sportsnavi

2017年9月18日(月)

11R

2017年9月18日(月) | 4回中山5日 | 15:45発走

第71回朝日杯セントライト記念(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

アルアイン

新馬、500万千両賞とデビューから2連勝。不利のあったG3シンザン記念は崩れたが、G3毎日杯では積極策から早めに先頭に立ち、追い込んできたサトノアーサーを半馬身抑え勝利し、G1皐月賞へ進む。ここでも好位からレースを進め、勝負どころでモタつくシーンもあったが、直線で再度盛り返し、見事にクラシック1冠目をもぎとった。
2冠を狙ったG1日本ダービーは直線で好位置にいたが、ジリジリとした伸びで5着入線も、見せ場をつくることはできなかった。
この秋からルメール騎手に鞍上強化。栄冠に輝いた中山コースで、G1馬の貫録を見せつけたい。

クリンチャー

デビュー戦は後方で終わったが、大きな変わり身を見せたのは2戦目。初戦とは違い先手を取ると、最後まで後続を寄せ付けず3馬身差の楽勝。時計も速く一気に評価を上げた。するとオープンすみれSでも先行策から抜け出し、2着に4馬身差の楽勝で、G1皐月賞へ向かう。
一気の相手強化で13番人気と支持は低かったが、近2戦同様に積極策で、4コーナーを回ったところでは先頭。直線でも良く粘り、最後は4着も人気を考えれば大健闘だ。G1日本ダービーにも出走したが、自分の競馬ができずに敗れている。
すみれSと同じ2200m、皐月賞で好走した中山コースと条件が揃い、先行すれば差し馬勢を悩ませる存在になる。

サトノクロニクル

新馬戦は先に抜け出した馬を捉えきれず2着。2戦目に初勝利を挙げるも、500万水仙賞でもスローペースに泣かされ届かず2着。好位で競馬を進めることができたG2京都新聞杯では2着を確保し、オープン白百合Sでは混戦を制して勝利している。
ここまで5戦全てで連対し、G3ラジオNIKKEI賞では初重賞制覇の期待がかかったが、伸びきれずに6着と初めて崩れてしまった。不器用な面があるため、福島コースが合わなかったようだ。中央場所なら前走のようなこともあるまい。
デビューから全て1番人気に支持されているように、元より評価の高い馬。目標であるG1菊花賞も含めて期待は高まる。

プラチナヴォイス

初勝利に3戦かかったが、その時はレコードで快勝。オープン萩Sでは良血評判馬ヴァナヘイムを破り2連勝を飾っている。重賞でも上位を窺う位置を確保し、G2スプリングSでは内から抜け出し、一瞬勝利を思わせるシーンも。最後はウインブライト、アウトライアーズに交わされた3着も上々の内容で、G1皐月賞へ。
その本番は中団から伸びきれず10着。G1NHKマイルCは初めての距離に苦しんだか11着に終わっている。
スタート直後や直線で寄れることも多く難しい馬だが、そのような状況でも萩S勝ちやスプリングS3着の結果を残している馬。スムーズな競馬ができれば、ここでも差はない。

ミッキースワロー

初勝利の2戦目は、3コーナーまで後方にいたが、ここからマクリ気味に進出し、最後は3馬身半差突き放す強い内容。500万ひめさゆり賞も、中団から鮮やかな差し切り。
これで2連勝とし、G2京都新聞杯へ向かう。序盤は中団に位置し、早めに進出する強気な競馬を展開したが、これが祟って差し馬勢に差され5着。敗れたものの、内容は着順以上のものがあった。1000万いわき特別の3着は相手、斤量を考えれば勝ってもらいたかったが、後方から進めて脚を余したものだから、評価を落とす必要はない。
ここ2戦、レース運びがうまくいっていない感もあるが、レースに嵌れば上位に食い込める力は持っている。
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。