2017年11月5日(日)

11R

2017年11月5日(日) | 5回東京2日 | 15:35発走

第55回アルゼンチン共和国杯(GII)

芝・左 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 |

アルバート

ここまで制した3度の重賞がG2ステイヤーズS(2回)、G3ダイヤモンドSと全て3400m以上。そのためステイヤー色が強すぎるイメージもあるが、2400〜2500mでも、G1の有馬記念を除けば4戦2勝2着1回。敗れた2戦は昨年2着のアルゼンチン共和国杯と、4着のG2日経賞と安定している。
今年もダイヤモンドSを制し、超ハイレベルなレースとなったG1天皇賞・春でも5着に入線するなど好調が続いている。前走のG2オールカマーは7着に敗れているが、2200mという距離不足に加え、久々で叩き台のイメージも強かった。
昨年2着時に比べると、今年は相手が楽になった感もあり、4つ目の重賞勝ちは近い。

スワーヴリチャード

2歳時にG3東京スポーツ杯2歳S2着と高い素質を感じさせていたが、3歳になって更に成長。G3共同通信杯は時計こそ目立たないが、2着以下を突き放しての楽勝で、クラシック候補の上位に伸し上がった。
G1皐月賞は伸びを欠き6着も、G1日本ダービーで再度上昇。好位置を落ち着いて追走し、直線へ向くと先に抜け出したレイデオロに接近。一時は差し切る勢いだったが、ゴール前で再度突き放され2着も、しっかり力を出し切った。
この反動が大きかったか疲れが残り、G1菊花賞に間に合わず、G2アルゼンチン共和国杯に矛先を向けてきた。左回りのほうが走りは断然よく、ダービーの内容から、古馬相手でも通用する力はある。ここ2週の調教も動いており、久々でも仕上がりは上々だ。

セダブリランテス

昨年12月のデビュー戦は、ダートの1800m戦で勝利。5か月ぶりとなった2戦目は芝を選択し、新潟の500万早苗賞に出走。中団からしっかり伸び勝利を奪うと、G3ラジオNIKKEI賞で3連勝を目指した。逃げ馬を見ながら3番手を追走し直線へ入ると、逃げ込みを図るウインガナドルと一騎打ち。これをクビ差抑え、連勝を伸ばした。
無敗のまま秋を迎え、G2セントライト記念からG1菊花賞のローテーションが予定されていたが、挫石でセントライト記念を回避。大目標の菊花賞も使わず、G2アルゼンチン共和国杯を復帰戦に定めた。
1週前調教では好タイムを出し、どうやらアクシデントの影響はないようだ。連勝を伸ばすことができれば、ジャパンCや有馬記念も視野に入ってくる。

ソールインパクト

31戦のキャリアのうち、半分近くが2、3着と勝ち味が遅い反面、安定した走りを見せている。条件クラスの身ではあるが、2歳時にはG3東京スポーツ杯2歳S3着、G2ホープフルS4着など重賞でも好走し、クラシックを睨んでいた馬。今年の夏もG3七夕賞では好位から進出し3着と、重賞でも好走実績がある。
東京コースは最も得意としており、特に長距離戦では4戦1勝3着3回と馬券圏内を外したことがない。前走の1600万六社特別も、キャラに見合った3着。本来なら条件クラスの3着では重賞で物足りないのだが、この馬には当てはまらない。
条件戦で負けたことで、逆にハンデの恩恵も大きく、格下ながら上位進出が期待される。

デニムアンドルビー

3歳時にG1オークスで3着し、G1ジャパンCではジェンティルドンナをハナ差まで追い詰める惜しい2着。5歳時にはG1宝塚記念でラブリーデイの2着と、牡馬の強豪相手に一歩も引かぬ好レースを展開している。
しかし宝塚記念以降の7戦はG3中山牝馬Sの5着が最高で、年齢的にもピークが過ぎたことは否めない。それでも、ここ2走を見るとG3鳴尾記念は勝ち馬から0.4秒差、G2オールカマーは0.5秒差と大きく負けているわけではなく、どちらも33秒台の脚は繰り出している。
オークス、ジャパンCで好走した東京の長距離戦なら、久々の上位進出も望める。

ハッピーモーメント

評判の良血馬で、新馬勝ちを決めた頃は期待感も更に高まったが、その後はなかなか勝ち上がれず、長らく条件クラスにとどまった。
7歳になった今年の2月に1600万早春Sを勝ち、ようやくオープンクラス入り。だが格上げ初戦のオープン特別メイSが6着では、G2目黒記念で13番人気も仕方のない評価だった。しかし好位の内につけて距離ロスを防ぐと、直線でもしぶとく粘って3着に入線し、大波乱を演出した。続くG3新潟記念は9着も勝ち馬から0.3秒差だったが、G2京都大賞典はさすがに相手が強く15着と崩れた。
今回は前走と同じG2でも相手が楽になり、しかもハンデ戦。同条件の目黒記念の再現を目指す。

レコンダイト

5歳時にG2目黒記念で2着、6歳時にG3中日新聞杯で3着と重賞好走実績はあるが、以降7歳になる現在まで11戦連続で馬券圏内に入っていない。
ただ内容は悪くなく前走の京都大賞典も、秋のG1戦線を目指す強豪を相手に、メンバー2位の上がりタイムをマークし5着に入線と、年齢による衰えは感じられない。元々その一戦を叩きアルゼンチン共和国杯が目標なので、仕上がりは前走以上のうえ、ハンデの恩恵もある。
東京2500mは得意なコースで、目黒記念、アルゼンチン共和国杯は計5戦し、大きく崩れたのは1回のみ。前走内容から、久々に馬券圏内入線も期待できる。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。