sportsnavi

2017年4月16日(日)

11R

2017年4月16日(日) | 3回中山8日 | 15:40発走

第77回皐月賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

スワーヴリチャード

初戦は取りこぼしたが、2戦目は楽勝。G3東京スポーツ杯2歳Sは、出遅れを挽回し直線で早々と先頭に立ったが、一度交わしたブレスジャーニーにゴール前で逆転されると、ムーヴザワールドにも迫られ何とか2着を確保。この結果から、G3共同通信杯ではぎりぎりまで追い出しを我慢する競馬に。これが功を奏したか、東スポ杯とは逆にゴール前では後続との差が開き、2着に2馬身半差と決定的な差をつけて勝利をモノにした。
出遅れ癖は気になるが、楽に好位を取れる脚がある。すんなり好位置につけられれば勝機も見えてくる。

カデナ

2戦目に勝ち上がり、好メンバーが揃った500万百日草特別では、直線で前が壁になる不利がありながら、前が開くと一気に伸びてアドマイヤミヤビの2着に入線。スムーズに走れたG3京都2歳Sでは自慢の末脚が発揮され、差し切りを演じている。
賞金を得たことで休養に入り、G2弥生賞で復帰。あくまで皐月賞へ向けて叩き台仕様の仕上がりだったが、3〜4コーナーで外から進出し、直線では逃げるマイスタイルをあっさり交わし快勝。展開を考えると着差以上の強さだった。
叩いての変わり身も大きく、クラシック制覇へ視界良好だ。

レイデオロ

新馬戦は極悪馬場での勝利で、この馬の能力を測ることは難しかったが、明確に強さを認識させたのが500万葉牡丹賞。先に仕掛けたコマノインパルスを、ゴール前難なく捉え快勝。その相手が次走で京成杯を勝ったのだから、中身が濃いのは当然だ。
この内容からG2ホープフルSは単勝1.5倍の圧倒的人気。レースでも馬群を貫いて堂々勝利を掴み、牡馬クラシック候補の筆頭格に伸し上がった。しかしレース後にソエが出るなどアクシデントに見舞われ、前哨戦を使えなかったのは痛い。
中山芝2000mを強い競馬で2勝と、このコースへの適性はメンバー1、2。高い適性と能力で、不利な久々を克服したい。

ペルシアンナイト

新馬戦は大楽勝も、続くオープン・アイビーSは2着。勝ち馬がソウルスターリングでは仕方あるまい。500万こうやまき賞を快勝し、G3シンザン記念で重賞勝ちを狙ったが、直線で前が壁になり不運の3着に終わった。
シンザン記念の鬱憤を晴らしたいG3アーリントンCは、道中後方で脚を溜め、直線へ向くと豪快に伸びて2着以下を子供扱い。最後は3馬身差をつけて力の違いを見せつけた。
最近はマイルで3戦しているが、血統的にもレース内容からも2000mの距離に問題があるとは思えない。前走の末脚を発揮できれば、皐月賞でも上位に食い込んでくる。

ファンディーナ

ここまでの3戦3勝は衝撃の連続。新馬戦は、勝負所で気合を一発入れられると、後は馬ナリの独走で9馬身差圧勝。2戦目の500万つばき賞は、荒れた馬場を上がり33秒0と出色時計で差し切り。そして3戦目はG3フラワーC。2番手から抜け出すと、ここでも手綱を動かくことなく後続をちぎり5馬身差の大楽勝。勝ちタイムは前日のスプリングSに比べ少々劣るが、ペース、上がり時計、ファンディーナ自身の手応えを考えると、内容は明らかにフラワーCのほうが上だ。
異例の牝馬の挑戦と言っても、この馬に関しては驚きもないほど当然の選択。69年ぶりの牝馬の皐月賞制覇は目前だ。

アルアイン

新馬戦、500万千両賞と連勝し、G3シンザン記念は2番人気。直線に入って好位から抜け出す構えだったが、行き脚がついたところで前方の馬が斜行し、進路を遮られる不利。ここでブレーキをかけられた後は態勢を立て直せず6着に入線。突き抜ける勢いがあっただけに悔やまれる一戦となった。
この悔しさを晴らしたのがG3毎日杯。2番手から抜け出すと、同厩の切れ者サトノアーサーの猛襲を半馬身抑え初重賞制覇となった。
母がアメリカのチャンピオンスプリンターなので、当初はマイル路線を歩むかに思われたが、毎日杯の内容から皐月賞へ。先に行けるのは強みで、パワーもあることから少々馬場が重くなっても大丈夫だ。

ウインブライト

デビュー前の調教が豪快だっただけに、夏の2戦はがっかりな結果だったが、秋になって変身。未勝利戦で楽勝すると、500万ひいらぎ賞こそアウトライアーズに敗れたが、続く500万若竹賞は調教のようなレースで快勝。そしてG2スプリングSでは、アウトライアーズを逆転し、見事に皐月賞出走切符を勝利で得ることができた。
その前走は馬体減もあり、必ずしも完調だったわけでは無かった。その後は馬体も回復し、調教も前走以上に良くなっている。ここ3戦の内容から、中山コースへの適性も他馬以上。ダービーより皐月賞こそが勝負のレースだ。
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。