2017年3月25日(土)

11R

2017年3月25日(土) | 3回中山1日 | 15:45発走

第65回日経賞(GII)

芝・右 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

ゴールドアクター

一昨年のグランプリホースで、昨年のG2日経賞も勝っている。昨秋はG2オールカマーを難なく勝ってG1ジャパンCに臨んだが、デビュー以来初めてとなる500キロ超の馬体が重かったか、直線で伸びを欠き4着に敗れている。
2連覇を目指したG1有馬記念は、前走よりマイナス6キロと絞っての出走。道中はキタサンブラックをマークする形で進め最後まで追いすがったが、これを捕まえられず、サトノダイヤモンドにも差され3着。連覇はならなかったものの、現役トップの2頭に食らいつき、改めて能力の高さを認識させられた。
その2頭が不在の今回、得意の中山2500mでレース2連覇の可能性は高い。

シャケトラ

G1日本ダービーも終わった6月12日にデビュー。ここを勝利し、2戦目は脚を余す形で3着も、間隔を開けた3戦目の500万下は楽勝。格上げ初戦の1000万境港特別も、着差以上の強さで勝利を収めている。
これで4戦3勝となり、本来なら1600万クラスのレースへ向かうところだが、自己条件を飛ばしG2日経新春杯に挑戦。格下ながら、素質の高さと53キロのハンデが買われ2番人気の高い支持を得た。レースは1番人気のミッキーロケットが先に抜け出したが、これに並びかけて一騎打ち。結局ハナ差負けしたが、キャリアを考えれば勝ちに等しいものだった。
有力馬の中では最も伸びしろが大きいと思われ、前走以上に期待を持てる。

ジュンヴァルカン

当初は決め手がなく、2、3着が続く時期もあったが、500万あずさ賞を好タイムで楽勝した頃より一変。続く1000万三田特別では、阪神2200mを2分10秒8と重賞級の時計で快勝。秋のG1菊花賞が楽しみになった。
しかしG3神戸新聞杯を迎える直前にアクシデントが起きて回避。何とか菊花賞には間に合ったが、連勝時のデキには無く10着に終わった。再度間隔を開け立て直されると、1600万松籟Sではこの馬の力がいかんなく発揮され、横綱相撲で楽勝を決めている。
近3勝の内容はいずれも内容の濃いもの。重賞級の器は間違いなく、G2戦でも通用する。

ツクバアズマオー

昨年の春に1600万を勝ってオープン入り。G3函館記念、G2オールカマーをともに3着と、早くも重賞で活躍した。年末にはオープンのディセンバーSを勝ち、G3中山金杯へ。外から鮮やかに進出すると、粘るクラリティスカイをしっかり捉え初重賞タイトルを獲得した。
前走のG2中山記念は6着に敗れたが、好メンバーとこの馬には少々短かった1800mの距離を考えれば、悪い内容ではない。今回の2500mの距離は逆に長いような気がしないでもないが、なにせ中山コースは5勝、中山金杯までは9戦連続で馬券圏内に入っていた得意コース。オールカマーではゴールドアクターに少差で続いており、今回も上位を望める。

ディーマジェスティ

最強世代と評された昨年の3歳世代のトップクラス。その立場を築いたのがG1皐月賞である。大外から豪快な伸び、先に抜け出したサトノダイヤモンドをあっさり交わすと、追い込んできたマカヒキも寄せ付けず、見事に一冠目を制した。日本ダービーでは1番人気に推されたが、マカヒキ、サトノダイヤモンドに及ばず3着。敗れはしたものの、皐月賞馬として恥じないレースだった。
この春の内容を考えると、昨秋の菊花賞、ジャパンCの内容は物足りないもの。古馬を迎え、どこまで復調しているか。今後を占う意味でも、重要な一戦になる。

ミライヘノツバサ

3歳時にはクラシックにも挑戦したが、皐月賞12着、菊花賞13着とどちらも印象を残せずに終わっている。
古馬となって初戦の1600万迎春Sは、2200mにしては引き締まったレースで、先行した同馬には厳しい展開。それでも最後まで脚色が乱れず快勝。この内容が評価され、G2アメリカJCCでは3番人気に推された。このレースもまた展開が厳しく、2番人気のリアファルをはじめ多くの先行勢が失速していく中、この馬だけは最後までしぶとく粘り3着と、高い評価を与えられるレースだった。
前走以上に厳しい相手だが、先行勢に有利な展開になれば再度好勝負になる。

レインボーライン

昨春はマイル戦線で活躍し、G3アーリントンC1着、G1NHKマイルC3着の結果を残している。
夏になると2000mのG2札幌記念に出走。当時最強のモーリスに迫る3着に入り評価を上げると、陣営も距離に自信を持ったか、秋には3000mの菊花賞に挑戦する。春よりも2倍近い距離を走るとあって、道中は後方でスタミナを温存すると、直線で末脚を発揮。サトノダイヤモンドには及ばなかったものの、エアスピネル、ディーマジェスティを交わし2着に入線した。続くジャパンCも6着ながら最速上がりをマークしている。
もはや距離に不安は無し。ここも好勝負必至だ。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。