2017年11月4日(土)

11R

2017年11月4日(土) | 5回東京1日 | 15:35発走

第53回京王杯2歳ステークス(GII)

芝・左 1400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

タワーオブロンドン

札幌芝1500mの新馬戦でデビューし、2着に2馬身半差をつけ楽々逃げ切り。勝ち時計の1分30秒4も優秀だった。オープン特別クローバー賞は単勝1.7倍の断然人気に推され2連勝濃厚と見られていたが、地方所属のダブルシャークを捉えきれず2着に敗れた。
それでも期待感は下がらず、オープンききょうSでも単勝1倍台の高い支持。スタート直後は後方につけ、4コーナーでも中団やや後ろに位置していたが、直線でエンジン全開。他馬とは桁違いの脚で堂々抜け出し、終わってみればG2小倉2歳Sで3着のバーニングペスカに3馬身半差をつける完勝だった。
前走だけ走れば、今回のメンバーでも十分勝ち負けになる。

タイセイプライド

中京芝1400mの新馬戦に出走。単勝1.5倍の圧倒的な人気に応え、2着に3馬身半差をつける楽勝でデビューを飾っている。
続くオープン特別のダリア賞も、初戦同様単勝1.5倍の断然人気に推された。逃げたシャインカメリアをマークする形でレースを進めると、直線でアッサリこれを捉えて難なく快勝。これで2戦2勝としている。
全姉のフクノドリームは2歳時に未勝利、オープンすずらん賞、交流重賞のエーデルワイス賞と3連勝。タイセイプライドも、ここを勝てば姉同様3連勝で重賞制覇となる。1400mで2勝している経験値は大きく、無敗の3連勝も難しくはない。

カシアス

函館芝1200mの新馬戦でデビュー。逃げたものの、ゴール前でナンヨープランタンに捕まり惜敗。続く未勝利戦は、初戦とは一転抑える競馬に。すると好位から鮮やかに抜け出し快勝。上がり2Fが11秒8-11秒4と加速ラップをマークし、評価は大きく上がった。
G3函館2歳Sは、前走内容が評価され1番人気。先行勢を見る形でレースを進め、直線で進出。2番手から抜け出したウインジェルベーラの抵抗にあったが、なんとかアタマ差捉え、世代最初の重賞ウイナーに輝いた。
距離が延びて良さそうなイメージはないが、1400mなら守備範囲。レースセンスがあるので、大崩れは考えにくい。

アサクサゲンキ

ダート戦でデビューし4着に敗れると、2戦目は小倉の芝1200mの未勝利戦を選択。ここで2着入り、以降は芝を主戦場にしている。叩きつつ良化を見せ、デビューから3戦目も前走とコースで、2着に4馬身差をつける楽勝。1分8秒8の時計も速く、G3小倉2歳Sでも有力視された。
その小倉2歳Sは同厩で1番人気のモズスーパーフレアがハイペースをつくってタイトなレース。これを3番手で追いかけ、先行勢が潰れる中唯一粘りきり快勝。前崩れの展開を考えると、かなり内容の濃いレースだった。
1400mへ距離延長となるが、半姉ラビットランが中距離のローズSを勝っており、血統面からは大丈夫だろう。

ピースユニヴァース

ダービー馬ロジユニヴァースの初年度産駒の一頭。デビューは福島1800m戦で、先行したものの差し馬勢に捕まり3着。次戦は1F距離短縮を図り、新潟マイルの未勝利戦。ここも2番手で進めて差し馬勢は抑えたが、今度は逃げ馬を捉えられず2着。3戦目は更に距離短縮し、東京芝1400mの未勝利戦。これまでの2戦よりも抑えて好位を追走し、先行勢を見る形でレースを進めると、最後はメンバー最速33秒6の脚で差し切り初勝利。勝ち時計の1分22秒0は、近年の京王杯2歳Sの勝ち時計にも匹敵する速いものだ。
母の父サニングデールの血が強いのか、距離短縮で大変身。前走と同コースで、好勝負を期待できる。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。