2017年10月29日(日)

11R

2017年10月29日(日) | 4回東京9日 | 15:40発走

第156回天皇賞(秋)(GI)

芝・左 2000m | 天気:雨 | 馬場:不良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 | レコードが出たレース

サトノクラウン

デビューから3連勝。その後はG1日本ダービー3着もあったが、大きく崩れるレースも多く、なかなか目立った活躍を残せなかった。
昨年末のG1香港ヴァーズも大敗した天皇賞・秋の直後で厳しい見方が多かったが、凱旋門賞2着のハイランドリールを差し切り、周囲を驚かせた。ここから調子を上げ、G2京都記念を勝利。G1大阪杯こそ崩れたが、G1宝塚記念ではゴールドアクター以下を抑え、国内では初のG1も勝ち取った。
今回は宝塚記念以来のレース。1週前の調教では併せた相手に煽られていたが、仕上げ上手の堀厩舎なので、レースまでにしっかり仕上げてくるだろう。ただ2000mの距離と、速い上がりを要求される東京コースは少々不安である。一雨あればチャンスは大きく広がる。

リアルスティール

デビュー2戦目のG3共同通信杯で、断然人気のドゥラメンテを破り一時はクラシック候補の筆頭格に推されたが、クラシック3戦は2、4、2着と惜しくも戴冠ならなかった。
ついに手が届いたG1は海外が舞台。G1ドバイターフは、初コンビを組んだムーア騎手を背に世界の強豪を一蹴し、高い能力に見合った結果がようやく訪れた。
その後は順調さを欠くことが多く、今年はG2中山記念で8着と崩れ、連覇を狙ったドバイターフも鼻出血で回避している。負の流れを断ち切るためにもG2毎日王冠は重要な一戦だったが、この馬自身初めての32秒台の末脚でサトノアラジン以下を封じ、完全復調を見せた。
昨年の天皇賞・秋はブッツケで2着。前哨戦勝利から臨む今年は、優勝も見えてきた。

キタサンブラック

ここまでG1を5勝。現在の国内最強馬と言っていいだろう。昨年は天皇賞・春、ジャパンCと2つのG1を勝ったが、G1有馬記念で3歳馬のサトノダイヤモンドに敗れ2着。年度代表馬に輝くも、有馬記念の結果から主役交代の雰囲気も漂った。
そんな空気を完全払拭したのが春の2戦。G1格上げの大阪杯をあっさり勝ち、G1天皇賞・春でサトノダイヤモンドと再戦。序盤は3200mにしては速めのペースとなったが、それでも積極的に攻め4コーナーで先頭。直線ではサトノダイヤモンドが伸びを欠くのを尻目に、最後まで危なげなく1着ゴール。王者の競馬を見せた。
ただG1宝塚記念で大きく崩れての9着は、強すぎた天皇賞の反動か。力は上だが、宝塚記念大敗の影響は気になるところだ。

ソウルスターリング

新馬からG1阪神JFを挟み、G3チューリップ賞まで破竹の4連勝。しかし圧倒的人気のG1桜花賞は3着に敗れ連勝はストップした。
G1オークスで復権なるか注目されたが、終わってみれば独壇場。好位置でレースを進め、直線では馬場の半ばから堂々と抜け出すと、追いすがるモズカッチャンを突き放し快勝。ハイレベルと評された3歳牝馬の中でも、傑出した力を証明した。
この秋の目標は秋華賞ではなく、天皇賞・秋を選択。その前哨戦のG2毎日王冠はマークも厳しかったか7着と初めて崩れたが、大負けという着差でもない。
桜花賞3着後にオークス優勝の流れから、今度も巻き返しの可能性は十分ある。

ステファノス

3歳時に勝ったG3富士S以来3年間も勝利から見放されているが、レース自体はハイレベルな内容も多く、2年前の香港のクイーンエリザベス2世C、天皇賞・秋、今年の大阪杯と、G1の2着は3度ある。
特に大阪杯の2着は、キタサンブラック相手に0.1秒差だから価値も高い。前走のG2オールカマーは久々に勝利のチャンスだったが、内を突かれたルージュバックの2着。中味は勝ち馬に劣らず、惜しい結果だった。
G1の近4戦は、距離が短かった安田記念を除けば3,3,2着。特に天皇賞・秋は最近2年出走し2、3着と好成績を残している。3年ぶりの勝利をG1で飾りたい。

サトノアラジン

全姉のラキシスは古馬になってG1エリザベス女王杯を勝ったが、全弟の同馬もキャリアを積むにつれ成長。懸念だった折り合い難が解消されると、豪脚を武器に成績もぐんぐん伸び始めた。
それでもG1はなかなか勝てなかったが、ようやくG1ウイナーの姉に追いついたのが今年の安田記念。しっかり後方で脚を溜められると、直線でエンジン全開。逃げ粘りを図るロゴタイプをゴール寸前に捉えた。
G1馬として迎えたG2毎日王冠は、得意の末脚勝負。こうなったら、この馬の出番で32秒6の脚を繰り出し、リアルスティールの2着。強豪相手の1800m戦での好走は自信になったはずだ。今の充実ぶりなら2000mでも行ける。

マカヒキ

昨年のG1日本ダービーでは、サトノダイヤモンドとの一騎打ちを制し優勝。日本馬初の凱旋門賞制覇を目指しフランスに遠征し、まずはG2ニエル賞を勝利。期待は大きく高まったが、凱旋門賞は見せ場なく大敗した。
これを機に下降し、今年初戦のG2京都記念は3着。G1大阪杯も4着に敗れ、春は低調に終わった。復活を期す秋は、G2毎日王冠から始動。東京の芝1800m戦は得意の瞬発力を生かせるコースで、久々にこの馬らしい競馬が見られると期待されたが、好位から伸びずの6着と再度期待を裏切ってしまった。
この一叩きで、どこまで変わるか。天皇賞・秋は、背水の陣となる。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。