の加速ラップ。差し馬には厳しい展開だったが、中団から伸び、先に抜け出したカツジを差し切る強い内容で、デビュー2連勝としている。
母は1200mのG1を勝ったビリーヴ、半兄のファリダット、フィドゥーシアも短距離で活躍しており、2000mの距離に一抹の不安も。ただ父のキトゥンズジョイはサドラーズウェルズの系統で、自身は2400mのG1勝ち馬。産駒には中距離重賞の勝ち馬もおり、距離延長に耐えられる下地はある。

ナスノシンフォニー

福島の芝1800m戦でデビュー。道中に1F14秒台も計時されたほどの超スローペースを後方から進め、3〜4コーナーでも外を回る厳しい展開。捲り気味に進出すると、先に抜け出したプトラナを捻じ伏せるように差し切り。ハナ差勝ちだが、着差以上に強い内容だった。
ここで休養を入れ、復帰戦は500万百日草特別。初戦よりは行きっぷりも良くなり中団でレースを進めると、直線では内から進出。ゴーフォザサミットに半馬身及ばなかったものの、2着に入線。久々のレースで、牡馬の素質馬を相手にここまでやれれば文句はない。
前走の競馬ができれば中山に対応できる。G1と言っても、多くが1勝馬。牝馬でも馬鹿にできない。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。