2017年10月1日(日)

11R

2017年10月1日(日) | 4回中山9日 | 15:40発走

第51回スプリンターズステークス(GI)

芝・右・外 1200m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9800、3900、2500、1500、980万円 | レコードが出たレース

セイウンコウセイ

勝ち上がるまで約9か月、7戦もかかったが、初勝利を機に馬はグングン成長。4歳になった今年はオープンクラスで迎え、格上げ初戦のオープン淀短距離Sも快勝した。
初めての重賞挑戦となったG3シルクロードSでも2着に食い込み、G1高松宮記念へ。いつものように好位からレースを進め、直線半ばで鮮やかに抜け出すと、2着以下を寄せ付けず、初重賞制覇をG1で飾った。間隔を開けて臨んだG3函館SSは4着と崩れたが、超ハイペースが祟ったもので、久々を考えれば内容は悪くない。
再度休養明けとなるが、ここが目標レースなので函館SSの時とは仕上がりも違う。能力的にはもちろん、馬場が渋れば2つ目のG1制覇の確率は更に上がる。

ダイアナヘイロー

新馬を勝ち、オープンのエルフィンSで2着した頃は桜花賞候補の一頭でもあったが、G2フィリーズレビューは4着で惜しくも桜花賞出走権利を逃すと、その後は条件クラスで苦しみ、なかなか浮上の気配が見られなかった。
この流れが変わったのは今年の夏。500万戎橋特別で約1年ぶりの勝利を掴むと進撃開始。1000万皆生特別、1600万佐世保Sと連勝し、G3北九州記念に出走。スタート後の1F〜2Fが10秒0の速いペースを2番手で追走する厳しい競馬だったが、直線に入っても脚色は衰えず、後続を抑えて優勝。これで4連勝と勢いは増すばかりだ。
心身ともに成長し、今が旬の馬。驚異の上昇力でG1を狙う。

ダンスディレクター

折り合いに苦労し、かつては最後方でがっちり抑える競馬が主だった。おかげで追い込んで届かない悔しいレースが多かったが、最近は折り合いも良くなったか好位で競馬ができることもあり、これに合わせて成績もアップしている。
今年もG3シルクロードSで勝利し、高松宮記念も有力と見られていたが、軽い骨折で休養。このレースで破ったセイウンコウセイが高松宮記念を勝ったことは、悔しかっただろう。復帰は前走のG2セントウルS。中団後方から脚を伸ばし3着に入線。この脚を使えるなら、故障の影響はあるまい。
末脚の破壊力はメンバーでも上位。昨年は大敗したが、馬が充実した今年は違う。

ビッグアーサー

デビューから5連勝。特に3戦目の1000万岡崎特別を勝った時の時計と、同日のG1高松宮記念の勝ち時計との差がわずか0.1秒しかなく、一躍注目を集めた。ただオープンクラスに上がってからは1勝こそしたものの、重賞レースでは勝ち損ねる場面も多く、厳しい状況が続いた。
そんな鬱憤を晴らしたのが昨年のG1高松宮記念。ミッキーアイルとの一騎打ちを制し、苦しんだ重賞をG1の大舞台で勝ち取った。これを機に短距離戦線の主役を担うと見られていたが、昨年のG1スプリンターズS、そして年末の香港遠征も大敗している。
今年は未出走のため、G2セントウルSを叩いて本番を迎えたかったが、軽い不安が出てブッツケ。力は上位も、仕上がりが万全とは言い難い。

メラグラーナ

南半球産のため、生まれが他の馬より半年程度遅く、本格化も古馬になってから。4歳となった昨年夏以降から急激に力をつけ、年末のオープン特別ラピスラズリSを快勝。今年に入り迎えたG3オーシャンSは1番人気に推されると、直線一気の脚で差し切り。力の違いを見せつけた。
この2連勝が評価されG1高松宮記念でも3番人気の評価を得たが、いつものような末脚が見られず大敗。すると1番人気のG3CBC賞でも同じように見せ場なく終わった。この2戦の不安を払拭したのが前走のG2セントウルS。4着に敗れたものの、32秒4の最速上がりをマークしている。
中山は3戦3勝と得意なコース。復活した前走の末脚から、良馬場なら好勝負可能だ。

レッツゴードンキ

2年前のG1桜花賞馬。当時はマイル以上の距離を主戦場にしていたが、折り合い難が収まらず、成績も下落。そこで短距離路線に活路を見出すと、徐々に成績も安定してきた。
今年のG3京都牝馬Sでは、中団から一気に抜け出すと、混戦の2着争いを尻目に力差を見せつけて快勝。桜花賞以来22か月ぶりの勝利を獲得し、G1高松宮記念へ向けて勢いをつけた。本番でも中団でしっかり折り合いをつけ、直線でも一気の伸び脚を見せたが、先に抜け出したセイウンコウセイに及ばず2着。敗れはしたものの、まだまだG1で通用することを認識させた。
マイルのG1ヴィクトリアマイルは惨敗したが、1200mに戻れば大丈夫。桜花賞以来のG1制覇も見えている。

レッドファルクス

芝・ダート両コースで活躍していたが、昨年の夏にG3のCBC賞を勝ったことで、芝を主戦場に。G1スプリンターズSへ向かうと、3〜4コーナーから大外をグイグイ進出し、粘る先行勢を捻じ伏せるように差し切り。一時はダートを主戦にしていた馬が、瞬く間に芝のスピード王の座に伸し上がった。
その後は香港遠征で大敗もあったが、国内では安定し、G1高松宮記念3着、G2京王杯SC1着。そして距離が不安視されたG1安田記念でも1200m戦時同様の末脚で、勝ち馬サトノアラジンからクビ、クビの少差3着に入線と高い能力を見せた。
その後はスプリンターズS一本に照準を絞り、久々でも仕上げに抜かりなし。2連覇へ向けて視界良好だ。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。